関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<遊び場ガイド>

子どもと家族一緒にお出かけした関西遊び場スポット紹介サイト 子供を持つ親が、休日、遊び場へお出かけする際にお役立てできるように、私が実際に遊び場へお出かけした際感じた点を豊富な写真+親視点コメントと共に、各遊び場毎に紹介
月別アーカイブ  [ 2006年10月 ] 
≪前月 |  2006年10月  | 翌月≫

スポンサーサイト


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【下部スポンサードリンク】

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

滋賀県南郷水産センター <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

滋賀県南郷水産センター

【お出かけ体験レポート(その1)】

子供と一緒に家族で滋賀県南郷水産センターへお出かけしてきました。

54南郷水産センターの入門ゲート

南郷水産センターは、滋賀県では根強い人気を誇る遊び場であり、その魅力を触れてみたいとお出かけ前から楽しみにしておりました。

53正面ゲートの向かいが駐車場

南郷水産センターの道路を挟んで向かい側に駐車場があります。

12子供とお出かけした南郷水産センター

上の写真は、南郷水産センターの入門ゲートの園内側からの様子です。
歴史を感じさせる概観を持った入門ゲートです。
写真左側の建物内には、琵琶湖に関係する資料や魚たちの水槽が展示されています。

52巨大な魚の水槽

上の写真のような巨大な魚が飼育されている大きな水槽が展示されていました。
私の子供のころには、この水槽に飼われているような大きな魚を近所の用水路でよく見かけていたのですが、今では、全然見ることが出来なくなってしました。。今の子供はこのような水槽の中でしか観察できないというのもかわいそうな話です。

29鵜飼状態


上の写真は、夏場に営業されるプールの上に、子供が中に入って楽しめるウォーターボールを浮かべている様子です。
写真手前のコンプレッサーを使って、ウォーターボールを膨らませます。

22子供用プールでのアトラクション

プール上の子供達は本当に楽しそうにボールの中で暴れまわっていました。

23子供大興奮

元の場所に戻ってこられるように、ウォーターボールには紐がつながっており、係りのお兄さんがその紐を持って、ウォーターボールの位置をコントロールします。

24親子でも楽しめます

ウォーターボールの中には親子で入ることも出来ます。

25ボート遊びをする親子

プールの端では、上の写真のようにボート遊びを楽しむことも出来ます。
(お出かけ日:2009年5月4日)
<滞在時間> 4時間
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その5)
お出かけ体験レポート(その6)
お出かけ体験レポート(その7)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

スポンサーサイト

滋賀県南郷水産センター <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

滋賀県南郷水産センター

【お出かけ体験レポート(その2)】

子供と一緒に家族で滋賀県南郷水産センターへお出かけしてきました。

44膨らませる前のボールを見る子供 

私の子供もウォーターボールに挑戦です。
上の写真のように、ウォーターボールは、最初、潰れています。

45子供がボールに入る様子

チャックも部分からウォーターボールに潜り込みます。

46ボールに空気を入れて膨らませます

私の子供がプールサイドに座った状態で、今度はチャックから空気を挿入します。

47大きくなるボール

そうするとウォーターボールはみるみる間に大きくなっていきます。

48完成

ウォーターボールがパンパンに膨らんだ後、チャックを閉めて完成です。

49鵜飼状態の息子 

私の息子はボールの中で飛び跳ねて遊んでいました。
ウォーターボールにはロープがつながっていて、そのロープの端を上の写真のおばちゃんが持っています。時間になると、おばちゃんがロープを引っ張って、元いた場所に戻る事になります。

ちなみに上の写真の右側の水色の斜面は、夏場、プールとなったときには、滑り台として活躍します。

21子供が楽しめるコーナー

上の写真は、こちらも子供達に大人気だった遊び場エリアです。

2魚釣り

上の写真は、魚のひっかけ釣りをやっている子供達の様子です。皆、真剣です。

3魚のひっかけ

ひっかけ釣りの注意書きです。1回200円というのが、非常に良心価格だと思いました。

4鯉の釣り掘り

隣の大きな水槽では、フナ釣りができます。

5コイ釣りの餌

フナ釣りには、上の写真のような餌を使います。上の餌を針にくっつけて、水槽に入れ、針の上に付いているウキが動くのを待ちます。時間が悪かったのか、全くつれませんでした。
午前中が狙い目なのかもしれません。
(お出かけ日:2009年5月4日)
<滞在時間> 4時間
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その5)
お出かけ体験レポート(その6)
お出かけ体験レポート(その7)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

滋賀県南郷水産センター <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

滋賀県南郷水産センター

【お出かけ体験レポート(その3)】

子供と一緒に家族で滋賀県南郷水産センターへお出かけしてきました。

8南郷水産センターお出かけ

魚やカメに直接触れる「タッチングコーナー」は、子供達に大人気です。
嬉しい事に無料です。

6大量のおたまじゃくし

触る対象は、なんと、おたまじゃくし。。
しかし、子供達は気持ちがる事もなく、おたまじゃくしにタッチしていました。

7カメ 実際にタッチできます

カメにもタッチできます。元気の良い子供は、カメを頭の上まで持ち上げていました。。。
その他、大きなナマズなどもタッチできました。

9ヨーヨー釣り

ヨーヨーつりのコーナーも有りました。

10金魚すくい

上の写真は、お祭りで定番の金魚すくいです。こちらも良心価格です。

11ザリガニ釣り 

男の子に人気なのが、ザリガニのひっかけ釣り。
これが見た目以上に難しい・・・。
私も挑戦しましたが、中々ひっかける事が出来ませんでした。。が、最後に一匹、釣り上げて、息子の父親への尊敬の念をアップさせる事に成功しました。

14子供用遊戯エリア

子供達が楽しめる園内の遊び場としては、上の写真のような遊具エリアもあります。
もともとは小型のジェットコースターが設置されていたエリアだったようですが、エキスポランドのジェットコースター脱線事故があってから、リスクを考慮して撤去されたようです。

15チャプチャプボート

ちいさなプールを使ったチャプチャプボートです。

16子供用電車

小さな子供向けの乗り物です。

17子供用の乗り物

その他、屋根の下にも、多数の乗り物やゲームが設置されていました。

18子供用汽車と新幹線

レール上の新幹線や汽車も有りました。小さな子供向けでしょう。

19ゴーカート

なんとゴーカートも有りました。

20乗り物 

小さな子供用の電動カーのコーナーも有りました。
どの乗り物もレトロ感が漂っていました。
(お出かけ日:2009年5月4日)
<滞在時間> 4時間
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その5)
お出かけ体験レポート(その6)
お出かけ体験レポート(その7)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

滋賀県南郷水産センター <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

滋賀県南郷水産センター

【お出かけ体験レポート(その4)】

子供と一緒に家族で滋賀県南郷水産センターへお出かけしてきました。

26コイへの餌やり

園内には多数の大きなコイが泳いでいる池があります。
この池では、コイに餌をあげて、楽しむことが出来ます。

27コイの餌売り場  

しっかりコイの餌も売っています。

28棒麩 

コイの餌としては、棒麩(ぼうふ)がお薦めです。
子供が、この棒状の麩の端を持ってコイに棒麩をあげると、コイが麩をかじる震動が直接手に伝わってきて、迫力満点です。一度、お試しあれ。

30掴み取りを楽しむ子供達

上の写真は、金魚の手掴みをやっているところです。子供でも膝下くらいしかない水溜りに金魚が放し飼いになっています。

31金魚掴み取り料金

料金は20分間で一人500円です。良心価格ですねえ。。
尚、子供がこのような魚の手掴みに挑戦すると、予想通り、服は水浸しになりますので、お出かけ前に着替えとタオルの準備を忘れずに。

32マス釣り

上の写真はマス釣りのコーナーです。上の看板の通り、釣り上げたマスは全部購入する必要があります。

33炭焼き場

釣ったマスは、上のバーベキューエリアで炭焼きにして食べることができます。

34おじちゃんの調理さばき

自分で調理する自信がない方には、上の写真のような係りのおじさんにお願いすれば、手さばき良く調理していただけます。但し、調理料がかかります(ものすごく良心価格ですが・・・)。

35塩焼きにされるマス

炭焼きにされているマスの様子です。
ものすごくいい匂いが漂っていました。

36食事スペース

炭で焼けたマスは上の写真のようなスペースで食べることが出来ます。
(お出かけ日:2009年5月4日)
<滞在時間> 4時間
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その5)
お出かけ体験レポート(その6)
お出かけ体験レポート(その7)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

