関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<遊び場ガイド>

子どもと家族一緒にお出かけした関西遊び場スポット紹介サイト 子供を持つ親が、休日、遊び場へお出かけする際にお役立てできるように、私が実際に遊び場へお出かけした際感じた点を豊富な写真+親視点コメントと共に、各遊び場毎に紹介
月別アーカイブ  [ 2007年11月 ] 
≪前月 |  2007年11月  | 翌月≫

スポンサーサイト


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【下部スポンサードリンク】

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国営明石海峡公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

国営明石海峡公園
 
【お出かけ施設情報】

【住所】兵庫県淡路市南鵜崎8-10
【電話番号】0799-72-2000
【時間】9:30~18:00(4/1~8/31) 9:30~17:00(9/1~10/31、3/1~3/31)
     9:30~16:30(11/1~2/28) ※発券時間は閉園1時間前まで 
【休み】12/31~1/1 2月の第1月曜日及びその翌日
【料金】大人(15歳以上)400円 小人(小中学生)80円 
【駐車場】420台(1回500円)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア ベビールーム有り
フォークとスプーン 有り
onigiri 可
アップロードファイル ビジターセンターは屋内施設


【お出かけポイント】
 
●春、秋にはたくさんの花が咲き乱れる広い公園です。子供の遊ぶ場所としては、「夢っ子ランド」、「子供の森」が中心でしょうか。


●「夢っこランド」には、ものすごい数(150種類もあるのだとか)の遊具が集まってます。好奇心をくすぐる仕掛けも多数あって、子供にはたまらないものになってます。
この遊具の全体サイズは、なんと長さ130m、幅40m、高さ14mもありますよ。体を動かして遊ぶことが大好きな子供さんのお出かけスポットとしては最適でしょう。遊具のサイズが大きいだけに、一度、子供を見失うと探すのがとても大変です・・・・。
雨の日でも遊べる屋根付きの遊具もあります
その他、ウォーターガンの水遊びが出来る遊具や子供用のプールもあります。簡易更衣室やシャワーまであります。夏場のお出かけ先としても最高でしょう・。
小さな子供向けの遊具が集まったスペースもあります。
この夢っこランドを中心に遊ぶのであれば、淡路口の駐車場を利用する事をお奨めします。

●「子供の森」にも、遊具や水遊びが出来る水溜りがあります。遊具で遊ぶときにはヘルメットを着用してください注意意書きがあります。このヘルメット、デザインがとても可愛いです。アンパンマンやドラえもん、ウルトラマンと色々なものがあります

●「花の中海」では、スワンボートに乗ることも出来ます。30分大人400円、子供200円です。

●休日のみ「花トレイン」が運行しており、園内を周遊する事が出来ます。

●無料のバーベキューエリアもあります。但し、用具の貸し出し、食材販売はしてませんのでご注意ください。

●再入場が可能です。

●春と秋にはたくさんの花が咲き乱れていて、とても綺麗です。

●入園料無料の日もあるようです。公園ホームページでご確認くださいませ。
<滞在目安時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート →
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

スポンサーサイト

山城総合運動公園「太陽が丘」 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

山城総合運動公園「太陽が丘」
 
【お出かけ施設情報】

【住所】京都府宇治市広野町八軒屋谷1
【電話番号】0774-24-1313
【時間】9:00~17:00(9/1~4/30)
     9:00~19:00(5/1~8/31)
【休み】毎週 木曜日 (夏期ファミリープール期間及び祝日を除く)
【料金】無料 
【駐車場】1300台(1回400円)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室有り
フォークとスプーン レストラン1箇所有り
onigiri 可
アップロードファイル なし


【お出かけポイント】
 
●広さ108haもある広大な公園
。子供の遊び場の中心は、「冒険の森」、「遊びの森」「ファミリープール(有料)」でしょうか。

●「冒険の森」にはジャンボ滑り台や長さ15mのターザン滑り、丸太のぼり、巨大なジャングルネットがあり、遊び応え十分です。運動大好きな子供さんのお出かけスポットとしては最適でしょう。

●「遊びの森」には、タイムトンネルという筒状のトンネル滑り台があります。この滑り台はかなりのスピードが出るので、幼児は使用禁止です。また、空中ステーションというロープと木で出来たアスレチック遊具もあります。その他、水車小屋の傍には水溜りがあり、水遊びが出来ます。「遊びの森」へは第2駐車場が近いでしょう

●「ファミリープール」には、造波プール(最高80cmまで上がります)、渓流・子供プール、ウォーターボブスレー、スライダー
がある楽しいプールで、子供も喜ぶ事間違いないでしょう。夏場のお出かけ先の候補になると思います。一般 1,000 高校生 700 小・中学生 450 幼児 100です。
<滞在目安時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート →
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

けいはんな記念公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

けいはんな記念公園
 
【お出かけ施設情報】

【住所】京都府相楽郡精華町精華台6-1
【電話番号】0774-93-1200
【時間】9:00~17:00(入園は16:30まで)
【休み】木曜日(祝日の場合開園)年末年始(12/28~翌年1/4)
【料金】無料 水景園のみ入園料:一般 200円 / 小・中学生100円 
【駐車場】200台(1回400円)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 無し
フォークとスプーン 無し
onigiri 可
アップロードファイル 屋外なので辛い


【お出かけポイント】
 
●この公園内は、大きな芝生広場と木製遊具のあるエリアと、整備された日本庭園のエリアで構成されています。

●木製遊具としては、滑り台やネットトンネルのある複合遊具と、ターザンロープ、ブランコなどがあります。数としてはそんなに多くなく、こじんまりしてます。どちらかと言えば、芝生広場でボール遊びをしたり、ランチを楽しんだりする遊び場ではないでしょうか。

●日本庭園(水景園)に入園するためには、入園料が必要です。中に入ると、石、水、植物の組み合わせによる庭園が待っています。池にはコイがおり、餌をあげることができます。餌代は50円です。

●バーベキューはできません。
<滞在目安時間> 2時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート  →
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

けいはんな記念公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

けいはんな記念公園

【お出かけ体験レポート】
けいはんな記念公園に家族でお出かけしてきました。
al1.jpg

公園の入り口です。写真に写ってませんが、飲み物の自販機が並んでます。
すぐ隣はコーナンの駐車場になってます。

al2.jpg

入り口からの芝生広場、日本庭園方向を望んだ写真。
広い芝生広場ですので、お弁当を食べにお出かけするのもいいです。


al3.jpg

木製遊具の全体像です。規模としては大きくありません。
雨上がりであった事も災いして、右端に見える滑り台の降り口に水溜りができていました。

al4.jpg

ブランコとスプリング遊具。

al7.jpg

こちらがターザンロープ。
遊具としてはあまり多くありません。

al6.jpg

園内には、このような小川が流れてます。

al5.jpg

私が訪れたときには、桜が咲き始めていました。

(お出かけ日:2007年3月25日)

【感想】

●残念ながら遊具の数はそんなに多くありません。お出かけ前に、芝生で遊ぶ道具を用意した方がいいと思います。

●日本庭園(水景園)に関しては、コイの餌あげ以外には、子供の興味を引きそうな点はないかもしれません。
<滞在時間> 2時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →公園メニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

万博記念公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

万博記念公園

【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府吹田市千里万博公園
【電話番号】0774-93-1200
【時間】9:30~17:00(入園は16:30まで)
【休み】水曜日(祝日の場合翌日、3~6・10・11月は無休) 12/28~1/1
【料金】自然文化園と日本庭園共通料金:大人250円、小人70円 
【駐車場】5800台(1200円/日)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室5ヶ所有り
フォークとスプーン 4箇所有り
onigiri 可
アップロードファイル 屋内施設もある


【お出かけポイント】
 
●万博記念公園は大阪万博が開催された会場跡地に作られらた広大な芝生広場や多くの木々のある公園です。敷地面積260ha(甲子園球場の26個分)もあります。
子供の遊び場所としては、「やったねの木」、「おもしろ自転車」、「木の葉の遊具」、「船の遊具」、「夢の池 サイクルボート」でしょうか。1日たっぷり遊べるお出かけスポットだと思います。

