関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<遊び場ガイド>

子どもと家族一緒にお出かけした関西遊び場スポット紹介サイト 子供を持つ親が、休日、遊び場へお出かけする際にお役立てできるように、私が実際に遊び場へお出かけした際感じた点を豊富な写真+親視点コメントと共に、各遊び場毎に紹介
月別アーカイブ  [ 2011年12月 ] 
≪前月 |  2011年12月  | 翌月≫

スポンサーサイト


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【下部スポンサードリンク】

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<プール>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

★ビーチ・プール・スパ
<大阪>

ひらかたパーク ザ・ブーン
(枚方市) ☆☆☆☆
王仁公園プール(枚方市)       ☆☆☆☆ 体験レポート
鶴見緑地プール(鶴見区)       ☆☆☆☆ 体験レポート
万博プールガーデン(吹田市)       ☆☆☆☆
プールズ(コナミスポーツ) (港区)      ☆☆☆☆
久宝寺緑地プール(八尾市)      ☆☆☆
浜寺公園プール(堺市)         ☆☆☆☆
スパワールド(浪速区)           ☆☆☆☆☆ 体験レポート
西河原市民プール(茨木市)      ☆☆☆☆ 体験レポート
服部緑地ウォーターランド(豊中市) ☆☆☆☆
南港魚つり園(住之江区)        ☆☆☆ 体験レポート
田尻海洋交流センター(泉南郡)   ☆☆☆ 体験レポート

<京都>

太陽が丘ファミリープール
(宇治市) ☆☆☆☆
八丁浜(浅茂川)海水浴場(京丹後市)☆☆☆☆ 体験レポート

<奈良>

三郷町ウォーターパーク(生駒郡)  ☆☆☆☆

<兵庫>

デカパトス
(東灘区)           ☆☆☆☆
アマラーゴ(尼崎市)            ☆☆☆☆
アジュール舞子(垂水区)       ☆☆☆☆ 体験レポート
リゾ鳴尾浜(西宮市)           ☆☆☆☆
姫路市民プール(姫路市)       ☆☆☆☆
新舞子潮干狩場(たつの市)     ☆☆☆ 体験レポート
兵庫県立いえしま自然体験センター(姫路市)☆☆☆☆

<滋賀県>

ミシガンクルーズ(大津市)      ☆☆☆ 体験レポート
醒井養鱒場(米原市)          ☆☆☆☆ 体験レポート 

<その他>

御殿場海水浴場
(三重県津市)    ☆☆☆☆ 体験レポート
海ほおずき(三重県)           ☆☆☆☆ 体験レポート 
子供とお出かけ・家族でおでかけ<ビーチ・プール・スパ>  ホーム

【下部スポンサードリンク】

スポンサーサイト

デカパトス <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

デカパトス

【お出かけ施設情報】

【住所】兵庫県神戸市東灘区向洋町中8-1
【電話番号】078-857-1170
【料金】大人:1,300円,中高生:900円,小学生:700円
    幼児(4歳以上):400円,高齢者(70歳以上):700円
【案内時間】10時~19時(9月平日は~17時)
【休み】期間中無休
【駐車場】1200台(500円/日)
【HP】
ホームページ
【map】地図

「ア プール内には無し。プールの外に有り
フォークとスプーン フードコーナーが有り
onigiri 不可
アップロードファイル 基本的に屋外だが、可

【お出かけポイント】

●六甲ライナー南端の市有地1.8ヘクタール(甲子園球場1.5個分)の広大な敷地にできた、流水プール・スライダー・造波プールなど、7つのプールで構成される娯楽施設。ちなみに建設費は13億円。隣接して、人工芝コート3面を備えたフットサルゾーン、インラインスケート・BMX・スケボーが楽しめるスケートパークなどを備える。

●小さい子供には遊具プールがお薦め。小さな滑り台や色々な仕掛けがあり、小さな子供さんが楽しめるようになってます。てっぺんの樽に水が溜まると一気に大量の水が落下してきます。落下前に、監視員が笛を吹くので、その笛の音を聞くと、一斉にみんなは逃げ出します。水深は一番深くても50cm程度。

●ウォータースライダーは2種類完備。浮き輪に乗るタイプと身一つで滑るタイプの2種。どちらも迫力満点です。身長120cm以下、体重80kg以上の場合、利用できません。

●造波プール(水深0~130cm)、流水プール(水深100cm)共にそんなに深くなく、子供連れでも問題なく入れると思います。但し、造波プールでは浮き輪以外の浮き具の使用は禁止、流水プールでもエアーマット等の大型浮き具の使用は不可となってます。

●その他、ジャグジーもあり、冷えた体を温める事も出来ます。

●飲食については、園内のフードコーナーで購入し、芝生広場(ビーチパラソル、テーブルがある)で食べることになります。

●ロッカーは大型400円・小型300円で、利用終了後100円払い戻しされます。ロッカー利用中は何度でも開け閉めできます。

●水泳用の帽子は着用しなくても問題ありません。

●日差しの強い日にはプールサイドのタイルが熱くなるので、ビーチサンダルも持って行ったほうがいいでしょう。
<滞在目安時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
プール・スパメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ひらかたパーク ザ・ブーン <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ひらかたパーク ザ・ブーン

【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府枚方市枚方公園町1-1
【電話番号】072-844-3475
【料金】・大人 1900円、子供(3歳~小学生) 1300円 ※日・祝・お盆は200円増し
     15時以降は、大人500円引、子供300円引

【案内時間】10時~17時(7月中旬~9月上旬)
【休み】夏休み期間中無休、それ以外の期間は火曜
【駐車場】1300台(1500円/日)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 案内所無いに授乳室有り
フォークとスプーン フードコーナーが有り
onigiri プールサイド可
アップロードファイル 基本的に屋外だが、可

【お出かけポイント】

●ひらかたパーク内に夏場にできるプール。「ザ・ブーン」は、全長210mの巨大流水プール・ドンブラーをはじめ、なぎさプール、キディープールなど、変化に富んだ遊び心満点の水遊び施設。良質な井水を使用しているので、水のきれいなプールです。

●プール内には4本のウオータースライダーを完備(内2本は有料)。トンネルや滝のある全長185mのコースを浮き輪で滑り下りる「キャニオンライド」は特に迫力満点です。小さい子供には迫力がありすぎて、使用不可能かもしれません。


●幼児向けのプールとしては、キディープールがあります。水深25~45cm。滑り台や放水管などの遊具も揃っていて、小さい子供さんは夢中になって遊べるかも。

●幼稚園児にはわんぱくプールがお薦め。こちらのプールは、噴水や滑り台などのアスレチック的なプール。小さい子供さんが楽しむには十分です。

●流れるプールのドンブラーは、水深1mで、家族連れにも配慮したものとなってます。途中、噴水や浅瀬などがあり、子供さんにも楽しめるプールです。

●なぎさプールは、奥に行くほど深くなるプールですが、一番深いところでも水深1m。ジェットブローで水面が泡立つエリアもあり、子供さんも楽しめます。

●コインロッカー使用料は400円(何度でも開閉可)。使用後に100円返却されます。

●温水シャワーやドライヤー等も設置されてます。
<滞在目安時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
プールメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

王仁公園プール <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

王仁公園プール

【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府枚方市王仁公園1-1
【電話番号】072-858-3000
【料金】
大人(高校以上) 900円(14時以降600円)
    
子供(中学~小学生) 600円(14時以降300円)
【案内時間】平日:10時~17時、土日祝お盆(8/12~16):9時~17時
【開園期間】7月1日~8月30日
【休み】無休
【駐車場】250台(無料)
【HP】
ホームページ
【map】地図