滋賀県南郷水産センター <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

滋賀県南郷水産センター

【お出かけ体験レポート(その5)】

子供と一緒に家族で滋賀県南郷水産センターへお出かけしてきました。

37ルアー釣り場

園内には数多くの池があり、そこではルアーフィッシングを楽しむことができます。

38ルア釣り

私がお出かけした際も、多くの釣り人がルアーフィッシングを楽しんでいました。

40フナ釣り場

上の写真はフナ釣りの池の入り口です。

41フナ釣り場の様子

多くの家族連れが釣りを楽しんでいました。

42ちびっ子釣り場 

更に奥に進むと、子供用の釣堀もありました。
本当に園内は広々としています。

50アユの塩焼き

いい匂いに釣られて行ってみると、鮎の塩焼きをやっていました。350円と安いので、一匹食べてみましたが、本当に美味しかったです。鮎って、あまり食べる機会がないですが、いざ食べてみると、やはりその美味しさには感動しますね。

51塩焼きされたアユ 

どうです、なんとも美味しそうでしょう・・・。

1水槽のコイ

上の写真は鯉を売っている様子です。

13家族で立ち寄った食堂


園内には食堂もあります。

43ポニー

最後に、私の子供が、最もはまっていた遊具です。ポニーです。ペダル上の足を上下させると、ポニーちゃんが前へ進みます。

尚、南郷水産センターの駐車場の横には、アクア琵琶があり、世界一すごい雨を体験できますので、ついでに子供と体験してみては如何でしょうか。

また、南郷水産センターの周辺には、大津市科学館矢橋帰帆島公園琵琶湖下水道科学館などの遊び場もありますので、それらの遊び場と組み合わせた小旅行を企画するのも良いのではと思います。
(お出かけ日:2009年5月4日)
<滞在時間> 4時間
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その6)
お出かけ体験レポート(その7)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ひめじ手柄山遊園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ひめじ手柄山遊園

【お出かけ施設情報】


【住所】兵庫県姫路市西廷末
【電話番号】079-296-0503
【時間】10:00~17:00
【休み】水曜日及び12/29~1/1
【料金】4歳以上100円(
100円分の乗物券付き)
【駐車場】63台(200円/1日)
【HP】
ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室あり
フォークとスプーン 有

onigiri 可
アップロードファイル 屋内施設も有り

【お出かけポイント】

●姫路市の手柄山丘陵地一帯に広がる手柄山中央公園の一角にあるリーズナブルな遊園地です。22コーナーある遊具はどれも料金が100~200円です。
ジェットコースター(2歳以上であれば親と同伴であれば乗車可能)と観覧車(姫路市民プールを一望できます)がお薦めでしょうか。

●無料のコンビネーション遊具も設置してされており、わんぱく盛りの子供さんのお出かけ先としては最適かもしれません。年間を通してイベントが開催され、春と秋にはキャラクターショーが行われています。冬場は釣堀もオープンします。

●夏場は隣接の姫路市民プールもオープンします。なんと、姫路市民プールで楽しんでいる途中に、水着のまま遊園地の乗り物に乗れます。

●近くには、姫路市立水族館もあります。こちらも嬉しい事に低料金で楽しめます。手柄山中央公園でも遊べば、1日子どもと過ごせるでしょう。。

●駐車場についても、1日200円ととても良心的です。ただし、プールがオープンすると、子ども連れの家族が殺到し、遊園地近くの駐車場はすぐに満車になってしまいます。早めにお出かけすることをお薦めします。ちなみに、少し歩きますが、他にも駐車場はあります。
記事作成日:2009年8月8日)
<滞在目安時間> 3時間

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でお出かけ
体験レポート →
遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

しあわせの村 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

しあわせの村

【お出かけ施設情報】


【住所】兵庫県神戸市北区山田町下谷上中一里14-1
【電話番号】078-743-8000
【時間】施設により異なる
【休み】無休
【料金】無料(施設利用は別途必要

【駐車場】1110台(500円/1日)
【HP】
ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室、ベビーベッドあり
フォークとスプーン レストラン6箇所、軽食・喫茶4箇所あり

onigiri 可
アップロードファイル 体育館で卓球等、温水プール、温泉などもあり

【お出かけポイント】

●高齢者や身障者、大人から子供まで幅広い年齢層で利用できる総合福祉施設です。
子どもには、イカダやロングスライダー、アスレチック遊具等の施設が揃ったトリム園地(無料)がお薦めです。また、その他、バーベキュー施設、キャンプ施設、温泉健康センター、日本庭園(無料)、芝生広場、ミニゴルフ場など数多くの施設があります。

●トリム広場には、長い長い滑り台やアスレチック遊具など、体を動かすことが大好きな子供が夢中になれる遊具がいっぱいです。また、幼児の楽しめる積木や砂場のエリアもあり、幅広い年齢層の子供が楽しめます。

●トリム園地内には綺麗に整備された小川が流れており、暑い夏場には子供達に格好の水遊び場となります。お出かけ時には、水着とタオルの持参をお忘れなく。

●バーベキュー場では、1卓1500円で炉付きテーブルを予約できます。但し、大人気なため、なかなか予約が取れないことで有名です。食材の販売もあるため、手ぶらでお出かけしても大丈夫ですよ。

●オートキャンプ場には、炊事用かまどやAC電源、温水シャワー、コインランドリーなど、充実の設備が完備されており、こちらも予約が取れないほどの人気ぶりだそうです。

●トリム園地で1日体を動かして遊んだ後、健康温泉センターで汗を流して帰宅する事をお薦めします。健康温泉センター内はジャングルのような植物に囲まれており、プール感覚で楽しめる温泉施設となっています(水着で入浴)。寝湯、うたせ湯、ジャックジー、サウナ、スチームなど、10種類ものお風呂が楽しめます。併設の温水プールには25mプールと子供用プールがあります。
温泉入浴料金は、大人:800
円、小中学生+65歳以上:400円です。温泉+プール共通の場合、大人:1000円、小中学生:500円、65歳以上:550円です。

●健康温泉センターに入って、フロントで駐車場券を見せれば、駐車場代が半額になりお得です。

●毎週水・土・日曜日の10時30分から野菜市が開催されます。新鮮な野菜が安く購入できる事で有名です。

●とにかく敷地面積が広いため、目的の施設に合わせて駐車場選びをすることが重要です。子供達に大人気のトリム広場へは、トリム広場に隣接した駐車場へ停めることをお薦めしますが、土日ですと早い時間で満車になってしまうため、注意が必要です。
ちなみに各駐車場の出入りは自由(敷地に入ってしまえば、駐車場料金は変わらない)ですので、利用施設に応じて、車で移動しましょう。

●芝生広場は平尾佐賀70000平方メートルもあり、ボール遊びやフリスビーなどで楽しむことが出来ます。もちろん、レジャーシートを広げて、お弁当を楽しむことも出来ます。

●園内の移動には貸し自転車も利用できます。1回90分で大人200円、中学生以下100円です。

●園内には日本庭園もあります。こちらも無料施設となります。土日限定で、茶室で抹茶や和菓子が味わえます。春には夜桜のライトアップや空きには観月演奏会などの季節イベントも企画されています。

●ポニー乗馬もできます。小学生以下が対象で1回300円です。
記事作成日:2009年11月25日)
<滞在目安時間> 1日

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でお出かけ
体験レポート →
遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

しあわせの村 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

しあわせの村

【お出かけ体験レポート(その1)】

子供と一緒に家族でしあわせの村へお出かけしてきました。

1しあわせの村へ子供とお出かけ

しあわせの村の園内には多くの芝生広場が広がっています。
上の写真は、木立に取り囲まれた芝生広場の様子です。
木立の日陰にレジャーシートを広げて、1日、ゴロゴロしているのもいいでしょう。

2トリム園地への遊歩道

トリム園地で遊ぶ予定でしたが、一番近い駐車場が満車だったため、駐車場P6に車を停めて、トリム園地まで10分程度歩く事に。
上の林道を歩いていけば、トリム園地に辿り着きます。

3トリム園地周辺の地図
↑写真をクリックすると拡大されます。
トリム園地周辺の地図です。赤色で示された林道を歩く事になりました。
トリム園地へはP5の駐車場からも歩いていけます。