●「やったねの木」は、高さ12m・全長30mの超大型ローラーすべり台が2基交差した大型遊具で、子供たちに大人気です。ネット遊具やお砂場、幼児用の遊具も完備してます。
また、センサーに触れると6mのサークルから霧が90秒間噴出する「潮吹きクーちゃん」もあり、夏場には涼しいでしょう。ただ、しばらく霧に当たっていると、衣服は結構濡れてしまいますので、風邪を引かせないように、絶えず、タオル等で拭いてあげる必要があります。
車の場合、「日本庭園前駐車場」から徒歩15分、「中央駐車場」から徒歩15分、「東駐車場」から徒歩20分と、結構、歩く必要があります(どの施設もそうですが・・・)。

●「おもしろ自転車」では、30分300円で、約40種類100台のユニークな自転車に乗ることが出来ます。幼児用エリアも設けられているので、小さい子供でも安全です。


●「夢の池 サイクルボート」は、夢の池を4人乗り又は2人乗りの足漕ぎボートでクルージングできます。4人乗りだと、家族全員で楽しめますね。ボートの形も6種類もあって、ヘリコプター型や恐竜型のボートもあります。子供も喜ぶ事でしょう。2人乗りボートで20分900円(超過10分毎に450円)、4人乗りボートで20分1200円(超過10分毎に600円)です。

●「ソラード(空中観察路)」は、地上10m近くのところに作られた木の道で、高い所から周りの木々を見下ろしながら散歩する事が出来ます。観察路の終点にある展望タワーに登れば、万博公園内を一望できます。

●「日本庭園」の入場料は、万博入園料金に含まれていますので、立ち寄ってみるのも良いかもしれません。日本庭園内の池にはたくさんの鯉がいて、餌(100円)をあげると、鯉がウジャウジャと大集合してきます。

●10月上旬から11月上旬はコスモスが丘一面に咲き乱れます。これは必見です。丁度この頃、バラ園のバラも見ごろですよ。

●園内はとても広いので、遊び場間の移動は「パークトレイン 花ぽっぽ」が便利です。外観はレトロな機関車ですので、小さな子供も魅力を感じてくれるでしょう。このパークトレインは40~50分で園内を1周します。料金は1回250円(3歳以上)で1日フリーパスだと500円です。

●周辺にエキスポランドや大阪ガスのショールーム「ディリパ」が有り、併用すれば丸一日遊ぶには十分です。
また、子供と運動をして汗をかいたら、源気温泉「万博おゆば」で汗を流す事も出来ますよ。大人(中学以上)700円、子供(4歳~小学生)350円、乳幼児(3歳以下)100円です。詳しくはこちらのホームページをご覧下さい。

<滞在目安時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート →
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

八幡屋公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

八幡屋公園

【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府大阪市港区田中3
【電話番号】06-6571-0552
【時間】常時開園
【休み】無休
【料金】無料 
【駐車場】120台(350円/日)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 不明
フォークとスプーン 2箇所有り
onigiri 可
アップロードファイル 屋外なので辛い


【お出かけポイント】
 
●大阪プールと中央体育館に
併設された公園です。
公園内には、広い芝生と「風の砦」という大きなアスレチック、 「へびのトンネル」、砂場、ブランコ、ターザンロープ等があります

●「風の砦」は木製の巨大なアスレチックであり、ローラー滑り台やトンネル滑り台などが設置されてます。

●「へびのトンネル」は、大きな口をあけたへびの口から入り、ジャングルジム状のトンネル(へびの胴体部分)を進む遊具です。長さは10m以上ありますでしょうか。

●芝生広場では、レジャーシートを広げてお弁当を楽しむ事も出来ますし、ボール遊び等も可能です。バーベキューをやっている人もいます。お弁当等の購入は朝潮橋駅近辺のコンビ二で可能です。

●昔ながらの自家製(?)の紙芝居を自転車の後ろに積んだおじさんが、時折、この公園に来てくれるようです。おじさんが来ると、その周りには子供の輪が出来て、大賑わいのようです。

●隣駅には海遊館や天保山マーケットプレイス等もあるので、それらの施設にお出かけした帰りに寄ってみるのもいいかもしれません。

<滞在目安時間> 2時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

浜寺公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

浜寺公園
 
【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府堺市西区浜寺公園町2
【電話番号】072-261-0936
【時間】常時開園
     交通遊園:9時~17時
     バラ庭園:10時~17時
【休み】無休 交通遊園・バラ庭園は火曜(祝日の場合、翌日)

【料金】無料 
【駐車場】650台(1時間400円、それ以降1時間100円)
【HP】ホームページ
【map】
地図

「ア オムツ替えシートがトイレ内にある
フォークとスプーン レストラン1箇所
onigiri バラ庭園以外は可
アップロードファイル 屋外なので辛い

【お出かけポイント】
 
●浜寺公園内の遊技場としては、「北児童遊技場」「南児童遊技場」「高石児童遊技場」の3ヶ所があります。
「北児童遊技場」には、ローラー滑り台や幅広滑り台(角度が凄く急です)、ターザンロープ等があります。
「南児童遊技場」には、長いローラー滑り台、タコの滑り台、大きな砂場、土管迷路等があります。
「高石児童遊技場」には、ロング滑り台(6歳~12歳の年齢制限有り。私の主観としては、滑りがあまり良くない)や土管滑り台、アスレチック遊具があります。
これらの遊技場で遊ぶことを中心に考えている場合には、第3駐車場が最も便利でしょう。ただ、第3駐車場はすぐ埋まってしまいますので、お出かけ前に注意が必要です。ゴールデンウィーク明けの土曜日にお出かけした際、お昼12時の時点で、第3駐車場は入庫待ちの車の列が出来ていました。

「北児童遊技場」→「南児童遊技場」→「高石児童遊技場」→交通遊園の順番で徒歩で移動しながら遊び、最後に「子供汽車」で駐車場近くに戻ってくるのが理想的でしょう。
遊具の規模としては、「北児童遊技場」:10、「南児童遊技場」:9、「高石児童遊技場」:3ぐらいの比率でしょうか。

●浜寺水路を挟んで対岸には泉北臨海緑地があり、緑地内の複合アスレチック(大型木製遊具)が楽しめる「冒険広場」があります。こちらを利用するには第4駐車場を利用する必要があります。

●公園内の指定エリア(詳しくはホームページをご覧下さい)においてはバーベキューも出来ます。但し、鉄板等の洗い場は無いので、家に持ち帰って洗う事になります。トイレの水道を使用する事も禁止されていますので注意が必要です。

●「交通遊園」では、ゴーカートに乗れます。コースは全長760mもあり、大人でも結構楽しめます。1人or2人用の2種有り。運転者は8歳以上で身長120cm以上である必要が有り、それに満たない場合は保護者が同伴する必要があります。4才以上は1回290円の料金が取られます。
ゴーカート以外にもバッテリーカー(100円を挿入すれば、2分~3分程度動く)のエリアもあり、こちらは、小さな子供(幼稚園児)さんでも楽しめます。

●バラ庭園の傍の花壇広場前駅から交通遊園駅を約10分で結ぶ「子供列車」は、見た目も4両編成の本格的なSL機関車で、途中にはトンネルまであります。駅も本格的なので、鉄道好きな男の子にはたまらないお出かけスポットでしょう。大人290円、子供140円です。約20分の間隔で運行しているようです。

●バラ庭園は5月上旬から6月下旬、10月上旬から11月上旬が見所の時期です。バラのいい匂いに囲まれてください。

●夏には、中央花壇の西側の徒歩池で水遊びをする事が出来ます。
水深は約40cm程度なので、小さい子供でも楽しめる事でしょう。
また、7/1~8/31にはプールに入る事も出来ます。幼児用プールなど9つのプールがり、全長100mのジャイアントスライダーも設置してあります。夏場のお出かけスポットの候補となるでしょう。営業時間は、9時30分~17時30分です。第1又は大2駐車場を利用すれば、プールまで近いでしょう。

●近くには大阪ガス ガス科学館があります。こちらの工場見学と併用しても良いかもしれません。但し、工場見学の開催日が月に1度であり、事前予約の必要がある点にご注意くださいませ。

<滞在目安時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート  →
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

大泉緑地 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

大泉緑地
 
【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府堺市北区金岡町128
【電話番号】072-259-0316
【時間】入園自由
【休み】無休
【料金】無料 
【駐車場】720台(1時間400円、それ以降1時間100円)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア オムツ替えシートがトイレ内にある
フォークとスプーン 軽食が可能な食堂と喫茶有り
onigiri 可
アップロードファイル 屋外なので辛い