「ア 無し
フォークとスプーン フードコーナーが有り
onigiri プールサイド可
アップロードファイル 基本的に屋外だが、可

【お出かけポイント】

●大阪府枚方市にある市営のプール。「王仁」と書いて「わに」と読みます。子ども用プール、造波プール、流水プール、50Mプールの4つのプールがあります。平成13年にリニューアルしました。浮き輪も持込OKです。

●子供用プールは、水深10~50cmで、小さい子供さんにも安全な造りになってます。滑り台も1台設置されており、子供が楽しそうに滑ってました。

●造波プールは奥に行くほど深くなるプールで、波の高さは20~50cmです。浮き輪も持ち込み可なので、小さい子供も楽しめます。

●流水プールは、水深100cmで、小さい子供は足がつきませんので、親がサポートしてあげる必要があります。浮き輪の持込が可なので、浮き輪で浮かんでいるのもいいかもしれません。


●コインロッカー使用料は50円
で、使用後に返却されます。

●プール内にはフードコートと飲食スペースがあります。プールサイドでも飲食可能です。

●料金が安い割りに、プール設備が充実しているお得感から休日には混雑し、駐車場待ちも発生しますので、午前中に到着する事をおすすめします。
先日、王仁プールにお出かけした際は、プールに近い方の駐車場については、朝9時15分の時点で満車になっていました(9時オープンなのに・・・・)。。少し離れた駐車場ならまだ空いていたので、そちらに駐車しました。でも、その駐車場からでも、プールまでは歩いて5分程度の距離です。
<滞在目安時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
お出かけ体験レポート  →
プールメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

アマラーゴ <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

アマラーゴ

【お出かけ施設情報】

【住所】兵庫県尼崎市扇町14-1
【電話番号】06-6412-1639
【料金】大人 1,200円、高・中学生 800円、小学生 600円
【案内時間】9時~19時(7月上旬~9月上旬)
【休み】無休
【駐車場】1000台(無料)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 有り
フォークとスプーン フードコーナーが有り
onigiri 不可
アップロードファイル 基本的に屋外だが、可

【お出かけポイント】

●アマラーゴは、専用の大型チューブに乗って滑り降りるスライダー「リバーライド」と10m以上の高低差を描きながら滑降するスライダー「ボディスライダー」の2本のウォータースライダー、子供達が楽しめる遊具プール、波の出る造波プール、造波プールと一体式の流水プールなど、様々なタイプのプールが設置されており、元気な子供を連れた親子連れもお出かけスポットとして楽しめること間違いなしです。

●園内には2本のウオータースライダーを完備。長さが共に100m前後もあり迫力満点です。小さい子供には迫力がありすぎて、使用不可能かもしれません。身長120cm以下の方は使用不可です。また、体重制限もありますので、事前にHPでご確認くださいませ。


●幼児向けのプールとしては、遊具プールがオススメ。水深50cm以下。水鉄砲や噴水、滑り台、トンネルなど子供たちが喜ぶアイテムがいっぱいです。パイプについているバルブを回すと、思いもかけないところから、水が噴き出します。また、頭上には桶があり、水がたまると一気にこぼれ落ちてきて、迫力満点です。

●じゃぶじゃぶ流水プールは造波プールとつながってます。子どもも安心して楽しめるよう、水深を1.0mに抑えるなど安全面への配慮も万全で、ゴムボートや浮き輪も使用可なので、ファミリーでも楽しめます。

●コインロッカー使用料は300円です。

●アマラーゴは「尼崎スポーツの森」内にあり、隣接して森の子供広場(入場料200円)等子供の遊べそうな施設もあります。
<滞在目安時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
プールメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

鶴見緑地プール <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

鶴見緑地プール

【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府大阪市鶴見区緑地公園1-37
【電話番号】06-6915-4721
【料金】大人(高校生以上)1,200円
     小中学生・65歳以上 600円

【案内時間】3月~10月 9:00~21:00(入場は20:00まで)
       11月~2月 9:00~19:00(入場は18:00まで)
       通年営業

【休み】毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始
    夏休み期間中は無休
【駐車場】649台(350円/時間)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室有り
フォークとスプーン 軽食コーナー有り
onigiri テーブルのあるエリア及び屋外で可
アップロードファイル 基本的に屋内プールなので問題なし

【お出かけポイント】

●市営の屋内プールであり、通年、泳ぐ事が可能です。日差しが強い夏場にも、日焼けを気にする必要がないので、女性には嬉しいプールかもしれません。ちなみに、6月中旬~9月下旬のハイシーズンには、屋外プールもオープンします。

●施設内には、造波プールや流水プール、全長77mのウォータースライダーなど8種類のプールがあります。小さな子供さんには、水深0~50cmの子供プールやじゃぶじゃぶ池がオススメです。また、小さい子供(幼児)でも楽しめるウォータースライダーやウォーターガンなどもあります。夜には、天井に星空や鯨が映し出され、幻想的な雰囲気になりますよ。


●泳ぎ疲れた方には、2階にあるジャグジーやスリーピングプールがオススメです。

●軽食コーナーでは、うどんやスパゲティ、たこ焼き、お菓子等の食べ物、また飲み物も売っており、食べ物飲み物を持参しなくても問題無いかもです。

●休日はとても混雑します。ロッカー数以上の人数は入場制限されるため、朝一の9時には到着できるようにお出かけすることをオススメします。

●更衣室のロッカーは無料です。シャワー室やドライヤーもあります。ロッカーキーを使って施設内の自販機や売店で飲食物の購入ができるので、プール内でお金を持参する必要はありません。
<滞在目安時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
プールメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

万博プールガーデン <子供とお出かけ・家族とおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

万博プールガーデン

【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府吹田市千里万博公園1-1
【電話番号】06-6877-0560
【料金】平日:800円 土日祝:1,200円
【営業期間】7/14~9/10
【案内時間】9:30~17:30
【休み】期間中は基本的に無休(整備等で休園の場合もあるため、おでかけ前にご確認くださいませ)
【駐車場】3000台(1200円/日)
【HP】
ホームページ
【map】
地図


「ア 授乳室有り
フォークとスプーン レストラン、フードコート有り
onigiri 可
アップロードファイル 基本的に屋内プールなので問題なし

【お出かけポイント】

●吹田にあるリゾート風プール。屋外プールなので、日焼け止めクリームを付ける事をお忘れなく。

●全長230mの流水プール(水深90cm)や、渚プール(水深0~90cm)があります。また、注目は、頂上の大きな樽から約3トンの水がいっきに流れ落ちる”レインフォートレス”。ここには、42mのウォータースライダーやすべり台なども多数設置してあり、頭上の樽から水がいつ落ちてくるかドキドキしながら滑るのが楽しいです。但し、レインフォートレスは3歳以下は利用できません。


●小さな子供向けには、キッズプールがオススメです。最大水深は20cmなので、小さな子供さんにも安心です。ここには、滑り台や噴水、水ピストル、巨大シャワーなど子供心をくすぐる細工が多数あります。

●やしの葉の屋根で作られた有料のサマーハウス(平日:1500円、休日:4000円)や、デッキチェア2脚とパラソル1本の設置されたスペシャルシート(平日:1500円、休日:3500円)もあり、家族連れにはオススメです。無料のパラソル&チェアもあるようですが、朝一番でないと確保困難です。

●休日はとても混雑します。ロッカー数以上の人数は入場制限されるため、朝一には到着できるようにお出かけすることをオススメします。

●親子セット券もあり、割安ですよ。
<滞在目安時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
プールメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