4山道を子供と歩く

林道の様子です。
登山道の様な感じでした。ただ、急な坂道はありませんでした。

5鐘の高台

林道を抜けると鐘がぶら下がった高台に到着しました。

6トリム園地の案内マップ
↑写真をクリックすると、拡大されます。
トリム園地の案内マップです。

7トリム園地への階段

この階段を下りていくと、トリム園地へ到着です。

8トリム園地

階段の途中で、トリム園地の一部を望むことが出来ました。
広々した敷地内に多くの遊具が点在しています。
 9高台

途中に上の写真のような高台がありました。

 10ネット遊具

階段だけでなく、上の写真のようなネット遊具もちりばめられていました。
このネット遊具をおりれば、トリム園地の巨大なジャングルジムのそばに出ます。
(お出かけ日:2009年6月27日)
<滞在時間> 1日
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その5)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

しあわせの村 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

しあわせの村

【お出かけ体験レポート(その2)】

子供と一緒に家族でしあわせの村へお出かけしてきました。
以下、トリム園地内の遊具等についてレポートさせていただきます。

11ジャングルジム

花の谷と呼ばれるジャングルジムです。

12ジャングルジムで遊ぶ子供

チェーンのネットや滑り台、鉄棒などが複合的に組み合わさった構造となっており、子供達に大人気です。

13チェーンの橋を渡る子供達

上の写真はチェーンでつるされた吊り橋。グラグラしてバランスを取るのが難しいです。

14滑り台

中央辺りからも滑り台が出ています。

15鉄棒だけの滑り台

鉄棒の滑り台?
結構な高所に架けてある為、小さな子供には危険かもしれません。

16ネットのチューブ

ジャングルジム内は入り組んでおり、大人が子供を追いかけるのは至難の業です。

18ジャングルジムにぶら下がる鐘

ジャングルジムの置くには、鐘が吊るされた場所もあります。

19巨大ネット遊具

ジャングルジムのそばから延びた斜面に造られたネット遊具。

20よじ登るのに一苦労

結構な傾斜の坂をネットにつかまりながらよじ登ります。
結構な高さまで登る必要があるため、上から下を見下ろすと、腰が引けるほどです。

幼稚園の高学年以上が対象でしょうか。
(お出かけ日:2009年6月27日)
<滞在時間> 1日 
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その5)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

しあわせの村 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

しあわせの村

【お出かけ体験レポート(その4)】

子供と一緒に家族でしあわせの村へお出かけしてきました。
以下、トリム園地の様子をレポートしています。
29グラグラ台

グラグラステップです。上に乗ると、いくつかのステップだけグラグラ揺れます。下に落ちずに向こうまで行けるかな?

33樽クルクル

タルクルクルです。
回すと音が鳴ります。音は3つのタルで異なりますよ。

34巨大滑り台

上の写真は、巨大な滑り台のものです。

35巨大滑り台

滑り台の上から撮影した写真です。滑り台が大きすぎて一枚の写真におさまりきりません。
写真の滑り台の続きは下の写真でご確認下さい。
36巨大滑り台

滑り台の降り口は遠い先に・・・。
滑り台の傾斜が、途中で急角度になっているのが分かると思いますが、急角度の滑り台部分の終わりでお尻を痛打しますので、要注意です。

37注意書き

なんと看板までありました。滑る前にこの看板に気がつけばよかった・・・。お尻が痛かったです・・・。

38楽器のおもちゃ

音のなる遊具。

39小川での水遊び

園内には綺麗な水の流れる小川もあります。
暑いくらいに天気の良い日だったので、子供達が水遊びを楽しんでいました。
夏場にお出かけする場合には、お出かけ前に、水着とタオルの用意を忘れずに!

44水遊びができるエリア

水遊びができるエリアはかなり広範囲に広がっているため、夏場、子供達も大興奮だと思います。
(お出かけ日:2009年6月27日)
<滞在時間> 1日 
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その5)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

しあわせの村 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

しあわせの村

【お出かけ体験レポート(その5)】

子供と一緒に家族でしあわせの村へお出かけしてきました。
以下、トリム園地の様子です。
40体重計

おもしろい体重計です。上にゲージがあり、動物の絵が描かれています。
体重計に乗った時にゾウと同じ所に矢印が行くと、ゾウ並みの体重と言う事になります。。。


41手動式トロッコ

トロッコ列車です。上に乗り、ハンドルを回転する事で左右に動きます。
結構な力が必要なので、幼稚園児では難しいかも・・・。

42手動式モノレール

丸太モノレールです。
丸太にまたがり鎖を下に引っ張ると前に進んでいきます。

43手動式モノレール

一周するのに結構時間が時間が必要なので、最後は大人が鎖を引く事に・・・。

46壁のぼり

縄で斜面のよじ登ります。

45アスレチック

いぼいぼのある斜面もあります。

21バーベキューエリア

バーベキューエリアです。

22バーベキューエリア

バーベキューエリアはトリム園地に接していて、バーベキューを楽しんだ後は、トリム園地で体を動かす事が出来ます。
ただ、このバーベキュースペースは大人気の模様で、予約を取るのが難しいようです。
(お出かけ日:2009年6月27日)
<滞在時間> 1日 
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

しあわせの村 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

しあわせの村

【お出かけ体験レポート(その3)】

子供と一緒に家族でしあわせの村へお出かけしてきました。
以下、トリム園地の様子です。
17イカダ遊びをする子供

トリム園地の名物アトラクションであるイカダ乗りです。

26イカダ遊び

イカダに乗って、ロープを引っ張る事でイカダを移動させます。
 
28廃墟の壁

廃墟をイメージしたオブジェです。鐘がぶら下がっています。

23小さい子供向けの遊具

小さい子供さん向けの遊具です。

24小さい子供向けの砂場

砂場です。キッチンのような水場が併設されており、おままごとを楽しむこと出来ます。女の子供さんに人気でした。

25スポンジで出来た積木

ウレタンのようなやわらかい材質で作られたブロックです。砂場で積木遊びを楽しめます。

27平行棒や鉄棒

砂場の横には平行棒や鉄棒などもあります。

30船の子供用遊具

船の遊具です。船尾からはターザンロープが・・。

31ターザンロープ

ボールの上にまたがって座り、ターザン遊びをします。

32遊具

もうひとつ船型の遊具があります。こちらは小さい子供さん向けでしょうか。
(お出かけ日:2009年6月27日)
<滞在時間> 1日 
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その5)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

神戸ワイン城 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

神戸ワイン城

【お出かけ施設情報】


【住所】兵庫県神戸市西区押部谷町高和1557-1
【電話番号】078-991-3911
【時間】9:00~17:00
【休み】無休(2月にメンテナンスのため5日間臨時休園日有り)
【料金】無料(施設利用は別途必要

【駐車場】600台(無料)
【HP】
ホームページ
【map】地図

「ア オムツ替えシートあり
フォークとスプーン レストラン、喫茶あり

onigiri 可
アップロードファイル ワイン製造工程見学等可能

【お出かけポイント】

●神戸市西区の小高い丘に農業公園・神戸ワイン城は立地しています。
緑濃い園内には、広大なブドウ畑と共に、陶芸館やバーベキュー広場、芝生広場などのレクリエーション施設も併設されえています。
またね神戸ワインの醸造施設が見学できる地下熟成見学コースも設けられています。

●回廊から窓越しにワインのビン詰めラインが見学できます。このラインでは、1時間に約6000本もビン詰めできる能力があるそうです。但し、常時稼動しておらず、主に5~6月頃に稼動しているようです。
屋外では、圧搾機や皮仕込みタンクも見学できます。こちらは、主に8月下旬~10月上旬に稼動するようです。

●地下のワイン醸成館も見学が出来ます。ワイン醸成館には大小約100の醸成タンクがあり、約300の樽でワインを醸成しています。薄暗く涼しい地下通路の見学は、子供にとっても刺激的だと思います。

●ワイン城のお洒落な建物の真ん中にはワイン城・中央広場が広がっており、こちらには、ベンチや子供用のバッテリーカーなどが置いてあります。天気の良い日には、家族でのんびりできると思います。
また、水の流路にはコイが飼われており、エサを購入して子どもと餌やりを楽しむことも出来ます。

●子供と2人乗りゴーカートを楽しむことができます。但し、1歳以下の子供は乗れません。1回500円です。挑戦してみましたが、結構なスピードが出るので、子供と一緒に大興奮でした。
5月~11月の土日祝、お盆のみ開催されており、時間は10時から17時です。