【お出かけポイント】
 
●園内の児童遊技場としては、「海遊ランド」「冒険ランド」「わんぱくランド」の3ヶ所があります。この3ヶ所の遊技場が園内に分散しており、すべてを周ると園内を一周する事になります。々の多い気持ちの良い道なので、徒歩でも周遊できると思います。自然に触れ合いながら、体を動かす事が好きな子供とお出かけするには良い遊び場でしょう。

●「わんぱくランド」には、カラフルな森のお城やリングトンネル、ピラミッドジャングル等があります。

●「冒険ランド」には、急な2本の滑り台と数多くのアスレチック複合遊具があります。

●「海遊ランド」には、帆船や灯台や鯨を模擬したアスレチック遊具やタコの滑り台があります。

●ひつじ広場には、なんと、2匹のひつじが飼育されてます

●近くにサティや新金シティがあるので、お弁当等の買出しには便利です。

●大芝生広場の南東では、バーベキューが出来ます。
◇利用時間 午前9時~午後17時
◇予約受付 TEL:072-259-8600
 (利用二ヶ月前からスポーツハウス窓口にて) 
◇基本料金(4時間1区画)
 平 日  3,280円〔追加1時間820円〕
 土日祝日3,920円〔追加1時間980円〕
◇道具の貸出しについて
 貸出しは一切行っていませんので、各自持ち込む必要があります。

●「サイクルどろんこ広場」は、山あり谷ありの自転車用モトクロスコースです。自転車や転等時のプロテクタの貸し出しはしていませんので、お出かけ前に準備をする必要があります。また、通常の自転車では入場できません(モトクロスタイプを用意する必要有り)。

●春には桜が綺麗だそうです。お花見にお出かけされてもよいでしょう。

<滞在目安時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

錦織公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

錦織公園
 
【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府富田林市錦織1560
【電話番号】0721-24-1506
【時間】入園自由
【休み】無休
【料金】無料 
【駐車場】718台(600円/日)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア オムツ替えシートがトイレ内にある
フォークとスプーン 無し
onigiri 可
アップロードファイル 屋外なので辛い


【お出かけポイント】

●緑の深い広い園内(甲子園球場の16倍!)には、子供が夢中になる「やんちゃの里」と「水辺の里」の2つの遊具広場があります。
 
●「やんちゃの里」には、つり橋やネットクライマー、はしごなどを組み合わせた大型木製遊具「やんちゃ砦」があります。滑り台もたくさんあります。体を動かす事が大好きな子供さんとお出かけするには最高の遊び場でしょう。こちらには売店があり、チョットお腹が空いたらお菓子等を購入できます。

●「水辺の里」には、ユラユラブリッジやかごに乗って移動する谷渡りなど、ネットと丸太を組み合わせた木製大型遊具「ぼうけんとりで」「こどもとりで」があります。スピードの出る大きな「わんぱくすべり台」もあります。本当にスピードが出ますので、小さなお子様は親と一緒に滑ったほうが良いでしょう。お尻敷き用のダンボールを用意しないと、夢中になって滑っていると、ズボンのお尻が抜けるかもです。

●「ドレミの小橋」では、備え付けのばちで鍵盤をたたけば『ふるさと』や『七つの子』のメロディーが流れます。

●園内のトイレはとても綺麗で、紙も設置されてます。

●この公園は起伏に富んだ丘陵地に作られているため、斜面が急だったり、また地面が舗装されてなかったりするので、べビーカーご使用の方は注意が必要です。

●春には桜が綺麗なので、花見客で賑わってます。

<滞在目安時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

千里中央公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

千里中央公園
 
【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府豊中市新千里東町3
【電話番号】0721-24-1506
【時間】入園自由
【休み】無休
【料金】無料 
【駐車場】150台(30分無料、以後100円/30分)
【HP】無し
【map】地図

「ア 無し
フォークとスプーン 無し
onigiri 可
アップロードファイル 屋外なので辛い


【お出かけポイント】

●園内には全長150mのローラー滑り台(なんと途中で分かれ道がある)やネットジャングルジムがあります。運動大好きな子供さんとお出かけするには良い遊び場です。

●ローラー滑り台を滑る場合、お尻敷き用のダンボールを持ってきた方がいいです。お尻が痛いですよ。

●園内の展望台(海抜99m)からの景色はなかなかです。無料ですし行ってみるのもいいのでは。開錠時間は午前9時~午後5時(夏は6時)です。

●園内には売店等がないので、飲食物は持ち込む必要があります。

<滞在目安時間> 2時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
公園メニュー ホーム

【下部スポンサードリンク】

深北緑地 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

深北緑地
 
【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府大東市深野北4-284
【電話番号】072-877-7471
【時間】入園自由
【休み】無休
【料金】無料 
【駐車場】495台(1時間400円、以後100円/時間)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア オムツ替えシートがトイレ内にある
フォークとスプーン 無し
onigiri 可
アップロードファイル 屋外なので辛い


【お出かけポイント】

●園内には、「とりで広場」「ロケット広場」「恐竜広場」の3ヶ所の遊具広場と、大きな芝生広場があります。「とりで広場」と「恐竜広場」の間の移動は、小さな子供と歩いて10分以内、それらの広場から「ロケット広場」へは、歩いて20分くらいでしょうか。「とりで広場」と「恐竜広場」で遊ぶ場合は第2駐車場を、「ロケット広場」で遊ぶ場合は、第1駐車場が便利です。大きな芝生広場でランチをしに、お出かけするのも良いですよ。

●「とりで広場」には、城や砦を模擬した大きな遊具で、ロープを使った遊具がたくさんあります。近くには、小さな子供用の滑り台等の遊具広場があります。

●「恐竜広場」には、恐竜の滑り台(小さな子供でも大丈夫でしょう)やターザンロープ、大きな難破船を模擬した木製遊具や砂場などがあります。


●「ロケット広場」には、筒状スライダーや大きなジャングルジムなどが設置されています。
どちらかというと小さい子供には難易度が高いかもしれません。

●夏場には水遊びできそうな水辺もあります。

●春には約300本の桜が咲き乱れるので、花見客で賑わいます。

●指定区域内であればバーベキューも可能です。
<滞在目安時間> 2時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート  →
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

有馬富士公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

有馬富士公園
 
【お出かけ施設情報】

【住所】兵庫県三田市福島1091-2
【電話番号】079-562-3040
【時間】9時~17時(夏休み期間は~18時)
【休み】無休 自然学習センターは月曜(祝日の場合、翌日)
【料金】入園無料 (有料イベント等の参加の場合は別途費用発生) 
【駐車場】500台(無料)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 「パークセンター」「自然学習センター」に授乳室、ミルク用のお湯あり
フォークとスプーン 無し
onigiri 可
アップロードファイル 屋外なので辛い 自然学習センターは屋内なので可


【お出かけポイント】

●自然溢れた有馬富士を望む園内には、子供が大好きな複合遊具のある「あそびの王国」や体験型施設である「自然学習センター」がある。自然に触れ合いながら、体を動かして遊ぶことが大好きな子供さんとお出かけするには最適に遊び場です。


●「あそびの王国」には、遊具エリアと自然エリアに分かれており、小さい子供から大きな子供まで遊べる所となってます。
遊具エリアには、石の巨大滑り台、迷路、砂場、ジャングルジム等、色々なものが揃ってます。子供たちはかなりの時間、夢中で遊ぶことが出来ると思います。
自然エリアには大きな芝生広場があり、お弁当を食べるにはいいと思います。但し、日差しを遮るものが余りありませんので、お出かけ前に準備をしておいた方がいいと思います。

●「自然学習センター」には、巨大クワガタの「つよし君」が設置されており、乗ることも出来ます。また、毎週、何かの体験イベントを実施しています。

●夏場には、ガーデン階段傍に流れるせせらぎで水遊びをする事が出来ます

●この公園内にはクワガタもいるようです。本当に自然が溢れていますね。

●駐車場まで無料というのがとても嬉しいです。
<滞在目安時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

奥水間アスレチックスポーツ <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

奥水間アスレチックスポーツ
 
【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府貝塚市木積24
【電話番号】0120-201-399
【時間】9:00~16:00(4/1~9/30の土日祝は18時まで)
【休み】水曜(祝、春・夏休みは営業)
【料金】大人(高校生~)800円、子供(4歳~)600円 
【駐車場】250台(無料)
【HP】
ホームページ
【map】
地図