鶴見緑地プール <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

鶴見緑地プール

【お出かけ体験レポート(その1)】
鶴見緑地プールに家族でお出かけしてきました。
このプールは混みあって、入場制限がかけられることが多いようなので、
朝9時に到着できるように、お出かけしました。が・・・。

aw00.jpg

私が9時に到着してみると、上の写真のように、150mくらいの長い列が・・・。
開園前から列ができているとは・・。いやはや、凄い人気です。
とはいえ、9時についた事もあり、なんとか入場制限される事なく、入園できました。

aw01.jpg

ロッカーの写真です。ロッカーのお金は不要です。入園時にロッカーのカギを渡されます。
このカギについているIDで、プール内の食べ物等を購入でき、お金をプール内に持ち込まなくても良い仕組みになったます。すごく便利で、助かります。
更衣室には、シャワーやカーテン付き更衣室、ドライヤーなども完備されてました。

aw02.jpg

いよいよプールエリアに入ります。9時過ぎの時点で、すでに多くの人で賑わってます。
このプールは基本的に室内プールで、夏場だけ、室外エリアが開放されます。室内エリアにいれば、強い日差しをさえぎる事ができ、日焼けの心配をしなくて済むのはとても嬉しいです。

aw03.jpg

上の写真は、波のプール。波打ち際では小さい子供が楽しそうに遊んでいました。

aw05.jpg

波のプールには橋が架かっており、その先は、ウォータースライダーの乗り口となってます。
ウォータースライダーは身長120cm以上でないと体験する事ができません。

aw04.jpg

こちらは流水プールです。
途中、2箇所(夏場以外は1箇所)に滝が落ちてくる場所があり、子供たちも大喜びです。
また、細かい水が撒き散らされる場所もあり、こちらでも子供たちのハシャギ声が聞こえてきます。
夏場は、室外エリアへも流水プールが拡張されます。

下の写真は、上の写真の滝の裏側の様子です。

aw06.jpg

なんと滝の裏側に、ジャグジーがあります。
あまり大きくありませんが、とても暖かく、流水プールにつかりすぎて冷えた体を温める事ができます。

aw07.jpg

流水プールに架かる橋を渡ってみました。

(お出かけ日:2007年8月26日)


<滞在時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その2)
施設情報  →プールメニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

鶴見緑地プール <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

鶴見緑地プール

【お出かけ体験レポート(その2)】
鶴見緑地プールに家族でお出かけしてきました。

aw08.jpg

上の写真は、小さい子供向けのエリアです。
大きな水鉄砲や水シャワー、滑り台などがあります。

aw09.jpg

水鉄砲は大人気で、絶えず待ち行列ができてました。
ノズルを引くと、勢いよく水が放射されます。目の前の的を狙って、発射!

aw10.jpg

奥に見えるのが水色の滑り台。小さい子供が楽しそうに何度も滑ってました。

aw16.jpg

時々、近くの岩の上から間欠泉が吹き上がります。

aw11.jpg

こちらは流水プールです。夏場だけ、上の場所から屋外に出ることができます。
屋外部分にも滝が落ちてくる場所があり、子供たちもとても楽しんでました。

aw12.jpg

上の写真が流水プールの屋外エリア部分。

aw13.jpg

屋外エリアには、滝が流れ落ちる場所もあります。
この滝の水が流れ着くのが、幼児用の浅いプールです。
深さ20cm程度だったと思います。

aw14.jpg

こちらが幼児用のプール。プールというより水溜りでしょうか。

aw15.jpg

ちょっとした食事をするエリアもありました。

(お出かけ日:2007年8月26日)

<滞在時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その3) 体験レポート(その1)
施設情報  →プールメニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

鶴見緑地プール <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

鶴見緑地プール

【お出かけ体験レポート(その3)】
鶴見緑地プールに家族でお出かけしてきました。

aw19.jpg

上の写真中央がウォータースライダーの出口です。写真左上が乗り口です。

aw17.jpg

2階部分にはジャグジーや採暖室、また上の写真のような打たせ湯もありました。

aw20.jpg

こちらはジャグジーです。大人気でいつも埋まってました。

aw21.jpg

11時のプールの様子。流水プールが人だらけです・・。

aw18.jpg

11時の波のプールの様子。こちらも人だらけ・・。入場制限がかけられているようです。

aw22.jpg

プール内でジャンクフードを購入し、外の飲食エリアで空腹を満たす我が子。
お腹が空いていたのか、「美味しいね」を連呼してました。

(お出かけ日:2007年8月26日)

<滞在時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その2)
施設情報  →プールメニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

プールズ(コナミスポーツクラブ) <子供とお出かけ・家族とおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

プールズ(コナミスポーツクラブ)

【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府大阪市港区弁天1-2-3
【電話番号】06-4395-2619
【料金】大人(中学生以上) 1,800円
     小人(3才~小学生) 1,000円
     3才未満 無料
【営業期間】4月下旬 ~9月30日
【案内時間】10:00~20:30

【休み】木曜日(7/20~8/31の夏休み期間は無休)
【駐車場】1100台(駐車券お持ちの上、当施設利用の場合、2時間迄無料。それ以降15分100円)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室無し
フォークとスプーン プールサイド等に売店有り
onigiri 不可
アップロードファイル 基本的に屋内プールなので問題なし

【お出かけポイント】

●コナミスポーツが運営する屋外レジャープール。屋内なので、日焼けの心配はありません。

●無料のウォータースライダーが全部で4種類あります。身長120cm以上の制限があります。
あと、全長70mの空中を流れる透明プール(スカイリバー)や、渚
プール、子供用プール(小さい子供向けの急流すべりが2本あります)などがあります。

●泳いだ後に施設内のお風呂やサウナに入って疲れをとることができます。シャンプーやボディーシャンプーもあります。

ロッカーは使用料100円で、開け閉め毎に毎回100円がかかります。馬鹿らしいので、プール及び天然温泉に入るのならば、最初から考えて、ロッカーを利用した方がいいです。

●館内での持ち込みによる飲食は不可です。子供を撮影するためのカメラの持ち込みも禁止のようです。

●水遊び用紙オムツ、Tシャツなどの衣類を着ての入水は禁止されてます。

●大人平日1000円のキャンペーンと時々やっているようです。HPでご確認くださいませ。
<滞在目安時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
プール・スパメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

スパワールド <子供とお出かけ・家族とおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

スパワールド 世界の大温泉

【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-24
【電話番号】06-6631-0001
【料金】
☆平日
・3時間利用:大人(12歳以上)2,400円 / 小人(12歳未満)1,300円
・全日利用:大人2,700円 / 小人1,500円
 (10:00~翌8:45)
☆特別日(土日祝及び特別日)
・3時間利用:大人2,700円 / 小人1,500円
・全日利用:大人3,000円 / 小人1,700円
 (10:00~翌8:45)
☆AM0:00~AM5:00の入退館及び在館
・深夜料金として別途1,000円要

【案内時間】10:00~翌8:45
【休み】年中無休
【駐車場】310台(1時間200円、以降30分毎に100円)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室が4,6階の浴室内に有り
フォークとスプーン 3階にレストラン街有り プールサイド等にも売店有り
onigiri 不可
アップロードファイル 基本的に屋内なので問題なし