●パターゴルフやバンパーボート(昔、プールがあった場所で)なども子供と楽しむことができます。更に、広い多目的芝生広場もあり、子供とボール遊びや凧揚げなどを楽しむことができます。

●バーベキュー場では、ブドウ畑を眺めながら兵庫県産の黒毛和牛を堪能できます。
■営業日 2009年 3月20日(祝)~11月末日まで毎日営業
        団体(20名以上)様のご利用については、年中受け付けております。
■営業期間 10:30~16:30(ラストオーダー) 
※但し、持込みコーナーの受付けは15:30まで 
ナイター営業日ナイターは食材のお持込みが出来ません!
   7月3日(金)~9月6日(日)までの金・土・日・祝および8月13日(木)
ナイター営業時間
   16:30~20:30(オーダーストップ)
■持込みコーナー料金(予約不可)
(利用時間90分)4人席2,150円6人席3 ,250円
※ゴミの処分料込み

●陶芸教室が月・木・土・日曜日に開催されています(但し、15名以上の団体の場合、毎日開催(事前予約必要))。
時間は、午前10~12時と午後14~16時の2枠です。

●ワインショップでは、神戸ワインの無料試飲ができますよ。用意されているのは神戸ワインの2種類です。ただし、当然のことですが、車の運転手さんや、未成年の方は、試飲できません。
また、カベルネ、メルロー、リースリングといった高級ワインについては、有料試飲も行われています。
(記事作成日:2009年11月28日)
<滞在目安時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でお出かけ
体験レポート →
遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

神戸ワイン城 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

神戸ワイン城

【お出かけ体験レポート】

子供と一緒にグリコピア神戸へお出かけした際に、近くにあった神戸ワイン城へ家族で立ち寄りました。

1ワイン城へ子供とお出かけ 

広い無料駐車場の奥に綺麗にワイン城の建物が見えます。

2ワイン城の花々

駐車場からワイン城へ続く道は綺麗な花に彩られていました。

3ワイン城への入口

いよいよ入城です。入城料金は無料です。

4ワイン城内の庭

ワイン城の中央広場です。テーブルや椅子も設置されており、天気の良い日にはのんびり出来ます。

5バッテリーカー

中央広場にはバッテリーカーのエリアもあります。小さな子供向けですね。

7バッテリー動物

中央広場をアニマルバッテリーカーで移動することもできますよ。何故か子供に大人気でした。

6コイの餌の自動販売機

中央広場の周辺には、上の写真のようにちょっとした水路があり、鯉が飼育されています。
上の写真の縦に立ったハムのような販売機で鯉のえさを購入できます。

10工場

中央広場の周辺の回廊から窓越しにワインのビン詰めラインが見学できます。
私が訪問した折は、残念ながらラインの機械は停止していました。
常時稼動しておらず、主に5~6月頃に稼動しているようです。

11ワインの製造工程

ワイン醸成館には大小約100の醸成タンクがあり、約300の樽でワインを醸成しています。

12地下の樽貯蔵庫

樽が保管されている薄暗く涼しい地下通路の見学は、子供にとっても刺激的だと思いますよ。

9バーベキューエリア

バーベキュー場です。たくさんの人でにぎわっていて、良い香りが漂っていました。

13ゴーカートとパターゴルフ

少し歩いたところにはパターゴルフ場やゴーカート場、更には芝生広場もあります。

14芝生広場

ゴーカートコースの奥に広がっている芝生広場です。
広々していますが、あまり人がいなくて、貸切状態でした。

15ゴーカート

ゴーカートです。アクセルを踏み込むとなかなか良い加速をしてくれます。結構なスピードが出て、私も子供も相当に楽しめました。
日ごろ、私の車の助手席で、子供が車の運転をしたそうにしているのを知っていたので、この機会に子供にハンドルを握らせてあげました。

8子供用の遊具とブドウ畑

以前はプールとして使用していた所ではバンパーボートを楽しむこともできます。
(お出かけ日:2009年6月6日)
<滞在時間> 2時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

みさき公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

みさき公園

【お出かけ体験レポート(その1)】

子供と一緒に家族でみさき公園へお出かけしてきました。
当日は、とてもよい天気で、お出かけ日よりでした。

23イルカショー

海の傍に立地しているみさき公園では、イルカショーがチョーお薦めです。
イルカショーの開園時間が近づくと、会場には家族連れが集まってきました。

24イルカショー

みさき公園のイルカショーは、大阪で唯一見ることができるものです。
3歳以上、一人400円です(2010年1月時点)。
開園時間直前に行くと、ほとんど席が無いような状態でした。

25イルカショー

イルカショーの始まりです。
間近をイルカがジャンプします。
水槽の外に飛び出さないとか心配になってしまいます。

26イルカショー

こんなジャンプ、私もやってみたい。

27ふわふわ遊具

イルカショーが終わったあと、今度は、アンパンマンショーを見るため、ショー会場へ移動。
移動途中、私の子供が大好きなふわふわ遊具を発見。
アンパンマンショーが始まるからと、駄々をこねる子供をなだめすかしてパスしました。

28アンパンマンショー

天気が良く、行楽日和だったこともあり、ショーの会場も人でいっぱいでした。

29アンパンマンショー

約30分のアンパンマンショーの様子。

30メリーゴーランド

アンパンマンショーの会場の横は動物園のエリアでした。
動物園のレポートは、お出かけ体験レポート(その3)でしますね。
動物園を越えると、2階建てのメリーゴーランドがあります。

32芝生広場

メリーゴーランドの傍には、ちょっとした遊具があります。
遊具の周辺には芝生広場があり、お弁当を楽しむ家族連れも。

43マクドナルド

マクドナルドもありましたが、お昼12時ということもあり、店の外にまでつながった注文待ちの列が出来上がってました。

44芝生広場

芝生広場は上の写真のように結構広いので、多くの家族連れで賑わってました。
(お出かけ日:2009年10月12日)
<滞在時間> 1日
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

みさき公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

みさき公園

【お出かけ体験レポート(その2)】

子供と一緒に家族でみさき公園へお出かけしてきました。
お出かけ体験レポート(その2)では、観覧車のある丘の上の遊園地の遊具の紹介です。

17遊具

みさき公園内の遊園地の遊具は、どれも対象年齢が低めに設定されているように感じました。
奥に見えるのが観覧車。丘の上にあるので、窓からみさき公園が一望できます。当然、青い海まで見渡せて、天気の良い日には気分がいいですよ。

16ジェットコースター

ジェットコースターです。3歳から乗車できます。1回300円。

22ジェットコースター

丘の上で、且つ、海の傍を走り抜けるため、景色最高です。

18トランポリン

私の子供が熱中したトランポリン。15分200円だったかな・・・。
でも、管理のおじさんがサービスしてくれて、30分くらい遊んでいたと思います。。

19モノレール自転車

サイクルモノレール。こちらも海を一望できますぞ。。3歳以上から乗れ、200円/1回。

20機関車トーマス

トーマス機関車です。子供に大人気です。1回200円。

21ボールプール

ボールプールもあります。しかも、スペースがかなり大規模です。

14電動カー

ダッジェムカー。子どもと車をぶつけ合って楽しむことが出来ます。

15良心価格

自動販売機の値段が良心的です。
(お出かけ日:2009年10月12日)
<滞在時間> 1日 
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

みさき公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

みさき公園

【お出かけ体験レポート(その3)】

子供と一緒に家族でみさき公園へお出かけしてきました。
お出かけ体験レポート(その3)では、みさき公園内の動物園を中心にレポートします。

33キリン

遊園地に遊びに来て、動物まで見れるなんて、ちょっとお得感がありますよね。

34サル山

サル山です。傍に、エサの自販機があり、餌を購入して、猿にエサやりをすることが出来ます。

35クマ

暇そうなクマ。

36虎

天気がいいので、おもいっきし寝ているトラ。

37ライオン

ライオンも日陰でゆっくりしておられました。

31動物ふれあい広場

動物ふれあい広場では、ウサギなどの小動物に触れることが出来ます。2歳以上は有料:200円です。
えさをあげることも出来ます。エサ代は一皿100円です。


38灯台

動物園から観光灯台が見えます。園内は高低差が結構あるので、小さい子供連れの場合は、バギーは必須ですね。

39.jpg

動物園内の広場。

40うさぎちゃん

記念撮影。

41ゾウとカメ

カメやゾウなどの像が作られています。

42カメ

甲羅の中に入れば、カメに為りきることが出来ます。
(お出かけ日:2009年10月12日)
<滞在時間> 1日 
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その4)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