「ア 無し
フォークとスプーン レストハウス2軒有り
onigiri 可
アップロードファイル 屋外なので辛い

【お出かけポイント】

●本格的アスレチック(36種類)やニジマス釣り、渓流での水遊び、飯盒炊さんなどが楽しめます。アウトドア好きな子供さんとお出かけするには最高の遊び場でしょう。

●フィールドアスレチックは結構難易度の高い本格的なもので、小さいお子様には難しいかもしれません。一回り2時間弱かかります。アスレチックの名称、説明看板の絵等が結構笑えますので期待していてください。

●フィールドアスレチックをやっている最中に雨が降ってくると、滑りやすくなるので危険です。無理は禁物です。

●バーベキューや飯盒炊さんの際の燃料の持ち込みは一切禁止になってます。当施設のものを使用する必要があります。施設管理費:大人300円、子供100円必要です。

●ニジマス等の釣りをする場合には、つり道具の持ち込みは一切禁止になっており、施設内の道具をレンタル(1セット1200円)する必要があります。餌は持ち込めるようです。釣った魚は持ち帰れますし、バーベキューで焼いて食べても良いです。

●レストハウスやバンガロー等の宿泊施設もあります。お風呂はラドン温泉です。フィールドアスレチックで疲れた体を休めるには良いでしょう。
<滞在目安時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
お出かけ体験レポート →公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

北播磨余暇村公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

北播磨余暇村公園
 
【お出かけ施設情報】

【住所】兵庫県多可郡多可町中区牧野817-41
【電話番号】0795-32-1543
【時間】9時~17時
【休み】無休
【料金】入園無料 
【駐車場】243台(無料)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア ベビーカー無料貸し出し有り
フォークとスプーン いこいの森にレストラン有り
onigiri 可
アップロードファイル 屋外なので辛い


【お出かけポイント】

●妙見山麓に広がる公園で、園内には“観賞ゾーン”、“冒険の広場”、“いこいの森”があります。

●“冒険の広場”には、妙見スカイローラー(全長253.3m、滑り台入り口は途中入り口を含め3ヶ所ある)、回廊式コンビネーション遊具(リングトンネル、木製サーキット、ターザンロープ、ウッドジャングル、リズムステップ、ネット遊具など)、幼児広場(タイヤブランコ、スプリングシーソー、木馬)、銅精錬所跡展示館、つり橋(2橋)、レンガの砦、子供の小川(280m)などがあります。運動大好きな子供さんとお出かけするには最高の遊び場でしょう。

妙見スカイローラーは、ものすーごい長距離滑り台なので、マイ敷き物を持っていったほうが良いでしょう。滑り台入り口に上るまでに、息が切れそうです。

回廊式コンビネーション遊具の規模も半端ではありません。ここだけでも数時間遊べてしまうでしょう。

●冒険広場内の子どもの小川は、水の深さが2~3cm程度で、夏場の小さい子供さんのお出かけスポットとしても良いでしょう。ただ、川底が滑りやすいので注意が必要です。

●”観賞ゾーン”には、日本庭園をはじめ、バラ園(5月中旬~7月中旬と10月上旬~11月中旬)、しょうぶ園があり、シーズンには色とりどりの花が咲き乱れ、必見です。

●“いこいの森”には、赤松林の中に作られた9棟のログハウスと、多人数で泊まれるレストハウスがあります。レストランでは、ベランダでバーベキュー(要予約)も楽します。

●バーベキューは禁止です。

●ゴミ箱はありません。持ち帰りが基本です。
<滞在目安時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

丹波自然運動公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

丹波自然運動公園
 
【お出かけ施設情報】

【住所】京都府船井郡京丹波町曽根崩下代
【電話番号】0771-82-0300
【時間】9時~17時
【休み】無休
【料金】入園無料 
【駐車場】450台(無料)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア トイレ内にベビーキープ有り
フォークとスプーン 1箇所有り
onigiri 子供の広場、森の遊び場で可
アップロードファイル 屋外なので辛い


【お出かけポイント】

●子供の楽しめる場所としては、「こども広場」と「森の広場」があります。

●「こども広場」には、ジャイアントスライダーやアスレチック遊具、多種のブランコ、トンネルの迷路、ターザンロープ等が広い範囲で点在しており、次の遊具を探しながら次から次へと遊具サーフィンをしていく感じです。幼児から大きな子どもまで幅広い年齢層が楽しめます。運動好きの子供さん向けのお出かけスポットでしょう。

●ジャイアントスライダーは結構な長さがあり、スライダー入り口に昇るだけで、大人はヘトヘトになるかもです。お尻が痛いので、敷き物を持参した方が良いでしょう

トンネルの迷路は、50Mくらいの長さがあり、目がなれるまでは中は真っ暗です。途中には階段で上がったりと中々スリルがあり、小さな子どもに大人気です。小さな子どもの場合、親が付いている必要がありますが、天井が低いので、腰が痛くなります。

●「森の広場」には、木製アスレチック遊具があります。難易度はそんなに高くないので、3~4歳くらいの子どもでも大丈夫でしょう。

●ピクニックの丘や芝生広場は綺麗な芝生の生えた所で、寝転ぶと本当に気持ちが良いです。ランチにも最適です。

●園内にはプールもあります。スリル満点のウォータースライダーや造波プール、せせらぎプール、ジャグジープールなどを完備しており、夏場に家族みんなで楽しめるお出かけスポットです。営業帰還は7月15~8月31日です。料金は、大人700円、高校生500円、小中学生300円、幼児100円です。

●パターゴルフもできます。自然に囲まれた18ホールのコースで、芝生がとても綺麗です。開催時期は3月1日~11月30日で、料金は大人500円、小中学生300円です。
<滞在目安時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

アクトパル宇治(宇治市総合野外活動センター) <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

アクトパル宇治
 
【お出かけ施設情報】

【住所】京都府宇治市西笠取辻出川西1
【電話番号】075-575-3501
【時間】9時~17時
【休み】月曜(祝日と夏休み期間中は営業)
【料金】入園無料 
【駐車場】90台(無料)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア トイレ内にオムツ替えシート有り
フォークとスプーン 軽食が可能な食堂1箇所有り 予約すれば定食も食べられる
onigiri 屋外なら可
アップロードファイル 屋外なので辛い


【お出かけポイント】

●園内には「冒険とりで」や「川の広場」、「観察の森」、キャンプ施設、BBQ設備、宿泊棟等があります。

●「冒険とりで」には、山の斜面を利用した全長50Mのローラースライダーや10種類程度のアスレチックなどの遊び場が提供されています。
山の斜面を利用したアスレチックは、ネット遊具、壁をロープ伝いに登る遊具、籠に乗りロープを引っ張って移動する遊具、丸太橋など数多くの種類があり、子供が
すぐに飽きてしまうといったことは無いでしょう。入り口から冒険とりでまで、少々距離がありますが、気持ちの良い道なので苦痛ではないと思います。アウトドア大好きな子供さんとお出かけするには良い遊び場でしょう。

●「川の広場」では、笠取川の水に触れ、川に入ることができます。深さは足首程度なので、小さな子どもでも大丈夫です。水生昆虫を探し出すと子どもは夢中になるでしょう。

●「観察の森」には、雑木林と竹林があり、昆虫や植物を観察する事ができます。

●春には桜広場での花見に家族でお出かけしてみてはいかがでしょうか。

●テント設置エリアや常設テントの設備、立派なBBQ設備も整ってます。初夏のキャンプなんて、お薦めです。詳しくはホームページをご覧下さい。
また、6月上旬には、笠取川に蛍が乱舞するようです。これは必見ですね!