【お出かけポイント】

●通天閣と天王寺動物園のすぐ側にある世界11カ国16種の温泉を楽しめるスパリゾートです。大きなプールもあり、入場料金を払えば、両方楽しむ事ができます。

●8階のプールには、3種類のウォータースライダー(その内2種は有料)や全長約150mの流れるプール、楽しい仕掛けがいっぱいのキッズプールなどがあります。
有料の2つのウォータースライダーは、恐怖とスリル満点で大人気。土日は長蛇の列ができます。無料のウォータースライダーは全長100mもありますが、滑りがいまいちのようです・・。どれも身長120cm以上の制限があります。
流れるプールは深さ100cm程度です。その途中には洞窟があり、入り口には滝、途中には強烈なシャワーが仕掛けられており、洞窟から出てきたら頭から水浸しです。
キッズプールには、至る所から水が噴出している遊具が設置されており、滑り台もついています。5~10分おきに頭上の樽に溜まった水がひっくり返り、どっばーんと大量の水が頭上から落ちてくる様は迫力満点です。キッズプールの深さは、30cm程度です。
プールサイドには軽食コーナもあります。

●8階のプールの横には、ファミリースパがあり、家族みんなでお風呂に入る事ができます。屋外エリアもあり、隣の通天閣を望む事ができます。ファミリースパのエリアにはアルコールを売っているバーもあり、お父さんには大人気です。

●4階には古代ローマ様式の大浴場、ギリシャ様式のハーブ湯などヨーロッパ各地のお風呂が集められてます。6階にはイスラムの石風呂や日本のヒノキ風呂などアジア各国のお風呂が楽しめます。男性は、偶数月がヨーロッパのお風呂、奇数月がアジアのお風呂であり、女性はその逆です。

●ロッカーは使用料は無料です。使用時に100円を入れ、使用後、100円は返金されます。

●ジムが無料で使えます。ただし、シューズ要着用なので用意がない人はレンタル代200円がかかります。

●館内での支払いはリストバンドのIDで行うため、お金を持ち歩く心配はありません。

●タオル、シャンプー、浴衣は用意されてますので、持参する必要がありません。

●大人子供共に1000円のキャンペーンを時々やってます。HPでご確認後、お出かけくださいませ。
<滞在目安時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
体験レポート →プール・スパメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

スパワールド 世界の大温泉 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

スパワールド 世界の大温泉

【お出かけ体験レポート(その1)】

スパワールドが1000円キャンペーンをしていたので、子供とお出かけしてきました。

ax00.jpg

11:00に到着してみると、夏休み最終日と1000円キャンペーンが重なり、
スパワールドの入り口には100m近い待ち行列が・・・・。
しかし、入場制限には至っていなかったようで、効率良く約10分で館内へ入る事ができました・・。

ax01.jpg

更衣室で水着に着替え、エレベータに乗って、8階のプールへ直行です。
プールはすでに人で溢れかえってました・・。

ax02.jpg

ウォータースライダーの待ち行列です。30分待ちの表示が見えます。

ax06.jpg

上は流れるプールの様子・・。この流れるプールは全長150mもあります。
深さは約100cm程度あり、私の息子はずっと私にしがみついてました。

ax07.jpg

流れるプールの途中には洞窟があります。
洞窟の入り口では滝が落ちてきて、子供もカップルも大はしゃぎです。

ax08.jpg

上の写真は洞窟内のものです。頭上から大量の雨が降ってきて、
洞窟を出る頃には、頭から水浸しになります。
このエリアは水深も浅く、息子も自分の足で歩いて楽しんでました。

ax11.jpg

お昼時のプールの様子です。
この後、人はどんどん増えていき、流れるプールのこのエリアは、
人で詰まってしまう程でした。

ax09.jpg

上の写真はうずうずバーン。
高さ約10メートルのスタート台から暗いチューブの中をくぐりぬけると、
直径12mの巨大お碗の中へ突入し、ぐるぐると回りながら滑り落ちていくというスリリングなウォータースライダー。最大二人乗りの浮輪ボートなので、カップルや友達同士でも楽しめます。


ax13.jpg

上の写真のようにスライダー待ちの行列は途切れる事はなかったです・・。
カップルや高校生が多かったので、スライダーは大人気でした。

ax20.jpg

上の写真はぞくぞくバーン。傾斜はなんと70度もあります。
まっさかさまに落ちる感じです・・・。

(お出かけ日:2007年9月2日)


<滞在時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その2)
施設情報  →プールメニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

スパワールド 世界の大温泉 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

スパワールド 世界の大温泉

【お出かけ体験レポート(その2)】

スパワールドが1000円キャンペーンをしていたので、子供とお出かけしてきました。
以下写真は、キッズプールのものです。

ax19.jpg

キッズプールには、上の写真のようなウォータープレイシステム(ジャングルジム)が設置されてます。
とても滑りのいいトンネル滑り台があります。

ax10.jpg

ウォータープレイシステムは色々な場所から水が吹き出しています。
水の噴出す勢いは相当強く、それを触っているだけでも子供は楽しいようでした。

ax17.jpg

ウォータープレイシステムの一番上には樽が設置されており、
約5~10分毎に大量の水が一気に落下してきます。
その様子は迫力満点で、樽がひっくり返りそうになると、
ウォータープレイシステムの周りには人が集まってきます。

ax12.jpg

ウォータープレイシステムの横には水深20cm程度の水溜りがあり、
幼児が水遊びをしてました。

ax14.jpg
ax18.jpg

水溜りの横には滝も落ちてます。

ax15.jpg

水溜りには小さな滑り台も置いてあり、幼児も親の付き添いの下、
滑る事ができます。

ax16.jpg

亀さんも泳いでます。。。

(お出かけ日:2007年9月2日)

<滞在時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その3)  体験レポート(その1)
施設情報  →プールメニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

スパワールド 世界の大温泉 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

スパワールド 世界の大温泉

【お出かけ体験レポート(その3)】

スパワールドが1000円キャンペーンをしていたので、子供とお出かけしてきました。

下の写真は、無料のウォータースライダーです。
全長が100m以上もあります。

ax03.jpg
ax04.jpg
ax05.jpg

上の写真がスライダーの出口です。
衝突事故がないように、隔離されてます。

ax21.jpg

プールのある8階に隣接して家族風呂もあります。
水着を着て入浴するので、男女問わず、家族ではいる事ができます。
カップルにもいいのでは。。。

ax22.jpg

屋外スペースにもお風呂があり、通天閣を見渡す事ができます。
ビール等のアルコールを売っているバーもあり、お父さんに人気でした。

ax23.jpg
ax24.jpg

家族風呂のスペースは結構広く、ゆったりしてます。
マッサージエリアもあります。

ax25.jpg

午後4時にスパワールドを発ちましたが、その時間でも、人がどんどん入っていました。
1000円キャンペーン中は人ごみは覚悟しなければいけないかもしれません。

ax26.jpg

スパワールドのすぐ横は、フェスティバルゲートが。。。。
今は閉園してしまい、スパワールドの賑わいと対照的に閑散としていました・・・。

(お出かけ日:2007年9月2日)

<滞在時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その2)
施設情報  →プールメニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

アジュール舞子 <子供とお出かけ・家族とおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

アジュール舞子

【お出かけ施設情報】

【住所】兵庫県神戸市垂水区海岸通
【電話番号】078-706-2011
【料金】無料
【営業期間】こちらでご確認下さい
【案内時間】午前6時~午後11時
【休み】無休
【駐車場】400台(200円/時間)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室無し
フォークとスプーン 売店有り
onigiri 可(バーベキューは不可)
アップロードファイル 屋外のみ

水シャワー:無料 温水シャワー:100円

海の家:無し
脱衣所:2ヶ所有り
禁止行為:花火、バーベキュー、砂浜へのペットの持込、
       モリ・ヤスの携帯、釣り、ジェットスキー

【お出かけポイント】


●明石海峡大橋のたもとにある約800mの白砂の美しいビーチです。どちらかと言うと、子供を連れた家族連れが多いビーチです。

●公共施設の海水浴場であるため、大半の施設が無料です。日差しを遮る屋根付きのスペースも無料ですが、海水浴シーズンの休日は多くの家族連れで賑わうため、朝9時には、屋根付きスペースはすべてうまってしまいます。駐車場についても、休日の昼前には、駐車待ちの車の列が出来ますので、早めのお出かけをお勧めします。