みさき公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

みさき公園

【お出かけ体験レポート(その4)】

子供と一緒に家族でみさき公園へお出かけしてきました。
お出かけ体験レポート(その4)では、メインゲート傍の遊具を中心にレポートします。

1みさき公園

ワイルドマウスというジェットコースター。ジェットコースターといっても、スピードはあまり出ません。
遊具全般に小さな子供向けとなっています。

2みさき公園

幼児用の遊具。

3みさき公園

チェーンタワー。これが一番怖いかも。。。

4アニマルトレイン

アニマルトレイン。女の子にも人気です。

5チャイルドコースター

チャイルドコースター。名前の通り、子供向け。

6チャイルドコースター

こんな感じで、全然怖くありません。

7仮面ライダーランド

イベントホールで仮面ライダーのイベントをしていました。

8仮面ライダーランド

歴代のライダーも紹介されていました。お父さん世代でも結構楽しめました。

9仮面ライダーランド

体を動かして遊ぶコーナー。

10仮面ライダーランド

記念撮影用のコーナー。

11ボールプール

ちょっとしたボールプールもあります。

12仮面ライダーパズル

仮面ライダーパズル。
このイベントホール。夏場には、プールの更衣室になります。 
(お出かけ日:2009年10月12日)
<滞在時間> 1日 
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ハウステンボス <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ハウステンボス

【お出かけ施設情報】


【住所】長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
【電話番号】0956-58-0080
【時間】9:00~21:30
※1月初旬~2月下旬まで閉園時間が20:30となります。詳しくはHPでご確認下さい。
【休み】無休
【料金】

券種大人
(18歳以上)
中人
(中・高生)
小人
(4歳~小学生)
内容
入場チケット3,200円2,000円1,000円入場・無料施設利用
パスポート5,600円4,400円3,400円入場・無料施設、パスポート対象施設利用
ムーンライト入場チケット2,000円1,000円500円17:00以降の入場・無料施設利用
年間パスカード
(1年コース)
8,000円5,500円ハウステンボス入場、パスポート対象施設利用
※会員特典があります
年間パスカード
(3年コース)
15,000円8,000円
パスカード
(場内販売専用)
2,400円パスポート対象施設利用
(入場料は含まれておりません)

【駐車場】6000台(800円/1日)
     ※ハウステンボス内のホテル宿泊の方は駐車料金無料
【HP】
ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室、オムツ替えシートあり
フォークとスプーン レストラン、喫茶多数あり

onigiri ピクニックエリアのみ可
アップロードファイル 屋内施設多数あり

【お出かけポイント】

<ホウステンボス概要>
●九州佐世保の大村湾に面した広大なエリアに中世ヨーロッパ:オランダの街並みを再現した滞在型リゾートです。
このハウステンボスは、単にオランダらしい雰囲気を作り上げた張りぼて的なテーマパークでなく、実際にオランダに存在してる建造物を全てそのまま再現すると言う徹底ぶりで実現されたものです(パレスハウステンボスの瓦を留める接着剤の厚みが2mm異なるとのことで、作り直しが命じられ、4000万円の損失が出たことは有名な話)。

●東京ディズニーランド+シーと同等くらいの敷地面積を、全長6キロの運河が優雅に流れています。
場内を端から端まで歩くと約30分程度かかってしまう程広い場内に、美術館・博物館・アミューズメント・ショップ・レストランなどが揃っています。また、海に面したロケーションをいかして、マリンレジャーを楽しむことも出来ます。
とにかく、一歩、ハウステンボスの場内に入ってしまえば、ヨーロッパのリゾート地に踏み入れた感覚に浸れます。ハウステンボスへお出かけの際は、場内のオフィシャルホテルで1泊以上滞在することを強くお薦めします。
長時間、飛行機に乗ってヨーロッパへ訪れることを考えれば、ハウステンボスは、手軽で、日本語が通じ、スタッフの決め細やかなサービスを満喫できる手頃な旅行先だと思いますよ。

●ただ1点、お出かけ前に留意しておく事は、ここハウステンボスは、ディズニーランドやUSJ等のテーマパークのコンセプトとは一線を介しているということ。絶叫マシンなんてありませんので。美しく落ち着いた町並みを見ながら、美味しい料理とお酒を堪能したい人にはもってこいの場所です。カップルのデート先としてはイチオシです。

<ハウステンボスの入場料金について>
●オフィシャルホテルに宿泊の際の、入場券やパスポートの扱いについてですが、最初の入場(入国)の際は、入場チケットまたはパスポートを購入する必要があります。しかし、翌日以降に再入場する必要が生じた場合(初日からずっと場内に滞在し続けていれば問題ないのですが)についての運用は、以下の通りです。

1泊目宿泊ホテル2日目再入場料2泊目宿泊ホテル3日目再入場料 
大人中人小人大人中人小人
場内ホテル 
・ホテルヨーロッパ
・ホテルアムステルダム
・フォレストヴィラ

総合予約センター
TEL:0956-27-0011
無料無料無料場内ホテル無料無料無料
ハウステンボス ジェイアール 全日空ホテル無料無料無料
ホテル日航ハウステンボス無料無料無料
西海橋コラソンホテル2,000円1,600円1,000円
ハウステンボス ジェイアール 全日空ホテル 
TEL:0956-58-7111
無料無料無料場内ホテル無料無料無料
ハウステンボス ジェイアール 全日空ホテル無料無料無料
ホテル日航ハウステンボス無料無料無料
西海橋コラソンホテル2,000円1,600円1,000円
ホテル日航ハウステンボス 
TEL:0956-58-0211
無料無料無料場内ホテル無料無料無料
ハウステンボス ジェイアール 全日空ホテル無料無料無料
ホテル日航ハウステンボス無料無料無料
西海橋コラソンホテル2,000円1,600円1,000円
西海橋コラソンホテル 
TEL:0956-58-5800
2,000円1,600円1,000円場内ホテル無料無料無料
ハウステンボス ジェイアール 全日空ホテル無料無料無料
ホテル日航ハウステンボス無料無料無料
西海橋コラソンホテル2,000円1,600円1,000円

ハウステンボス場内にないオフィシャルホテルの場合、再入場の必要性が生じる確率は高いと思いますが、全日空ホテルとホテル日航については、再入場料は無料です。また、場内のホテル(ホテルヨーロッパ、ホテルアムステルダム、フォレストヴィラ、(ホテルデンハーグ))についても、再入場料は無料です。
ちなみに、オフィシャルホテルに滞在する人が、ムーンライト入場チケットで入場することは原則禁止されているようです(入場料金が割安となるためか・・?)。

場内のオフィシャルホテルに宿泊した場合、パスポートの利用を滞在期間中延長することが可能です。滞在ホテルのフロントへ申し出てくださいませ

●私のお薦めは「じゃらん」のホテル+パスポートのプランです。私は、ホテルアムステルダム1泊(朝食付き、大人2名)+パスポート(大人2名分)のプランで、合計37000円でした。4歳の子供は添い寝対応で宿泊料のアップは無しでした。但し、子供の分の入場料だけは別途必要でした。

<ハウステンボス内のホテルについて>

●ハウステンボスの場内には4つのホテル(ホテルヨーロッパ、ホテルアムステルダム、ホテルデンハーグ、フォレストヴィラ)が存在しています。客室料金(1部屋の料金)価格帯は、ホテルヨーロッパ:38115円~346500円!!、ホテルアムステルダム:32340円~98175円、フォレストヴィラ:43890円~64880円。価格帯からも分かるように、一般の人が宿泊可能なハウステンボス場内ホテルの最高ランクは、ホテルヨーロッパとなります。

●私は、ホテルアムステルダムに宿泊しましたが、部屋はすっごく広くて、今まで宿泊したホテルの中でも群を抜いていました。ホテルは海に面しており、毎晩打ちあがる花火を間近で観賞できる最高の位置にあります(あくまで海側の部屋だった場合ですが・・・)。朝食はバイキング形式ですが、パンの種類も多く、とても美味しいですよ。

●2010年現在、ホテルデンハーグが休業中です。原因は、円高不況によるアジアからの旅行者減等にあるようです。とても落ち着いた所に立つ隠れ家的なホテルであり、人気も高かったため、早く営業再開される事を切に願っております。