●工作棟では陶芸・木工などのクラフト体験にチャレンジする事できます。事前(1週間前)に予約が必要です。詳しくはHPをご覧下さいませ。

●宿泊施設もあり、とても手頃な値段で宿泊できます(お風呂も大きいようで、とても快適な印象を受けました)。冬場には、鍋料理も堪能できます。宿泊施設の3階には、星空を眺める事ができる天体望遠鏡も完備されており、宿泊者は夜、綺麗な星空を眺める事ができるようです。

(記事作成日:2008年12月21日)
<滞在目安時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
体験レポート →
公園メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

フォレストパーク神野山 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

フォレストパーク神野山

【お出かけ施設情報】

【住所】奈良県山辺郡山添村大字伏拝
【電話番号】0743-87-0285
【時間】9時~16時(入場は~15時まで)
【休み】水曜(祝日の場合は翌日)
【料金】入園無料 
【駐車場】200台(環境維持協力金として300円)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 無し
フォークとスプーン 有り
onigiri 「めえめえ牧場」や神野山山頂でなら可
アップロードファイル 森林科学館は可

【ポイント】

●「県立月ヶ瀬神野山自然公園」の中にあるフォレストパーク神野山は、「めえめえ牧場」「森林科学館」「木工館」などで構成されてます。遊具施設はそんなに無いので、大自然を堪能したり、羊と戯れにお出かけする遊び場でしょう。

●「めえめえ牧場」には約50頭の羊がいます。羊せんべいを食べさせるのも中々面白いですよ。また、滑り台やシーソーなどの遊具もあるようです

●「森林科学館」は、自然や生き物を楽しみながら学習できる施設で、森を再現した「自然の森」の他、ワイドスクリーンで楽しむ自然に関するビデオ、遊び感覚で学べるパソコンによる森林クイズなどがあります。

●「木工館」ではウッドクラフトを体験できます。材料費別で500円です。毎週火・水は休館です。

●バーベキューサイトもあります。事前申込が必要です(0743-87-0548)。1基(10人用)で3000円です。また、キャンプ場もあり、常設テントやロッジが併設されてます。こちらも利用2週間前までに予約が必要です。

●ここの「つつじ」は有名です。春には約8000株のつつじが咲きほこります。山頂からの大パノラマは、必見です。この時期、特産市や和太鼓演奏、シンセサイザーやバンド演奏、木工・羊毛体験などのイベントが「神野山つつじまつり」として開催されます。これ目当てにお出かけしてみてはいかがでしょうか。
<滞在目安時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ガリバー青少年旅行村 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ガリバー青少年旅行村

【お出かけ施設情報】

【住所】滋賀県高島市鹿ヶ瀬987-1
【電話番号】0740-37-0744
【時間】8~17時
【休み】無休(4/1~11/31のみ開村)
【料金】4歳以上400円
【駐車場】300台(入村者は無料)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 無し
フォークとスプーン 1箇所有り 
onigiri 持ち込み可
アップロードファイル メルヘンハウス・アトリエは可能

【お出かけポイント】

●比良山系の武奈ヶ岳(ぶながたけ)(1214.4m)北部に広がるレクリエーション施設で、周囲は深い緑でおおわれてます。施設内は、「大人の国」「小人の国」「強者の国」「博識の国」「遊戯の国」の5つの国から構成されています。子供が夢中になって遊べるのは、「遊戯の国」「強者の国」でしょうか。

●「遊戯の国」「強者の国」には、1日では遊びきれないほどのアスレチック施設、遊具が設置されてます。少なくともローラー滑り台、ターザンロープ、ネットトンネル、木製アスレチック遊具等はあります。アウトドア好きな子供さんとお出かけするには最高の遊び場でしょう。「小人の国」にも滑り台はあります。遊具の規模は県下でもトップクラスなので、子供は1日夢中になって遊べるでしょう。

●「博識の国」には星の観察ができるガリバ一天文台があります。

●「メルヘンハウス」では、花と緑の博覧会に出品された「ミクルのくに」というパビリオンの一部が再現され、ミニチュアのヨーロッパの町並みを体験でき、ガリバーになった気分を堪能できます。

●焼杉教室(キーラック)を作る教室もあります。1個400円。5個以上から申込が出来ます。

●ガリバー村の傍の遊歩道を歩いていくと、「日本の滝100選」にも数えられる「八ツ淵の滝」に到着します。自然溢れる所なので散策に最適ではないでしょうか。

●水深10cm程の小川もあり、夏場の水遊びにはもってこいです。

<「大人の国」「小人の国」のキャンプスペース・宿泊スペースについて>

●オートキャンプ場の場所は、早いもん順です。各サイトの大きさが均一でなく、傾斜地にあるサイトもあります。炊事場の横が便利でしょう。

●1サイトの敷地はそれなりに大きく、大型テント2つは張れるでしょう。長椅子2つと机が設置されてます。机にはAC電源100Vが有ります。車は1台のみの駐車となりますが、近くに駐車場はあります。

●コテージ・ロッジ・キャビン・バンガローには、冷蔵庫、炊飯器、炊事用具などが付いてます。また、コテージとロッジにはコイン式シャワー・エアコンも付いています。


●打ち上げ花火は禁止ですが、手持ち花火は広場で可能です。水持参(バケツを貸してもらえる)で遊びましょう。

<滞在目安時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

家族旅行村ビラデスト今津 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

家族旅行村ビラデスト今津

【お出かけ施設情報】
【住所】滋賀県高島市今津町深清水2405-1
【電話番号】0740-22-6868
【時間】9~21時
【休み】無休(12~3月は休み)
【料金】小学生以上300円
【駐車場】300台(無料)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 無し
フォークとスプーン 1箇所有り(軽食のみ) 
onigiri 持ち込み可
アップロードファイル 無し

【お出かけポイント】

●ここのキャンプ場はとても人気が高いようです。理由は、各区画がとても広く、施設が整っており、清潔だからとか。 ゴールデンウィーク中の予約は至難の業だそうです。ただ、キャンプ場使用料はそれなりに高いそうなので、お出かけ前に値段等の詳細をホームページでご確認ください。

●子供が楽しめる施設としては、アスレチック広場、パターゴルフでしょうか。

アスレチック広場には、ミニアスレチック、大型滑り台、ターザンロープがあります。幼児用の滑り台や遊具も奥の一画に設置してあります。アスレチック広場からは琵琶湖を一望できるので、とても景色も良く、気持ちがいいですよ。

●パターゴルフは、18ホールのコースを800円で周る事が出来ます。パターとゴルフボールのレンタル料金も込みになってます。時間制限も無いので、結構、お得に楽しめると思います。

●キャンプ場のみほか施設(アスレチック広場やパターゴルフ場等)から離れているので、キャンプ場からこれらの施設への移動は車の方がベターです。
<滞在目安時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

山城総合運動公園「太陽が丘」 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

山城総合運動公園「太陽が丘」

【お出かけ体験レポート】


朝10:30分に到着した時点で、第2駐車場が満車だったので、第1駐車場へ駐車する事に。第2駐車場は「あそびの森」に行くには近く、第1駐車場は「冒険の森」に行くには近いです。私の訪問日は、ちょうど桜が満開で、花見客が多く、桜の木が多い第2駐車場近くの芝生広場に人が殺到したため、第1駐車場が満車だったのだと思います。

ao1.jpg


これが、第1駐車場のそばの様子。芝生の斜面が広がっており、とても綺麗。芝生スキーをしたくなりますが、「芝生スキー禁止」の立て看板が立ってました。

ao2.jpg

芝生の斜面を登った所からの景色。本当に広い公園です。桜が咲いていて、綺麗でした。

ao3.jpg

まずは、「冒険の森」へ。こららが、「冒険の森」のエリアマップの写真。

ao4.jpg

これは「ターザンロープ」。中々のスピードが出て、気持ち良さそうでした。

ao5.jpg

これはネットジャングルジム。

ao6.jpg


ネットジャングルジムの上からの写真。雨の次の日だったので、ネットが滑りやすかったです。

ao7.jpg

ネットジャングルジムの奥には、黄色の滑り台が設置されてます。ずっと奥には、ローラー滑り台が見えます。

ao8.jpg

こちらは縄橋。10mくらいの長さはあるでしょうか。

ao9.jpg

木で作られたおしゃれな道。こちらはアスレチックとは呼べませんが。

ao10.jpg

これがローラー滑り台。長さ10mくらいでしょうか。ただ、あまり滑りが良くありません。

ao11.jpg

ローラー滑り台の終点から普通の滑り台(こちらも長さ10mくらい)が繋がってます。この滑り台の滑りもいまいちです。

ao14.jpg

これは、冒険の森から遊びの森への道です。
坂を下っていく必要があります。時間的に5分程度の徒歩の距離でしょうか。

ao12.jpg
ao13.jpg

冒険の森から遊びの森への道は綺麗に整備されてます。ハイキングのようでとても気持ちが良いです。

ao15.jpg
ao16.jpg

道の終点には満開の桜がお出迎え。お花見のお客さんでいっぱいでした。

ao17.jpg

あそびの森の様子です。色々な遊具が点在していました。

ao18.jpg

こちらが「タイムトンネル」。傾斜がきついので、かなりのスピードが出ます。小さい子供は使用禁止です。

ao19.jpg

こちらは小さな家。家の中には何もありませんが・・・。

ao20.jpg

小さな家の傍には、浅い水溜りがあります。水質はとても綺麗でした。夏場には涼しげかもしれません。

ao21.jpg

水はこの水車小屋から流れてきてます。この周辺の水溜りの深さも10cm程度なので、小さい子供さんが中に入って水遊びする事も出来ると思います。

ao22.jpg

広い芝生広場があり、ランチを食べにお出かけするにも、ボール遊びするにもよい遊び場です。桜も綺麗です。

ao23.jpg

ちょっとしたネット遊具もあります。規模は大きくありませんが・・。

ao24.jpg

遊具としては、あと、木のパネルでできた小さい迷路等があります。

ao25.jpg

これは巨大な万華鏡?しかし、表面が汚れていて、機能を果してませんでした。

ao26.jpg

木のパネルでできた迷路・・。迷路と言う程の規模は無いかもしれません・・。
ただ、この場所で、鬼ごっこのような行為はしないほうがいいです。衝突して大怪我の原因ですから。

ao27.jpg

こちらは、小さい子供用の遊具。私がお出かけしたときは、工事中で、使用できませんでした。

ao28.jpg

このような素朴なシーソーも傍らにありました。

(お出かけ日:2007年4月8日)