●無料のシャワー施設やトイレはとてもきれいです。また、ビーチ隣の芝生公園スペースもとても綺麗でした。海の水、砂浜の砂もとても綺麗でした。ただ、海中には小石がたくさんあるため、少し、足が痛いかもしれません。かかとまで固定用の紐の付いているビーチサンダルを履いて、膿に入った方がいいかもしれません。

●電車の駅(JR神戸線 舞子駅、山陽電鉄 霞ヶ丘駅)からとても近く、電車でお出かけするのにも便利です。駐車場料金を気にせず、1日遊ぶ事もできますので。

●磯場もあり、石をめくると小さなカニやヤドカリがたくさん住んでいます。それらを掴まえるのも、子供にとってはとても楽しいイベントのようです。小さなバケツを持っていくと、磯遊びを充実させる事も出来ます。カニの餌を持っていってもいいかもしれません。また、シュノーケルを持参すれば、小さな魚も見られるようです。

●バーベキューは禁止です。

●近くにはマリンピア神戸(アウトレットモール)があります。帰りにこちらに立ち寄ってもいいかもしれません。
(記事作成日:2008年7月29日)

<滞在目安時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
体験レポート →ビーチ・プール・スパメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

アジュール舞子 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

アジュール舞子

【お出かけ体験レポート(その1)】

海の日を加えた3連休の初日に、子供を連れて、アジュール舞子に海水浴にお出かけしました。
以下、アジュール舞子の綺麗なビーチについて、写真つきで説明します。

9ビーチと明石海峡大橋

アジュール舞子海水浴場は、明石海峡大橋のそばに位置します。上の写真のように、ビーチからは明石海峡大橋の全様が見渡せます。

10子供と海水浴へお出かけ

砂浜へは、アジュール舞子の駐車場から歩いて3分程度の距離です。

12アジュール舞子ビーチの砂浜

アジュール舞子海水浴場の1つの特徴は、綺麗な白い砂浜です。一部、小石の多いエリアもありますが、総じて、白い印象であり、とても綺麗です。砂浜は全長800mもあります。

13アジュール舞子ビーチの砂浜

海は、防波堤と海中ネットで外洋と遮られており、危険な外遊魚が侵入してこない構造となっているようです。また、大きな波が打ち寄せる事も無く、小さな子供でも安心して海水浴を楽しめます。

14アジュール舞子の磯と堤防

砂浜の右端エリアは磯場となっており、海の生き物と戯れる事も出来ます。小さな石をめくると小さなカニやヤドカリがたくさん出てきて、子供たちは大興奮です。また、シュノーケル持参でお出かけすれば、海の中を泳ぐ魚を観賞することも出来るようです。沖の海底にはウニも住んでいるようです。ただ、つかまえても周りに海草が生えていないので、身が全く詰まっていないと思います。。。

15海

こちらが磯の近くの海の様子です。朝8時に海に到着した事もあり、とても、透明度が高く感じました。

16aアジュール舞子の海の透明度

子供は、海水浴初体験だったのですが、波が打ち寄せるのがとても楽しかったようです。

16アジュール舞子の海の透明度

白い砂浜と透明度の高い海。。瀬戸内海側のビーチでこれ程綺麗なところがあったとは、意外な感じでした。。

17磯場で捕獲したカニ、ヤドカリ等

上の写真が、ビーチ右端の磯場で、私の子供が捕まえたカニとヤドカリ達。

18お昼頃のアジュール舞子ビーチの様子

お昼前のアジュール舞子海水浴場の様子。日差し除けのためのテントがビーチに建てられていました。基本的に家族連れが多く、カップルは少なめです。ファミリー向けの海水浴場だと思います。

(お出かけ日:2008年7月19日)

<滞在時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その2)
施設情報  →ビーチ・プール・スパメニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

アジュール舞子 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

アジュール舞子

【お出かけ体験レポート(その2)】

海の日を加えた3連休の初日に、子供を連れて、アジュール舞子に海水浴にお出かけしました。
以下、アジュール舞子の施設について、写真付きで説明させていただきます。

1子供と海水浴

上の写真が、アジュール舞子ビーチの入口のゲートです。入場料は無料です。残念ですが、園内では、バーベキューは禁止されてます。
ちなみに、この入門ゲートのすぐ傍に、駐車場があり、荷物を運ぶ事を考えても、なかなか便利です。

 2アジュール舞子のトイレ

入門ゲートの脇には、綺麗なトイレが完備されてます。。

3アジュール舞子の注意看板

上の写真の看板が示している通り、アジュール舞子のビーチ内にはゴミ箱は設置されておりません。ゴミは各自で持ち帰る必要があります。

4子供とビーチ遊び

入門ゲートを抜けた時の景色です。綺麗に整備された上の写真のスペースの奥に階段が設置されており、階段を下りるとビーチに降り立つ事が出来ます。
ちなみに上の写真のスペースの右側に水シャワーの設備が設置されており、無料でシャワーを浴びる事が出来ます。この水シャワーの設備は、とても綺麗であると共に、10箇所以上のシャワーが設置されているため、満足度も高いです。

5アジュール舞子更衣室ロッカー

更衣室とロッカーも完備されてます。更衣室の使用は無料です。ロッカーはコイン式になっていたと思います。ちなみに、この更衣室の横には、有料の温水シャワー設備があります。しかし、とても暑いので、わざわざお金を払って温水シャワーを使用する人はほとんど見受けられませんでした。私の感想としても、水シャワーの方が、気持ちがいいし、無料ということで、温水シャワーは使用しませんでした。

6アジュール舞子管理所

上の写真は、アジュール舞子ビーチの管理事務所の様子です。ビーチで遊んでいて、困った事がありましたら、こちらに駆け込んで、アドバイスを求めることができると思います。
ちなみに、砂浜には、ライフセーバの監視塔があり、絶えず、ビーチの様子を監視してました。
また、磯場にも、ライフセーバが一人張り付いていて、子供が危険な遊びをしないよう、絶えず、チェックしてました。

 7芝生広場

上の写真のように、綺麗に整備された芝生広場もあります。残念ながら、このスペースでのバーベキューは禁止されてます。

11屋根付きスペースの全景

上の写真がビーチに設置されている屋根付きのエリアです。砂浜へ降りる階段のすぐ脇に設置されてます。このスペースの使用もなんと!無料です。早い者勝ちのルールですので、遅い時間に到着すると、当然のことながら、このスペースは空いてません。。。。

8アジュール舞子ビーチの屋根付きスペース 

私達家族は朝8時に到着したのですが、既に、上の写真のように、日陰を確保できる屋根付きスペースは、8割程度、埋まっていました。お出かけしたのが、祭日である海の日を加えた3連休の初日ということもあったのですが、確実に日陰スペースを確保したい場合は、8時前にはアジュール舞子に到着できるように、お出かけした方がベターです。

ちなみに、私達家族は、ビーチの日差しが強すぎて、暑くてたまらないので、お昼12時前に家路に着くことにしたですが、その時、駐車場の入口から駐車場待ちの車の長い列が出来ていました。。。これを避けるためにも、やはり、朝早くのお出かけをお薦めします。。

(お出かけ日:2008年7月19日)

<滞在時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート(その1)
施設情報  →ビーチ・プール・スパメニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