<ハウステンボス内のアミューズメント>

●場内にはいくつかのアミューズメント施設があります。
映画の登場人物になれる「グランオデッセイ」や、迫力の映像と800トンの大洪水を堪能できるホライゾン・アドベンチャー、大迫力画面を使った映像シアター「Kirara」などがお薦めアトラクションです。

●海に面した立地を活かし、ヨットクルーズ、シーカヤック&カヌーなどのマリンレジャーも楽しめます。
また、場内を張りめぐらされている運河を巡るカナルクルーザに乗船し、歩いている時とは違った視点で場内をゆっくり眺めるのも楽しいですよ。
●幼児用の遊具が取り揃えられているチャイルドキングダムもお薦めです。

●自転車をレンタルして場内をサイクリングするのもお勧めです。
(記事作成日:2010年1月30日)
<滞在目安時間> 1泊2日以上
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でお出かけ
体験レポート →
遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ハウステンボス <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ハウステンボス

【お出かけ体験レポート(その1)】

年末に子供と一緒に家族で九州へ旅行してきました。その折に、一度は訪れてみたいと思っていたハウステンボスに立ち寄る事となりました

1ハウステンボス

ハウステンボスの本当の良さを体感するには、ハウステンボス内のホテルに宿泊しないと分からない!!との思いから、ホテルアムステルダムに一泊することに。

じゃらんで事前にホテルの予約をしたのですが、ハウステンボスのフリーパス付きのお得なパック料金でした。そのフリーパスは、宿泊日の午後3時以降から入園でき、翌日の閉園時間まで滞在できるものでした。
宿泊日の午後3時から入園してやろうと考え、午後2時50分にハウステンボスに到着。
しかし、ハウステンボス内ホテルの手続きをする受付に行くと、多くの人の列が・・・。私たち家族と同じように、ハウステンボス内のホテルに宿泊予定のお客さんたちの列でした。。みんな、午後3時に入園したいと考えていたようですね。

3駐車場周回バス

ちなみに上の写真は、ハウステンボスの駐車場を周遊しているバスです。駐車場が巨大なので、車を駐車した所から、ハウステンボスの入園口まで歩ける距離ではありません。。ということで、上の写真のバスが運んでくれます。当然、無料です。

2ハウステンボス

ホテルの受付を終えて、いよいよハウステンボスの入口へ向かいます。一歩、園内に踏み入れば(ハウステンボスでは「入国」と言っています)、そこはもう日本ではなく、異国のオランダそのものといった感じです。

4ハウステンボス入り口

訪れたのが12月28日ということもあり、入口には正月の準備が。。

5チケット売り場

上の写真は、ハウステンボス内のホテルに宿泊しない人の入園チケット売り場です。

6園内の風景

逆光で分かりにくい写真ですが、入門ゲートを抜けると、風車や運河の広がる優雅な風景が広がっています。

7クリスマスツリー

冬ということもあり、綺麗に咲き乱れる花は少なかったですが、園内には植物がたくさん植えられています。
上の写真の中央奥には、少し分かりにくいですが、クリスマスツリーが飾られていました。

8オランダの風景
↑クリックすると拡大されます。
上の写真の中央の風車より左側のエリアは、ワッセナーと呼ばれる地区であり、一般の入園者は踏み入れることが出来ないエリアとなっています。このワッセナー地区は別荘地として売り出された地区であり、ある芸能人とかの別荘があるそうです。

9吊り橋

入門ゲートをくぐり、跳ね橋を越えるとテディベアキングダムが見えてきます。

10ハウステンボス

上の写真の建物がテディベアキングダムです。。
この建物内では、巨大なテディベア人形から可愛らしい小さなテディベア人形まで、手数のテディベアに出会えますよ。
(お出かけ日:2008年12月28日)
<滞在時間> 1.5日
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その5)
お出かけ体験レポート(その6)
お出かけ体験レポート(その7)
お出かけ体験レポート(その8)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ハウステンボス <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ハウステンボス

【お出かけ体験レポート(その2)】

ハウステンボスに午後3時過ぎに入園したのですが、各アトラクションが終了する17時前後までの約2時間、遊べるだけ遊びつくそうと思い、ハウステンボス内を動き回りました。
ニュースタッド地区のアトラクションは次の日の朝一番に行くことにして、カナル(運河)クルーズと、ビネンスタッド地区を中心に見て周る事にしました。

11テディベア石

テディベアキングダムの入口には、テディベア5体の石像が立ってます。

12巨大テディベア

テディベアキングダム最大のベア人形です。クリスマスカラーの衣装をまとっていました。
皆さん、この巨大ベア人形と一緒に記念撮影をしていました。

13運河と船

ハウステンボス内には全長約6kmもの運河が張りめぐらされています。
運河にはクルーザーが走っています。

14テディベアショップ

テディベアキングダムの近くには、テディベアショップもありますよ。
こちらには青色のベアが立っています。

15カナルクルーザー乗り場

カナルクルーザーに乗船です。

16カナルクルーザー

クルーザーには多くの窓がついており、船内からの景色を楽しむ事が出来ます。

17カナルクルーザーからの運河の景色

船内から見た運河の景色です。心が落ち着きます。。

18カナルクルーザーからの街の景色

運河に水面に写る建物。運河の海水は浄化されており、とても綺麗です。

19カナルクルーザーからの街の景色

クルーザーから見たドムトールン。た、、高い・・。

20橋が上がっている様子

ユトレヒト地区のカナルステーションで下船。
ワールドレストラン街を抜けてホテルヨーロッパ前に移動すると、跳ね橋が上がっている様子を見ることが出来ました。 
(お出かけ日:2008年12月28日)
<滞在時間> 1.5日 
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その5)
お出かけ体験レポート(その6)
お出かけ体験レポート(その7)
お出かけ体験レポート(その8)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ハウステンボス <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ハウステンボス

【お出かけ体験レポート(その3)】

ホテルヨーロッパ前からビネンスタッド地区のアレキサンダー広場へ移動しました。

21アレキサンダー広場
↑クリックすると写真が拡大されます。
アレキサンダー広場は、クリスマスデコレーションがそのまま残されており、とても華やかな雰囲気に包まれていました。

22ゴスペルコンサート

アレキサンダー広場に立つスタッドハウスのそばでは、ゴスペルコンサートが行われていました。

23ゴスペルコンサート

アレキサンダー広場に置かれたテーブル席でアフタヌーンティーを楽しみながら、ゴスペルに酔いしれます。

24ビネンスタッド地区

ビネンスタッド地区には多くのショップが立ち並んでいます。

25ビネンスタッド

ショップが立ち並ぶマルシェ・ド・パラディ。
美味しそうなチーズケーキやワインが私の後ろ髪を引っ張ります。

26グーテンアぺティートのビッグバーガー

カフェテリア/グーテンアペティートのビッグバーガー。
その大きさに思わず写真撮影。。
しかしハウステンボスには佐世保バーガーという巨大なハンバーガーも販売されてますよ。是非、チャレンジしてみてください。

27運河と眼鏡橋

ビネンスタッド地区を歩き終わってもまだ16時くらいだったので、17時までの時間を使ってニュースタッド地区のアトラクションを体験することにしました。

28IFXシアターキララ

上の写真はハウステンボスIFXシアターKiraraの様子です。
6角形の大スクリーンに映し出される大迫力CG映像と迫力音響が売り物のアトラクションです。
しかし待っている人が多かったので、明日朝に行くことに。

29ホライゾンアドベンチャープラス

アトラクション「ホライゾンアドベンチャープラス」は、待っている人がそれ程多くなかったので、入る事が出来ました。
このアトラクションは霧や稲妻、豪雨が目の前で繰り広げられ、最後には大洪水が・・・・。
本当に迫力満点でした。私の子供も楽しんでいました。

30マウリッツ広場

ニュースタッド地区のマウリッツ広場の様子です。
この広場は大きな噴水が目印です。 
(お出かけ日:2008年12月28日)
<滞在時間> 1.5日 
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その5)
お出かけ体験レポート(その6)
お出かけ体験レポート(その7)
お出かけ体験レポート(その8)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ハウステンボス <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ハウステンボス

【お出かけ体験レポート(その4)】

アトラクション「ホライゾンアドベンチャープラス」を楽しんだ後、スーパートリックアートの館に移動しました。

31トリックアート 

スーパートリックアートは、平面の世界を立体に描いたユニークな芸術であり、遠近法や照明を駆使して作り出された錯覚の世界を触れながら楽しむことが出来ます。

上の写真では、猫の手に触れているように見えるでしょう。

32トリックアート

サメが襲ってきた!!カメも手前に逃げ出しているように見えます。

33ライオンの口

ライオンの口に手を入れる勇気があなたにはありますか?