【感想】

●本当に自然溢れる、すばらしい公園でした。芝生広場がとても広くて、美しい事も嬉しいです。天気のいい日にお出かけすることをオススメします。

●この公園の遊具だけで遊ぶのならば、3時間程度あれば十分堪能できるのではと思います。この公園を堪能した後、すぐ近くにある鴻ノ巣山運動公園へ寄ってみるのもいいかもしれません。

<滞在時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →屋内アミューズメントメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

大阪府民の森 くろんど園地 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

大阪府民の森 くろんど園地

【お出かけ体験レポート(その1)


3歳の子供と2人で、くろんど園地へお出かけしてみました。電話で管理事務所に聞いてみた所、くろんど池の駐車場から歩いて30~40分くらいで、わんぱく砦(アスレチック遊具)のある草原広場へ到着するとの話でした。3歳の子供の場合、どれくらいかかるのやらと心配しながら、わんぱく砦を目指すこととしました。

ap1.jpg

こちらはくろんど池です。この横の駐車場に車を停車しました。暖かい春の気候も手伝って、家族連れが多かったです。くろんど池では、貸しボートに乗ったり、白鳥やカモに餌をあげたりすることが出来ます。

ap2.jpg

くろんど池駐車場からわんぱく砦を目指すトレッキング道を、詳しく写真付きでご説明いたします。というのも、どれくらい険しい道かがわからないと、この遊び場にチャレンジできるかどうか判断できないと思いましたので・・。
駐車場からトレッキング道に一歩踏み込むと、すぐに上記写真のように、山の真っ只中の道となります。ベビーカーでは、とても進むことはできません。


ap3.jpg

綺麗な水の流れる沢沿いにトレッキング道は続いてます。とても気持ちの良い道です。自然が恋しくなった時などに最高のお出かけ場所だと思います。上の写真は、駐車場からスタートして約10分くらいの所。

ap4.jpg

沢沿いを行くトレッキング道は、決して平坦ではなく、また、道も岩の上、階段、砂利道とバリエーションに富んでいます。これだけでも、一種のアスレチックのようなもので、体を動かす事が大好きな子供さんにはたまらないお出かけ場所になるでしょう。

ap5.jpg

沢を良く見ると、小さな魚もいます。このようなものを観察しながら歩くと、時間がたつのも早く感じられるかもしれませんね。

ap6.jpg

駐車場から約20分歩くと綺麗な道に出ます。ここは歩きやすいですね。

ap7.jpg

道沿いには、綺麗な沢が流れてます。本当に水が透き通ってます。

ap8.jpg

しばらく行くと、休憩所に辿り着きます。ここには、綺麗なトイレとインフォメーション、ジュースの自動販売機がありました。ジュース代は140円と観光地価格となっております。

ap9.jpg

休憩所の傍にはスイレン池があります。傍らには屋根付きの休憩施設があり、お弁当を食べるのに便利な場所でしょう。スイレン池には大きな鯉が住んでいました。

ap10.jpg

スイレン池からの分岐路。中央の階段を登って行くと、大変な障害物が立ちはだかってますが、わんぱく砦へ辿り着く事が出来ます。ちなみに、右の道からでもわんぱく砦へはいけますので、中央の階段を上った先の障害物を突破する自身のない方は、迷わず右の道をお進み下さいませ。


ap11.jpg

これが中央の階段の先に待ち構えている障害物「岩登り」です。ものすごい高所で、絶壁に張られたチェーンをよじ登らなければなりません。小学生以上でなければきついかもしれません。私の3歳の息子は無謀にもこの「岩登り」にチャレンジしてました。が、私が子供の下にピッタリついて、子供を上に押し上げる形で、なんとか突破できたと言った感じでした。

ap12.jpg

いまでも、3歳の私の子供がよくここを登れたなあと、不思議に思えるほど、大変な急斜面です・・・。

ap13.jpg

岩登りを突破すると、上の写真のような階段の斜面を登っていく事となります。この時点で、駐車場をスタートして35分くらい経過していました。

ap14.jpg

階段を登っていた後、上の写真のような展望台に到着します。

ap15.jpg

展望台周囲の景色です。本当に山の中です。

ap16.jpg

展望台を越えると下り坂となり、坂をしばらく歩くと、きれいな道に合流します。この道の斜面を登っていくと、ようやく草原広場、わんぱく砦へ到着できます。
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その2)
施設情報  →公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

大阪府民の森 くろんど園地 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

大阪府民の森 くろんど園地

【お出かけ体験レポート(その2)


ap17.jpg

上の写真が草原広場です。駐車場から45分の道のりでした。3歳の子供と一緒だったので、これくらいの時間がかかってしまいましたが、小学生くらいであれば、30分くらいのきょりでしょうか。

ap18.jpg

草原広場の中央にあるわんぱく砦。上の写真は砦の一部である木で作られた迷路。

ap19.jpg

上の写真のような通路で迷路が作られてます。

ap20.jpg

迷路の中には、このような木のトンネルを越えなければいけないポイントがあります。

ap21.jpg

上の写真のような横木の障害物を超える必要もあります。大人にはきつい障害物です。

ap22.jpg

迷路を越えると船の形をしたアスレチック遊具が見えてきます。

ap23.jpg

上の写真が船のアスレチック遊具の外観写真。

ap24.jpg

船型のアスレチック遊具には、上の写真のような丸太渡りの遊具が併設されています。この遊具は小学生以上が対象ではないでしょうか。というのも、丸太間の間隔が広く、この間から小さな子供が落ちたら、大怪我をすることになるからです。

ap25.jpg

船型のアスレチックの側面位置の様子。

ap26.jpg

船型のアスレチックの最上部の写真。

ap27.jpg

船型のアスレチックには、上のようなアスレチックも設置されてます。

ap28.jpg

船型のアスレチックの横には、モンキーロープが設置されてます。

ap29.jpg

また、上の写真のようなブランコもあります。

ap30.jpg

チェーンのアスレチック遊具もありました。こちらも小学生以上が対象でしょうか。

(お出かけ日:2007年4月14日)


【感想】

●遊具で遊んだと言うよりは、山道を歩いたという印象の方が強かったです。歩く事が嫌いな子供には、大変ハードなお出かけポイントでしょう。小学生以上が対象の遊び場ではないでしょうか。

<滞在時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その1)
施設情報  →公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