太陽が丘ファミリープール <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

太陽が丘ファミリープール

【お出かけ施設情報】

【住所】京都府宇治市広野町八軒屋谷1
【電話番号】0774-24-1313
【料金】一般:1,000円、高校生700円
    
小・中学生450円、幼児(4歳以上)100円
【営業期間】7/15~8/31(お出かけ前にHPでご確認下さい)
【営業時間】午前9時~午後5時
【休み】期間中無休
【駐車場】1300台(400円/日)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 
フォークとスプーン 売店3ヶ所有り
onigiri 可(但し、ビン・缶は、安全上の問題から持込禁止)
アップロードファイル 屋外のみ

【お出かけポイント】


●山城総合運動公園内にあるファミリープールです。色々な種類の楽しいプールがあり、1日楽しめます。

造波プール(水深0~1.2m)
 白い玉砂利が敷き詰めて渚の感じを表現したプールです。波は、最高80cmの高さまで上がるようです。ただ、いつも波があるわけではなく、9時~15時の毎時50分からの10分間だけです。もう少し、長い時間、造波されていると嬉しいのですが。


ウォーターボブスレー
長さ77mの専用レーンを専用マットで滑り降りる、迫力満点のライドです。2レーン用意されてます。小学3年生以上が対象で2人乗りは禁止されてます。嬉しい事に無料です。。

スライダー
全長12mの子供用滑り台です。こちらも迫力満点です。2レーン用意されてます。

渓流・子供プール(水深0.4m)
幼児専用の3つのプールが小川で繋がっています。水深は総じて浅く設計されており、幼児でも安心して遊べるように配慮されてます。噴水も出ています。

水泳プール(水深0.45~1.2m)
柱から噴水・霧が噴出する一風変わった遊泳プールです。水上ステージまであります。

あと、トレーニング用のプールも完備されてます。また、屋根付きの休憩スペースや芝生広場(ビーチパラソルが設置してある)もあります。早めのお出かけで、木陰の休憩スペースを確保したいものです。

●ベビーカーもプール内に持ち込めますので、幼児を連れた家族にも嬉しいプールです。

●クーラーボックスも持ち込めます。屋外プールなので、熱中症にならないように、適度に冷たいものを取りましょう。また、売店メニューはありきたりですので、お弁当を持ち込んだ方がベターだと思います。

●ロッカーは1日100円です。

●京都在住の方が小学生以下の子供さんを連れて家族で太陽が丘ファミリープールへお出かけの際は、子育て応援パスポートを利用して、大人1名分の料金を免除してもらうことができます。詳しくは、こちらをご覧下さいませ。

●夏休みという事もあり、太陽が丘ファミリープールでは様々なイベントが企画されてます。詳しくはホームページをご覧下さい。

●太陽が丘から宇治川花火大会が見られるようです。プールで泳いだ後、家族で花火観賞をしたら、子供の夏の良い思い出になると思いますよ。

●天気の良い日は、とても込み合ってます。駐車場に停められない場合もありますので、早めにお出かけすることをお薦めします。
(記事作成日:2008年8月3
日)
<滞在目安時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
体験レポート →ビーチ・プール・スパメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

三郷町ウォーターパーク <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

三郷町ウォーターパーク

【お出かけ施設情報】

【住所】奈良県生駒郡三郷町勢野西1-2-4
【電話番号】0745-73-8341
【料金】7,8月屋外プール 大人:700円 小人:300円、幼児無料
【営業期間】7/1~7/20までの土・日曜日および祝日
       7/21~8/31まで無休
【案内時間】午前9時30分~午後4時30分
(室内プールは火金土曜のみ17時~20時30分営業。大人300円、小人150円)
【駐車場】70台(無料)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 無し
フォークとスプーン 露天有り
onigiri 可
アップロードファイル 屋内プールもある

【お出かけポイント】


●奈良県三郷町にある町営のプールです。奈良県には、ウォーターパークが少ないので、貴重な存在です。入場料金が安いにも関わらず、15メートルの高さから曲線を描きながら滑降する迫力満点のウォータースライダー(身長120cm以上が対象)、浮き輪でバランスをとりながらの急流を下るリバーライド、自然の川の流れのようにゆったりと泳げる流水プール、幼児用プール(大人の膝下くらいの水深、滑り台や水が落下してくる施設等あり)、プール設備が充実してます

●プール内には、売店もありますが、典型的なジャンクフードしか置いてません。お出かけ前に、お弁当や飲み物を用意することをお薦めします。
一応、売店に売っているメニューとしては、カレー500円、たこやき250円などがあったと思います。休憩時間等には、待ち行列が出来ていました。
あと、面白い事に、自販機でカップヌードル(200円、箸とお湯も無料)が売られてました。

●夏休み期間中は込み合いますので、開園と同時に入れるように、早めにお出かけすることをお薦めします。昼前の到着ですと、駐車場が満車になっている事がよくあります。
(記事作成日:2008年8月7日)
<滞在目安時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
体験レポート →ビーチ・プール・スパメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

ウォーターランド(服部緑地) <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ウォーターランド(服部緑地)

【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府豊中市服部緑地1-1
【電話番号】06-6862-4946
【料金】大人 1,000円 , 4歳~中学生 500円
【営業期間】7/1~8/31 こちらでご確認下さい
【案内時間】9:30~18:00(入場は17:00まで)
【休み】無休
【駐車場】1800台(400円 以降100円/時間)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 無し
フォークとスプーン 売店有り
onigiri 可
アップロードファイル 屋外のみ

【お出かけポイント】


●府営プールであるので、料金設定も遊園地のレジャープールと比べれば良心的です。
霧のたちこめ、滝が流れ落ちてくる全長250mの流水プールや、滝の流れ落ちる渚プール(最深部で1.2m)など、趣向の凝らされたプールがあり、子供たちも1日楽しく遊べる事と思います。

●高低差7mのスライダープールは、コースが3本あります。それぞれ、「ロケットコース」「ロディオコース」「スラロームコース」と名付けられており、ロケットコースはスピード重視、ロディオコースはアップダウンがあり、スラロームコースは左右に曲がりくねったクネクネコースになっています。表面がウレタンのようなクッション地のもので出来ており、バウンドしても痛くありません。
どのコースもそれなりにスピードが出るので、結構な迫力があると思います。プールに着水時は、バランスが取れないほどです。。対象は小学生以上だったと思います。

●幼児向けのプールとして、怪獣の滑り台のある幼児プール(深いところでも水深30cm程度)があります。滑り台の滑るタイミングを監視員がチェックしているので、とても安心です。プール全体で、常時、監視員が約30人もいるので、とても安心なプールと言えます。

●水中メガネの持込は可です。また、ビーチボール等の持ち込みも可能です。

●各プール間の移動時、足が結構痛い(路面が焼けて暑い・・・)ので、ビーチサンダル等の履物があると重宝します。

●ベビーカーでの入場も可能です。また、プールサイドであれば、着衣のままで入場できます。

●ロッカーは比較的綺麗ですあるとともに、ロッカー代100円は、最近、無料化されたようです。

●プール内での撮影は禁止です。ただ、プールサイドからの撮影は可です。

●プールサイド(流水プールの中央等)には木陰にある芝生地があり、そこでお弁当を食べることが出来ます。ただ、朝早くお出かけしないと、場所取り競争に負けてしまいますが。ちなみにビーチパラソルやテントの持ち込みも可能です。

●園内には飲み物の自動販売機や、焼きソバなどを売っている売店(園内で3ヶ所あり)もあります。が、私的には、コンビニ等で購入して、持ち込むことをお薦めします。

●開園の9時30分には、券売所前には行列が出来ていますので、早めに到着する事をお薦めします。券売は8時30分から開始されているようです。ちなみに駐車場に関しても、日曜日等の休日は、9時30分の到着では、臨時駐車場(服部緑地を歩いて横断することになります。。。)へ停める事になる可能性が高いほど、込み合ってますので、ご注意くださいませ。