34鏡の部屋

鏡の部屋。なんで私の子供が鏡の中に入っちゃったのかしら。

35ゴリラの口

うわーーー。ゴリラに食べられた。

36チャイルドキングダム

ニュースタッド地区には小さな子供が楽しめる「チャイルドキングダム」というエリアがあります。
上の写真のような幼児向けの遊具がたくさん設置されています。

37白鳥とライトアップされた街

ニュースタッド地区で遊んでいるうちに、外はだんだん暗くなってきました。
運河にはアヒルが住んでいました。
パンをあげると寄ってきました。

38ライトアップされた街

街はライトアップされて、ロマンチックな雰囲気に包まれてきました。
デートには最高ですね。

39ライトアップされたアレキサンダー広場

ビネンスタッド地区に戻ってきました。
この後、ホテルアムステルダムにチェックインです。
(お出かけ日:2008年12月28日)

<滞在時間> 1.5日 
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その5)
お出かけ体験レポート(その6)
お出かけ体験レポート(その7)
お出かけ体験レポート(その8)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ハウステンボス <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ハウステンボス

【お出かけ体験レポート(その5)】

本日宿泊予定のホテルアムステルダムに、いよいよチェックインです。

40ホテルアムステルダム 

ホテルの中庭の様子です。手入れされていて、とても綺麗です。

41ホテルアムステルダム入口 

ホテルアムステルダムの入口です。

42ホテルアムステルダムの1階ロビー

ホテルのロビーの様子です。
高級感が漂っています。

43スタッドハウスでの点灯式

ホテルアムステルダムにチェックイン後、ホテルに面したアレキサンダー広場から「ライトアップ点灯式を行いますよー」というアナウンスが聞こえてきました。楽しそうだったので、アレキサンダー広場へお出かけしてみました。

44告白タイム

点灯する人はネットで公募されているようです。
点灯に先立ち、点灯者は大切な人に対し自分の思いを伝えることができます。

上の写真の左から2番目の男の子が、サンタさんの隣の女の子に「大切にするんで結婚してください」とプロポーズしていました。

45点灯前

プロポーズで場が大盛り上がりの後、いよいよ点灯式です。

46点灯後

点灯後、ハウステンボス内の建物は美しく光り輝きます。

47ライトアップされたクリスマスツリーの下で遊ぶ子供

クリスマスツリーも美しくライトアップされました。
光り輝くツリーの下で遊びまわる子供たち。

48ドムトールン

点灯式後、ホテルアムステルダムの部屋に戻りました。
私が宿泊した部屋はアレキサンダー広場に面した部屋でした。
部屋からはライトアップされたドムトールンがくっきり見えました。
このような景色を見ながら、ワインを飲みたいものです。

49アムステルダムの室内

ホテルの部屋の様子。
私の子供が部屋の中を走り回り、荒らしています。。。
部屋は子供が走り回れるほど、広々していました。

50ホテルアムステルダムの室内

部屋の入口からの写真です。
入ってすぐ右側にクローゼットがあります。

51洗面等

バス+洗面です。比較的ゆったりとしています。
トイレは別部屋となっていました。
(お出かけ日:2008年12月28日)
<滞在時間> 1.5日 
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その6)
お出かけ体験レポート(その7)
お出かけ体験レポート(その8)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ハウステンボス <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ハウステンボス

【お出かけ体験レポート(その6)】

夜ご飯をジャンクフードの佐世保バーガー(スパーケンブルグ地区のビッケンビッケン)で食べた後、ライトアップされたハウステンボスの町並みを散歩。
この時間になると園内のホテル宿泊者以外はいなくなるので、ちょっと優越感に浸れます。

52ライトアップされた街

ライトアップされた眼鏡橋。

53ライトアップされた運河

運河に映えるライト。

54暗闇の中に浮かび上がるドムトールン

漆黒に浮かぶドムトールン。美しい・・。

55綺麗な光で彩られたドムトールン

ドムトールンの傍までやってきましたが、その美しさにうっとりしました。

56ライトアップされたアレキサンダー広場

いったん部屋に帰ってきて、一服です。
窓から見えるアレキサンダー広場は、なんともロマンチックです。
ハウステンボスは、やはり宿泊しないとその良さが分からないですよね。

57花火

夜9時くらいだったでしょうか?
花火が上がりました。
場所はホテルアムステルダムの海側です。

58花火

レーザービームと花火のショーにうっとりです。

59ホテルアムステルダムの1階のバー

花火のショーの後、バーでワインとビールを頂きました。
窓越しにライトアップされた町並みを見ながら飲むワインとビールは格別でした。

60ホテルアムステルダムの朝食バイキング

次の朝、朝食はバイキング方式でした。
ホテルアムステルダムの1階のレストランで、美味しい朝食をたっぷり頂きました。

61幼児用のグッズ

幼児用の使い捨てエプロンも付いていました。
(お出かけ日:2008年12月28日)
<滞在時間> 1.5日 
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その5)
お出かけ体験レポート(その7)
お出かけ体験レポート(その8)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ハウステンボス <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ハウステンボス

【お出かけ体験レポート(その7)】

次の朝、朝食バイキングでたっぷりと朝食を取った後、9時30分から始まるアトラクション「グランオデッセイ」の建物を目指します。

62グランオデッセイの待ち行列

なんと、アトラクションの入口から待っている人の長い列が・・・。
しかし、今並べば9時30分の回に入場できると言われたので、列の最後に並ぶ事に。

このアトラクション、最初に、自分の顔写真を撮影します。
アトラクションが始まり、その映像の中に、自分の顔に似た人物が登場するとのことでした。。
が、自分の顔のキャラクターを見つけられずに、終わってしまいました・・・。

64グランオデッセイ

グランオデッセイを体験後、建物から出ると、更に長い人の列が出来ていました。

65フライとオブワンダー

その後、「フライトオブワンダー」というアトラクションを体験。
このアトラクションは、空飛ぶ小さな魔女と一緒に、夢と冒険の世界へ旅立つライドです。
暗い空間を進んで行くので、私の子供は怖かったみたいです。


63ニュースタッド地区の様子

その後、アトラクションを次々と体験した後、ニュースタッド地区のショップ街へ。
雑貨屋を見て回りました。

66マウリッツ広場の噴水

噴水が目印のマウリッツ広場で休憩。

67授乳室

上の写真は授乳室などがある建物です。

68美しい室内の様子

上のきれいな建物はアトラクション「ミステリアスエッシャー」のもの。

69ミステリアスエッシャー

映像の飛び出す3D映像を堪能できます。

70音楽の流れる装置

音楽演奏をする車。とても大きな音で演奏することができます。古い装置のようで、動くように維持整備するのが大変聡でした。

71メリーゴーランド

最後は、メリーゴーランドで締めました。
 
(お出かけ日:2008年12月28日)
<滞在時間> 1.5日
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その5)
お出かけ体験レポート(その6)
お出かけ体験レポート(その8)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ハウステンボス <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ハウステンボス

【お出かけ体験レポート(その8)】

一通りニュースタッド地区のアトラクションを遊んだ後、黄色い巨大な木靴で記念撮影。
72黄色い大きな靴

靴の中に子供がすっぽり入る事が出来ます。

73インフォメーションセンター

アレキサンダー広場に面したインフォメーションの建物。

74ホテルアムステルダム

アレキサンダー広場のクリスマスツリーやその奥のホテルアムステルダムともお別れです。

75ドムトールン

最後にドムトールンに上る事にしました。

76ドムトールンからの眺め
↑クリックすると、写真が拡大されます。
ドムトールンの展望台からの景色です。海の向こうまで見渡せます。
スパーケンブルグ地区やフォレストパーク、その奥のパレスハウステンボスが望めます。
パレスハウステンボスへは、朝7時に起きて、朝食前の散歩をしました。

77ドムトールンからの眺め 
↑クリックすると、写真が拡大されます。
ビネンスタッド地区のアレキサンダー広場を見下ろした写真です。
ヨットハーバーに面した建物がホテルアムステルダムです。