淡路島公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

淡路島公園

【お出かけ体験レポート(その1)】


3歳の子供と2人で、淡路島公園へお出かけして来ました。ゴールデンウィーク1日前にも関わらず、公園内には、あまり人がいませんでした。貸しきり状態に近い感じでした・・・。

ar1.jpg

淡路島公園は、神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリアにあるハイウィエオアシスに隣接してます。まずは、淡路サービスエリアを訪問してみました。ここには、大観覧車が設置してあり、明石大橋が一望できます。

ar2.jpg

上の写真のように、淡路サービスエリアからは明石大橋が綺麗に一望できます。デートにも最高のお出かけスポットでしょう。
淡路島公園へはハイウェイオアシスから徒歩で行けますが、子供の遊具が集まった交流ゾーンへは20~30分かかるので、一旦、淡路インターを出て、一般道でF駐車場を目指す事にしました。

ar3.jpg

F駐車場のそばにある芝生広場。本当に広いです。ボール遊びも思いっきり出来そうです。

ar4.jpg

芝生広場の横には噴水があります。霧吹きも出ていて、夏場には気持ちがいいでしょう。水深も10cm程度と浅いため、小さい子供も水遊びできそうです。

ar5.jpg

噴水から流れ出た水は、上の写真のような人工沢を形成してます。水自体は綺麗なので、気兼ねせず子供に水遊びをさせることができます。水深も足首程度と浅いです。

ar7.jpg

上の写真は、人工沢が激流となっているポイント。水の流量が多いので、迫力満点です。夏場は人気の遊び場ポイントの1つとなるでしょう。

ar6.jpg

人工沢が最後に流れ込む水溜りポイント。ここは、「水の遊び場」のメインポイントです。水溜りの中に多数の遊具が設置してあり、夏場のお出かけスポットとしては最高でしょう。水深は約10cm程度で、小さい子供さんも問題なく水遊びが出来るでしょう。

ar8.jpg

上の写真は、縄のハシゴ。誤って落ちると、水の中へ。下には、緩衝材が敷いてあります。夏場は、水着を持って、お出かけした方がいいでしょう。但し、更衣室は無いですが・・。

ar9.jpg

木のアスレチック。これも誤って落ちると水の中です。

ar10.jpg

シーソーもあります。その隣には、大きな水鉄砲が設置してあります。

ar11.jpg

水鉄砲は、足でペダルを踏む事により、水が噴出す仕組みになってます。

ar12.jpg

水上に架けられた丸太橋。

ar13.jpg

もう一台ある水鉄砲。

ar14.jpg

水の遊び場内には屋根のある領域もあり、日差しが強いときには、この下で遊ばせてもいいでしょう。
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その2)
施設情報  →公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

淡路島公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

淡路島公園

【お出かけ体験レポート(その2)】


ar15.jpg

水の遊び場の傍にある休憩スペース。親御さんが、水の遊び場で遊んでいる子供を見ながら、休憩する事も可能です。ジュースの自販機も設置してあります。

ar16.jpg

こちらは、木の遊び場にある船を模擬した遊具。

ar17.jpg

木の遊び場には、ローラー滑り台が2種類設置してあります。1つ目のローラー滑り台の乗り口への階段は、灯台を模擬した上の写真の建物内にあります。

ar18.jpg

灯台を登ると、ローラー滑り台の乗り口は、高い方と低い方の2ヶ所あります。
こちらは高い方の乗り口からの写真。

ar21.jpg

これがローラー滑り台のゴール地点。砂場がゴールになってます。真ん中2本が灯台からのローラー滑り台です。両サイドの2本は、砂場に隣接した階段を登りスタートしたローラー滑り台で、高低差があまり無いので小さい子供さん向けです。

ar25.jpg

ローラー滑り台用の敷板(ビーチ板のようなもの)も常設してあります。お尻が痛いので、これを敷いて滑る事をオススメします。

ar22.jpg

上の写真は船を模擬した遊具へ登る揺れる木の橋。船への乗船タラップを模擬しているのでしょう。

ar23.jpg

船の遊具に架かる滑り台。船の遊具の周囲は砂場になってます。

ar24.jpg

上の写真のようなネット遊具もあります。

ar26.jpg

船の遊具に架かるネット橋。

ar27.jpg

このようなネット遊具も張り巡らされてます。

ar28.jpg

船の遊具の上からは、上の写真のような池が見えます。本当に自然の溢れる場所に作られた公園です。

ar29.jpg

船の遊具に隣接して設置されている石の滑り台。

ar30.jpg

船の遊具の反対側からの写真。

ar31.jpg

船の遊具に張られていた注意書き。毒性の強いセアカゴケグモが芝生広場等で発見されたとの事。クモにはご注意を。
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その3) →体験レポート(その1)
施設情報  →公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

淡路島公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

淡路島公園

【お出かけ体験レポート(その3
)】

ar32a.jpg

こちらは、船の遊具の隣にある小さい子供用の遊具。シーソーや滑り台、ブランコなどがあります。

ar32.jpg

このような石の滑り台も設置されてます。

ar20.jpg

小さい子供用の遊具の隣には、この公園の最大の目玉スポット、「急流スライダー」(ローラー滑り台)のゴール地点があります。この「急流スライダー」は、とてつもないスピードが出て、迫力ありまくりです。小さい子供さんにはムリでしょう。
「急流スライダー」の乗り口へは、2通りのルートがあります。アスレチック遊具を通るルートと、ネット遊具を通るルートです。

ar33.jpg

こちらは、アスレチック遊具を通って、急流スライダーの入り口へ通ずるルートの入り口です。

ar44.jpg

1つめのアスレチック遊具。蛇行する平行棒です。

ar45.jpg

樽の障害物。

ar46.jpg

ネットの橋。

ar47.jpg

平行棒の道。この平行棒の上を歩く事を意図しているのだと思いますが、小さい子供さんにはムリでしょう。

ar48.jpg

これも小さい子供さんは無理かもしれません。

ar42.jpg

複合の障害物。

ar41.jpg

ネットの障害物。

ar40.jpg

くぐり板。板と板の間の踏み台はバネで固定されており、グラグラ揺れます。

ar39.jpg

こちらがアスレチックルートのゴール地点。鐘を鳴らす事ができます。
このゴール地点の前方に、「激流スライダー」の入り口があります。激流スライダーを滑る時には、常設の敷板を敷く事を強くオススメします。
体験レポート(その4) →体験レポート(その2)
施設情報  →公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

淡路島公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

淡路島公園

【お出かけ体験レポート(その4)】


ar34.jpg

上の写真は、激流スライダーの乗り口への2つめのルートであるネット遊具ルートのスタート地点。このようなネット遊具が、この先、多数待ち構えてます。

ar35.jpg
ar36.jpg

リンゴの木を模擬したネット遊具。

ar37.jpg

ネット遊具の集合体です。この規模には圧倒されます。ネット遊具の間を激流スライダーが通ってます。

ar38.jpg

こちらが激流スライダーの乗り口。

ar43.jpg

激流スライダーのスタート地点からの写真。この先、かなりの距離を滑る事になります。傾斜がキツク、凄いスピードの出るポイントも何ヶ所かあります。また、波のように上下に揺られる箇所もあり、迫力満点です。大人の叫び声が何回も聞こえてきました。遊園地のジェットコースターと遜色ないほどの楽しさです。カップルのデートスポットとしてお出かけしてもいい場所です。

ar19.jpg

木の遊び場には、上の写真のような海賊砦もあります。

ar53.jpg

海賊砦の一番上にある展望スペースへは、ネット遊具をつたって行く必要があり、小さい子供さんには無理かもしれません。展望スペースからは、木の遊び場の全容を眺める事が出来ます。

ar54.jpg

海賊砦には多くのネット遊具が設置してあります。

ar55.jpg

海賊砦の真下にあるネット遊具。

ar56.jpg

海賊砦へ上がる階段ハシゴ。

ar57.jpg

このようなネット遊具もあります。

ar58.jpg

海賊砦には上の写真のような滑り台もあります。この滑り台の途中の傾斜角度は、ほぼ直角と思えるほどきついです。

ar59.jpg

ターザンロープも2機、設置してあります。

ar60.jpg

大砲を模した遊具。小さい子供さん向けです。

ar61.jpg

これは海賊砦への入り口です。

ar49.jpg

最後に、石の遊び場へ行ってみました。石の遊び場へ近づくにつれて、大きな石が道の横にゴロゴロと見られるようになってきます。

ar51.jpg

石の遊び場には、大きな石が積み上げられた場所があります。ここから、横にある野外ステージが一望できます。

ar52.jpg

積み上げられた石の中を通る通路もあります。石の遊び場には、子供の遊べる場所はそんなに多くないです。やはり木の遊び場と水の遊び場が子供の遊び場としては中心となるでしょう。

(お出かけ日:2007年4月27日)


【感想】

●とにかく広い公園でした。また、遊具の数も関西でトップレベルだと思いました。ランチを芝生広場で食べる等していれば、1日いることも可能でしょう。ただ、近くには売店が無いので、到着前に購入しておく必要があります。

●遊具には対象年齢を示すシールが貼られているので、それを見ながら子供さんを遊ばせてあげてください。

●場所が淡路島にあるということも起因しているのかもしれませんが、人が少ないことも魅力の一つです。各遊具はほとんど貸し切り状態でした。

●すぐ傍にある国営明石海峡公園と併用して、1泊旅行を楽しむ事も出来ます。

<滞在時間> 4時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート3
施設情報  →公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