●プールの入口付近には、屋台がたくさん出ていて、お祭り気分を味わえます。夏っぽくて、この雰囲気はとても好きです。
(記事作成日:2008年8月13日)

<滞在目安時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
体験レポート →ビーチ・プール・スパメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

リゾ鳴尾浜 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

リゾ鳴尾浜

【お出かけ施設情報】

【住所】兵庫県西宮市鳴尾浜3-13
【電話番号】0798-42-2161
【料金】大人 1,700円 / 中学生 1,300円 / 小学生 1,000円
         幼児(3~6才) 700円 / 3才未満 無料
         【17時以降】 
        大人 1,200円 / 中学生 800円 / 小学生 700円
        幼児(3~6才) 700円 / 3才未満 無料
【営業期間】屋外プール:4月中旬~9月末(詳しくはこちら
               室内プール:年中営業
【案内時間】10:00~22:00
                 ※7・8月の土・日・祝、8/13~16は9:30~
【休み】水曜定休
          ※7・8月は無休
【駐車場】400台(100円、その後、100円/30分)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 女子トイレにベビーベッド有り
フォークとスプーン 売店有り
onigiri 不可
アップロードファイル スパや屋内プールも有り

【お出かけポイント】

●鳴尾浜臨海公園に位置する複合スパリゾートです。屋内プールと8種類の風呂と水着で入る事が出来る露天風呂などがあります。夏には、目の前の海が見渡せる屋外プールもオープンします。

●全長100mのウォータースライダー(身長120cm以上が対象)は迫力満点です。また、子供向けのジャングルスライダー(3歳以上身長140cm以下が対象)もあります。

●外のプールは、例えば9月の寒い時期には、温水プールとなっているようです。夕方以降は、外のプールの遊具は、危険回避のため、利用が禁止されます。

●夕日が取れも綺麗に見れますので、夕方からお出かけするのもお薦めです。カップルのデートスポットにはもってこいでしょう。プールサイドのデッキチェアー(7,8月のみ525円の利用料必要)で海の上の船などを眺めながら、ウトウトするのもいいかもしれません。

●屋内プール、屋外プール共に幼児用プール(水深50cm)があります。幼児用の小さな滑り台もありますよ。尚、水遊びパンツの使用は禁止されてます。

●夏場の昼は、日焼けの心配があるので、入場料金の割引も利用する形で夕方以降に入場するのも1つの手ですね。

●水中メガネの持ち込みは禁止されてます。

●お風呂としては、打たせ湯、ジャグジー、サウナなど、一通りのお風呂が揃ってます。中でも、かもめの湯は海を眺めながら温泉浴ができる他、ミニスライダーも設置されていて、お薦めです。プールで体が冷えてきたら、お風呂に入ることが出来るので、なかなか優れた施設だと思います。
尚、お風呂場にはシャンプー等も設置されてますし、化粧水等のアメニティグッズも設置されているようです。

●館内では、リストバンドのバーコードで決済をするため、お財布要らずでとても便利です。

●水着のまま利用できる屋外のバーベキューコーナーはそこそこのお値段で結構美味しいと評判です。 時期によっては、事前予約の必要や人数の制約もあるようですので、事前にHPでご確認年がいます。

こちらのHPで割引クーポンが手に入りますよ。また、リゾ鳴尾浜のHPで簡単なアンケートに答えても割引クーポンが入手できるようです。

●夏場には、イベントも企画されてます。戦隊モノのショーなどもあり、見逃せません。くわしくは、こちらをご覧下さい。

●館内は全館禁煙です。

●阪神甲子園駅から無料シャトルバスが出ています。詳しくはHPをご覧下さい。

●近くには海釣り広場もあります。男の子供さんとお出かけの際は、併用してみるのもいいかもです。詳しくは、こちらをご覧下さい。但し、海釣り広場でのバーベキューは禁止されております。
(記事作成日 2008年8月13日)

<滞在目安時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
体験レポート →ビーチ・プール・スパメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

西河原市民プール <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

西河原市民プール

【お出かけ施設情報】

【住所】大阪府茨木市西河原3-2-38
【電話番号】072-621-9715
【料金】一般 1,000円 / 中学生以下(3歳以上) 500円
【営業時間】 【温水期】
         9月11日~6月30日 10:00~20:00
         (9月1日~9月10日は10:00~18:00)
         【夏期】
         7月1日~8月31日9:00~20:00(屋外プールは18:30まで)
         9月1日~9月10日9:00~18:30(屋外プールのみ)

【休み】※夏期プール期間中は無休
【駐車場】266台(400円/日(夏季))
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア ベビーベッド有り
フォークとスプーン 売店有り
onigiri プール内は不可
アップロードファイル 屋内エリアもある

【お出かけポイント】

●茨木市にある市営プールです。市営プールでありながら、大人1000円の料金は少々高く感じましたが、内容を考えると妥当な値段なのかもしれません。屋外プールと屋内プールの2つのエリアで構成されており、入場料金を払えば、2つのエリアを行き来できます。

【屋外プール】
○ウォータースライダー&リバーライド
全長159mを誇るウォータースライダーと、全長137mのリバーライド(大型チューブに乗って滑り降りるスライダー)とは、この西河原市民プールのシンボル的存在。大人気で、私のお出かけ時には、朝10時の時点で、既に行列が出来てました。身長130cm以上の子供しか遊ぶ事が出来ませんので注意が必要です。

○流水プール
一部建物の下を通り抜ける部分を含め、1周約190mの「流水プール」です。大迫力の水量を誇る滝が2ヶ所で降り注いできており、迫力満点です。グルグル回っている間に知らぬ間に日焼けをしているので、日焼け止めクリームをお出かけ前に体につけることをお忘れなく。

○幼児用滑り台&幼児用プール
勾配を比較的緩やかで、高速で滑る事の無いように配慮された滑り台です。幼稚園児に大人気です。プール監視員が滑り台の上と下に常時駐在しており、安全に常に配慮された管理がなされております。

【屋内プール】
西河原市民プールの屋内プールは、1年中温水プールとなっております。屋外プールで体が冷えたら、屋内プールへ移動して、体を温めてくださいませ。
○流水プール
主に幼児向けのエリアだと思います。緩やかな水流の流れるプール(水深90cm)です。途中に、噴水があふれているエリアがあり、子供たちに大人気です。流れるプールの中心には、ジャグジープール(とても暖かい)があり、冷えた体を温めるには最高です。また、このジャグジープールに入って、流水プールで遊ぶ子供たちを監視する事も出来ます。

○スライダー
小学校低学年以下の子供を対象にしたと思われるトンネル型のスライダーです。小さい子供でも遊べるように、スピードが出すぎないような勾配となってます。

○打たせ水、スリーピングプール
こちらは大人を対象としたエリアです。打たせ水は、こった肩に当てると、気持ちがいいです。また、スリーピングプールは、横になって体を休める事が出来る浅いプールであり、私のお出かけ時にも、このエリアで寝ているおじさんを見かけました。

○25mプール(7コース)
泳いだり、水中ウォークや泳ぎの練習など、初級者から上級者まで多目的に使えるプールです。温水プールなので、季節に関係なく楽しめます。

●ロッカーは100円を入れて使用する形態で、使用後、100円は返金されます。ですので、ロッカーに貴重品等(例えば、お金や飲み物等)を置いておき、必要な時だけロッカーを開けて使用することも可能です。