78ドムトールンからの眺め 
↑クリックすると、写真が拡大されます。
ニュースタッド地区を望む写真。 

79ドムトールンからの眺め 
↑クリックすると、写真が拡大されます。
アートガーデン及び入門ゲートを望む写真です。

80風車

最後にカナルクルーザーで出国ゲートへ向かいます。
カナルクルーザーから風車へお別れします。

81記念撮影

最後に風車を背景に記念撮影です。

82宅急便

ポーターサービスでホテルで預けた荷物を受け取ります。

83コンビニエンスストアー

出国後、コンビニエンスストアでちょっとしたお買い物。 
後ろ髪を引かれながら、ハウステンボスともお別れです。
ライトアップされた街並みがとても綺麗で、また来たいと思わせてくれるアミューズメントリゾートでした。

経営難を何とか乗り切って、再度、訪問する時にも存続していて欲しいと切に願っております。
(お出かけ日:2008年12月28日)
<滞在時間> 1.5日
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
お出かけ体験レポート(その5)
お出かけ体験レポート(その6)
お出かけ体験レポート(その7)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ 
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ウルトラマンランド <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ウルトラマンランド
2013.9.1閉園
【お出かけ施設情報】


【住所】熊本県荒尾市本井手1574番地
【電話番号】0968-66-4678
【時間】
3月~8月まで 平日:10:00~17:00 土日祝:10:00~17:00
9月~2月まで 平日:10:00~16:00 土日祝:10:00~17:00
※春・夏・冬休み期間は変更になります。お問い合わせ下さい。
※営業時間は予告なく変更になる場合がございます。ご了承下さい。

【休み】水曜日・木曜日(ただし、祝日や春・夏・冬休み期間はのぞく)
【料金】大人・子供(3歳以上、3歳未満は無料)800円 (団体割引、年間パスポート有り)
【駐車場】500円/日(普通車)

【HP】
ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室、オムツ交換台有り
フォークとスプーン ウルトラ・デ・レストランがある

onigiri 持ち込み可
アップロードファイル 屋内施設有り


【お出かけポイント】

●ウルトラマンランドは円谷プロダクション直営のテーマパークであり、熊本県荒尾市にある遊園地「グリーンランド」に隣接して立地しています。
ウルトラシリーズに登場するウルトラ戦士達のライブショーが目玉であり、園内ではウルトラ戦士と握手をしたり記念撮影が出来たりします。
ウルトラマンが大好きな子供には楽園に思える場所でしょう。

●ウルトラ戦士達のライブショーは1時間30分~2時間間隔で一日に4、5回行われ、ショーの内容も2,3種類用意されています。
更に、ショーの内容は3~4ヶ月毎にリニューアルされるため、同じものを見ることはめったにないと思います。
目の前でウルトラ戦士と怪獣達の大バトルが繰り広げられると共に、時には観客席にまで怪獣が下りてくるので、子供たちは大興奮です。

●敷地内にはウルトラマングッズを売っているショップもあり(ショップの入場には入場料不要)、レアなウルトラグッズを入手できます。また、正月には3000円で福袋を購入する事もでき、3倍くらいの価値のある商品が入っているようです。

●また、入場無料で利用可能なウルトラ・デ・レストランもお薦めです。レストラン内にはウルトラマン達のレリーフを数多く見つけることが出来、ウルトラファンにはたまりません。少々お高いですが、ウルトラマンにちなんだメニュー(ご飯の形がウルトラマンを模している等)が子供心をくすぐる事間違いないでしょう。レストラン前の黒板には、握手会の時間などが書かれているので、必見です。

●ウルトラ・デ・レストランでは誕生パーティーが出来ます。予約時に指名したウルトラ戦士が子ども達のバースデーを祝ってくれます。
ウルトラマンの形をしたバースデーケーキ、レストランメニューの1品、ウルトラマンとの記念撮影(それも結構長時間)、ウルトラマンが目の前で書いてくれるサイン色紙等で1人6500円です。安くはないですが、好きなだけ写真を取れて、メッセージを読んでくれて等のサービスが含まれていると考えれば、悪くはないかなとも思いました。。
事前にショップ”ウルトラマンワールド M78″で子供へのプレゼントを購入しておけば、ウルトラヒーローが子供にそのプレゼントを渡してくれるサービスもあります。
予約受付は 1 ヶ月前から始まり、ホームページからネット予約する事もできます。

尚、登場するウルトラヒーローは、1 回のパーティーで 1 体のみとなるので、各回の1組目の予約者がウルトラヒーローを選ぶことが出来ることになります。子供のためにも、できるだけ早く予約しないといけませんね。。
(記事作成日 2010年3月27日)
<滞在目安時間> 5時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート →遊園地・テーマパーク
メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ウルトラマンランド <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ウルトラマンランド
2013.9.1閉園
【お出かけ体験レポート(その1)】

年末に子供と一緒に家族で九州へ旅行してきました。その折に、一度は訪れてみたいと思っていたウルトラマンランドに立ち寄る事となりました
これまで、大阪にある「円谷ジャングル」、石川県にある「ウルトラマンスタジアム」を制覇して、残すは、熊本の「ウルトラマンランド」だけと思っていただけに、ウルトラマンランドに到着すると、胸が躍りました。

1ウルトラマンランドへお出かけ

駐車場のそばに設置してあった快獣ブースカ人形。今の子供は知らないかも・・・。

2ウルトラマンランドへお出かけ

ウルトラマンランドが見えてくると、私も子供も大興奮!!

5ウルトラマンランド入口

ウルトラマンランドの入場ゲートです。
たくさんのウルトラ戦士がお出迎えしてくれていました。

13チケット売り場

上の写真のチケット売り場で入場券を購入します。チケット売り場横には巨大なウルトラマンの顔が!!

6記念撮影

巨大ウルトラマンの顔の前では、ウルトラ戦士との記念撮影会が1日数回行われています。
こちらの写真撮影会は、入場料金を支払わなくても、参加できますよ。

7子供記念撮影

ウルトラマンランドの入場ゲートに立っているウルトラマンと記念撮影です。

8ウルトラマン

いよいよウルトラマンランドへ入場です!!

17ウルトラ劇場

ウルトラマンランド内では、巨大ステージでのライブショーと、上の写真のウルトラ劇場でのイベントが、1日に何度も行われています。
我々が入場してすぐに、ウルトラマン80による「ウルトラ学校」のイベントが始まりました。

18ウルトラマン80の授業

ウルトラマン80による、あいさつについての授業でした。ホワイトボードによると日直がピグモンだそうだ。

19ウルトラマン80先生

ウルトラマン80先生が子供達とあいさつの練習をします。
子ども達のあいさつの声が大きいと、上の写真の機械のハナマルが点灯する仕掛けになっていました。
子ども達は、大声でウルトラマン80にあいさつしていました・・・。

20ウルトラマン80と記念撮影 

ウルトラマン80先生の授業の後、ウルトラマン80はウルトラマンランド内をぐるぐる歩いてくれています。
すかさずハイタッチで記念撮影です。

(お出かけ日:2008年12月27日)
<滞在時間> 5時間
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ウルトラマンランド <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ウルトラマンランド
2013.9.1閉園
【お出かけ体験レポート(その2)】

いよいよウルトラマンランドの目玉イベントであるステージショーの始まりです


23ウルトラマンのステージ

上の写真のような大きなステージで、ウルトラマンと怪獣達のライブショーが行われます。
ステージ前には靴を脱いで、座って見られるエリアが作られており、そこでショーを観賞します。

24ゼットン星人

ライブショーが始まると、観客席の近くまで怪獣たちが歩いてやってきます。
小さい女の子は怖くて泣いてしまう事も・・・。

25エースとジャック

約30分の迫力あるステージでした。10体程度の怪獣とウルトラ戦士5人が登場しました。
子供も夢中で見ていました。。
このようなショーが1日5回程度行われます。ショーの内容は2、3種類あり、連続でショーを見ても、同じ内容にならないように配慮されています。

26ウルトラマンツアーズ

ウルトラ戦士達のライブショーを見たあと、ステージ横にあるウルトラツアーズに子供と乗ることに。

27ウルトラマンツアーズ

光線銃付きのライドに子供と乗車し、ライドが移動中に登場してくる怪獣たちを光線銃で撃つアトラクションです。

28ウルトラマンツアーズ

怪獣の胸に光線銃の的が付いています。
ここを狙って光線銃を撃ちます。

21展示物

ウルトラマンランド内には多くの展示物が置いてありました。

22ヘルメット

GUYSのヘルメットや銃も展示されていました。
(お出かけ日:2008年12月26日)
<滞在時間> 5時間
お出かけ体験レポート(その1)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。