深北緑地 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

深北緑地

【お出かけ体験レポート(その1)】


3歳の子供と2人で、深北緑地へお出かけして来ました。4月からゴールデンウィークにかけて、休日においては駐車場が満車になる事が多く、駐車できるか心配しましたが、到着した時間が15時30分と遅かった事もあり、なんとか第1駐車場に駐車できました。

aq1.jpg

第1駐車場から見えているのが、ロケット広場です。芝生に囲まれた広場です。

aq2.jpg

上の写真のような芝生が広がっており、レジャーシートを広げている人も多く見受けられました。

aq3.jpg

棒の上でバランスを取りながら進む棒と、ぶら下がりながら進むアスレチック。

aq4.jpg

こちらがメインの遊具。ジャングルジムとトンネル滑り台、ネットトンネル等で構成されてます。遊具は砂場に作られており、子供が怪我しにくい配慮が為されてます。

aq5.jpg
aq6.jpg
aq7.jpg

このジャングルジムは6歳以上が対象でした。トンネル滑り台の乗り口へは円柱状のハシゴを上がっていく事になるのですが、このハシゴは6歳以上でないと登れないような感じでした。

aq8.jpg

ジャングルジムの中には上の写真のような遊具も設置されてます。子供を座らせて、親がクルクル回してあげるものです。

aq9.jpg

飛び跳ねるととても楽しいグラグラ橋。

aq10.jpg

オーソドックスにブランコもあります。周囲はお砂場です。

aq11.jpg

ネットの橋も付いてました。どちらかというと、小さいお子様向けでしょうか。

aq12.jpg

砂場の中のシーソー。

aq13.jpg

上の写真のような筒状のトンネルも設置してあります。

aq14.jpg

トンネルは全部で4本あったと思います。上の写真は、比較的に長い方のトンネルです。私の子供は、このトンネル内を走り回ってました。

aq15.jpg

上の写真は幼児用の滑り台です。

aq16.jpg

バランスブロックもあります。このようなものでも、子供にとっては楽しい遊び場のようです。

aq17.jpg

こちらは小さい子供用のジャングルジム。

aq18.jpg

上の写真のような花壇もあります。綺麗だったので、写真を撮ってしまいました。

aq19.jpg

次に、とりで広場へ移動することにしました。ロケット広場ととりで広場を徒歩で移動すると、子供の歩くスピードで変わりますが約10~20分程度でしょうか。途中、上の写真のようなスケボーを楽しめるスペースがありました。
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その2)
施設情報  →公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

深北緑地 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

深北緑地

【お出かけ体験レポート(その2)】


aq20.jpg

上の写真は、とりで広場横にある小さい子供用の遊具。小さい滑り台と筒状滑り台が見えます。

aq21.jpg

上の写真で、広場の向こうに広がっているのが「とりで広場」の砦。

aq22.jpg

これが砦の入り口。


aq24.jpg

とりでの入り口をくぐるとネットジャングルジムが見えてきます。

aq25.jpg

上の写真のようなネット遊具もあります。

aq26.jpg

幅広滑り台も設置されてます。

aq27.jpg

ネット橋もありました。

aq23.jpg

上の写真は、砦に併設された遊具。

aq28.jpg

この遊具には、上の写真のようなメットトンネルが多く造られています。対象年齢は6歳以上です。

aq29.jpg

次に恐竜広場へ向かいました。とりで広場から恐竜広場まで徒歩で10分程度でしょう。その移動中には、広い広い芝生広場が広がってます。ボール遊びにお出かけするには最適でしょう。

aq30.jpg

上の写真が恐竜広場の様子。この広場のランドマークである恐竜が見えています。

aq31.jpg

上の写真が恐竜の尾に当たる部分に造られた石の滑り台です。

aq32.jpg

恐竜の横には、上の写真のような広い石の滑り台があります。その奥には、船型の遊具が設置してあります。船型の遊具はモンキーロープのスタート地点になってます。

aq34.jpg

船型の遊具には、上の写真のような滑り台も設置してあります。滑りはいまいちでした。

aq33.jpg

上の写真は恐竜広場に設置してある他の遊具。

aq35.jpg

こちらの遊具にも滑り台が設置されてます。

aq36.jpg

ゆれる木の橋も掛かってます。

aq37.jpg

ネット遊具も設置されてました。

(お出かけ日:2007年4月15日)

【感想】

●とにかく広い緑地でした。遊具間の移動についてはそれなりの距離がありますが、気持ちの良い公園内の移動ですので、たいして気になりませんでした。3ヶ所合わせれば、遊具の数はそれなりに有り、ランチを芝生広場で食べる等していれば、1日いることも可能かもしれません。ただ、駐車料金が1時間毎上がっていくのが気になりますが・・。

●各遊具には対象年齢を示すシールが貼られているので、それを見ながら子供さんを遊ばせてあげてくださいませ。

<滞在時間> 4時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その1)
施設情報  →公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

国営明石海峡公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

国営明石海峡公園

【お出かけ体験レポート(その1)】


家族で国営明石海峡公園へお出かけしてみました。天気の良いゴールデンウィーク初日とうこともあり、人で溢れ帰るのではと心配しましたが、公園自体が非常に広いことも有り、人がさほど多いように感じませんでした。

at0.jpg

これは東浦口ゲートの写真。ウェスティンホテルに近接した方の入り口。美しい花で装飾されてます。

at2.jpg

上の写真は、公園の東浦口ゲートやウェスティンホテルに隣接した「貝の浜」。水深10cmくらいの水溜りの中に花が飾られており、とても美しい様相を呈してます。このエリアは無料で鑑賞できます。貝の浜の奥側の建物は、食事等ができるエリアとなってます。国営明石海峡公園は再入場が可能であるので、お昼時に一度、公園を出て、このエリアで昼食を取りました。

at3.jpg

「貝の浜」の目の前は、ロードトレインの停留所になってました。このロードトレインは、国営明石海峡公園の東浦口ゲートと公園の北側の山の中腹に広がるプロムナードガーデンを結んでいます。約15分の汽車の旅です。子供には大人気です。ただ、連休中等のイベント日にのみ運行しているようなので、乗車希望の方は、事前に公園へ直接お聞きくださいませ。

at1.jpg

これは、東浦口ゲートをくぐってまず最初におで迎えしてくれるタコの花人形。その周囲は多くの花でデコレーションされており、本当に綺麗です。写真を撮るスポットになってます。

at4.jpg

こちらは、東浦口ゲートの傍にある花の中海。スワンボートで遊ぶことも出来ます。1回30分間で、中海を一周する要領です。スワンボートの操縦は中々難しく、また、航路の一部は水路のように細くなっている所もあり、船で探検している感じで中々面白いです。子供にはたまらない遊具になるでしょう。また、説明員のおじさんの説明の仕方が中々味があって、面白いですよ。家族で体験してみる事をオススメします。

at5.jpg

花の中海の周囲は多数の花壇で彩られています。私が訪問した時は、チューリップが咲き乱れ、目が痛くなるほど色鮮やかなじゅうたんが広がってました。なんだか天国に来た気分でした。女性(OLさん)のお出かけスポットとしても最高なのではないでしょうか。

at6.jpg

チューリップの花壇。いろいろな色のチューリップがありました。

at7.jpg

あひるさんのデコレーションもありました。なんだかとても可愛いです。
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その2)
施設情報  →公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

国営明石海峡公園 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

国営明石海峡公園

【お出かけ体験レポート(その2)】


at11.jpg

ここからは公園のほぼ中央に位置する「子供の森」の遊具の紹介です。
子供の森は4階建ての建物で構成されています。この建物には上の写真のようなジャングルジムや滑り台等、さまざまな遊具が設置されてます。

at8.jpg
at17.jpg

ローラー滑り台も2台設置されてます。

at10.jpg

雲を模擬したクッション遊具。

at13.jpg

建物内は、上の写真のような階段やハシゴが多数設置されてます。

at12.jpg

頭を打って怪我をしないように、ヘルメットを被るように指示されてます。ヘルメットのデザインはウルトラマンやドラえもんなどあり、子供に人気です。

at15.jpg

これが建物の4階の写真。広いスペースがあり、走っても問題ありません。

at9.jpg

隣接して、ターザンロープもあります。

at16.jpg

ちょっとした水遊びが出来るスペースもあります。水深10cm程度で、小さな子供さんでも十分遊べます。夏場のお出かけスポットにもなるでしょう。
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その3) →体験レポート(その1)
施設情報  →公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。