●カメラ類のプール内への持ち込みは原則禁止ですが、入場時に申請をすれば、許可証を首からぶら下げる形で撮影する事は許されます。但し、プールにカメラを持ち込んで、子供を撮影する事は禁止です。あくまでプールサイドからの撮影のみ許可されてます。

●飲食物のプール内への持ち込みは衛生上の観点から禁止されてます。

●休日は昼くらいからかなり混み合ってきます。朝早くにお出かけし、開場の9時に到着し、昼くらいに帰るのが理想的だと思います。私達家族は、12時くらいに帰ったのですが、駐車場の入口に、駐車場待ちの車が30台も並んでました。。。

●食べ物、飲み物を売っているスペースもありますが、食べるためのスペースがそんなに広くないので、休日の昼食時は非常に混み合います。食べ物の購入だけで、30分以上待たされることもあります。
(記事作成日 2008年8月3日)
<滞在目安時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
体験レポート →ビーチ・プール・スパメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

西河原市民プール <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

西河原市民プール

【お出かけ体験レポート(その1)】

とても暑かったので、子供と西河原市民プールへお出かけしてみました。

1西河原市民プールお出かけ

プールに併設された立体駐車場です。駐車スペースがそれ程多くないので、休日の昼頃には、駐車待ちの車が渋滞をつくる事もあります。

2西河原市民プール人の行列

夏休みの開園直前(朝9時直前)の様子です。入口の前に人と列が出来ています。

12屋内プール

屋内プールは子供用のエリアとトレーニング用プールの2つのエリアに分かれてます。
上の写真は、子供用エリアのものです。

11屋内プール

上の写真がトレーニング用のプールです。25mプールで7コースあります。こちらで泳ぐ場合は、競泳用のキャップを被る必要があります。

13屋内プールの屋根

屋内プールの屋根は開閉式で、シースルーのため、日の光がふんだんにプール内に降り注ぎます。

15流水プールの中央にジャグジープール

子供用プールのメインは流水プールです。その中央には温水のジャグジープールがあり、冷えた体を温めるには最適です。その他、採暖室もあります。1時間おきに、休憩タイムがあり、そのたびに、この2つの場所は大人気となります。

16打たせ湯 

流水プールの奥には、打たせ水のエリアがあります。おじ様たちが打たれておりました。

14スリーピングプール   

スリーピングプールのエリアもあります。こちらでも、日頃の仕事の疲れを癒すおじ様たちであふれかえってました。

17スライダー着水プール

打たせ水の横には子供用のチューブ型スライダーも設置されてます。あまりスピードが出ないため、怖がりの子どもでの大丈夫です。

体験レポート(その2)では、屋外プールの紹介をさせていただきます。 
(お出かけ日:2008年8
月3日)
<滞在時間> 1日
お出かけ体験レポート(その2)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →ビーチ・プール・スパメニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

西河原市民プール <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

西河原市民プール

【お出かけ体験レポート(その2)】

とても暑いので、子供と西河原市民プールへお出かけしてきました。
お出かけ体験レポート(その2)では、屋外プールの紹介をさせていただきます。

3流水プールに架かる橋 

屋外プールのメインは、1周約190mの流水プールです。水の噴出し口付近では、かなりのスピードで水が流れており、大人でも楽しめます。

4幼児用プールとその奥の滝

流水プールの中央には、子供用の滑り台とプールが設置されてます。その奥には、豪快な滝が流水プールに注ぎ落ちるのが見えます。この滝は、結構な水量があるため、滝の直下は、小さな子供さんでは少し危険かもしれません。。

10流水プールに流れ落ちる滝

上の写真が、滝の様子です。迫力満点です。

7幼児用ウォータースライダー

上の写真は、流水プール中央の子供用滑り台です。2コースあります。監視員が滑り台の上と下に常時いてくれており、滑るタイミング等を管理してます。滑り台自体の滑りはイマイチですので、怖がりの子供でも問題なく滑る事が出来ると思います。

4b幼児用プール

上の写真は、流水プール中央の子供用のプールです。大人の膝くらいの深さしかなく、小さな子供さんでも安心して泳ぐ事が出来ます。 

5ウォータースライダー

上の写真は全長159mを誇るウォータースライダーの一部を写したものです。結構な高さからスタートします。

6ウォータースライダー 

スタート地点は3~4階の高さにあります。スタート地点へは、屋外プールからエレベータで上がることになります。休日の昼くらいには、エレベータ前に待ち行列が出来ます。

8日陰スペース

上の写真は、休憩スペースの様子です。建物の下側は、日陰となるため、大人気です。早い者勝ちですので、開園と同時に場所取りをする必要があります。

9日陰スペース
   

流水プールの一部は、上の写真のように、建物の下側にもぐりこんでいます。この建物の2階には、売店&飲食コーナーがあります。休日の昼ごろには、大混雑しますので、要注意です。
(お出かけ日:2008年8
月3日)
<滞在時間> 1日
お出かけ体験レポート(その1)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →ビーチ・プール・スパメニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

八丁浜(浅茂川)海水浴場 <子供とお出かけ・家族とおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

八丁浜(浅茂川)海水浴場

【お出かけ施設情報】

【住所】京都府京丹後市網野町
【電話番号】078-706-2011
【料金】無料
【営業期間】
【案内時間】
【休み】
【駐車場】900台(500円/日)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室無し
フォークとスプーン 売店有り
onigiri 可
アップロードファイル 屋外のみ

水シャワー:無料 温水シャワー(200円/回)

海の家:無し
脱衣所:有り(無料)
禁止行為:花火、ジェットスキー

【お出かけポイント】


●八丁浜海水浴場の目玉は何といっても、1km近く続くきめ細かい砂からなる砂浜と、透明度の高い遠浅の海です。それでいて、そこまで有名でない為、人が殺到する事も無く、家族連れでお出かけする海水浴場としてはもってこいのスポットではないでしょうか。

●バーベキューも可能です。ターフを張ることも可能です。

●海岸の端の方はちょっとした磯場になっており、小魚や蟹などを鑑賞する事ができます。シュノーケルを持参する事をお薦めします。

●浜辺から近い所に複数の民宿が建っており、その民宿の部屋で着替えてそのまま海へ出かけていくことも可能です。私のお気に入りの宿はこばまです。詳しくはこちらをご覧下さい。

●八丁浜海水浴場の周辺には釣りスポットがたくさんあります。車で乗り入れ可能な便利な釣り場もあるようです。子供と海水浴と共に釣りを楽しんでみては如何でしょうか。
(記事作成日:2008年8月14日)

<滞在目安時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
体験レポート →ビーチ・プール・スパメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

八丁浜(浅茂川)海水浴場 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

八丁浜(浅茂川)海水浴場

【お出かけ体験レポート】

ご愛用の宿「こばま荘」に宿泊し、八丁浜(浅茂川)海水浴場で家族で海水浴をしてきました。

4八丁浜ビーチの様子

宿泊したこばま荘から歩いて5分で八丁浜(浅茂川)海水浴場に到着できます。宿から目と鼻の距離ですので、宿で着替えて、ビーチにお出かけしました。
私たち家族が泳いだエリアは、八丁浜海水浴場の西の端の部分で、川の河口部分のエリアです。正確には、八丁浜海水浴場と、その西側にある小浜海水浴場の間の砂浜部分です。このエリアは、河口の防波堤で守られ、波が比較的穏やかであると共に、人が少なく、家族連れにはお勧めのエリアだと思いました。
ちなみに、小浜海水浴場へも、歩いてすぐの距離に位置します。
上の写真では、防波堤の向こう側が八丁浜海水浴場のメインエリアであり、写真手前奥が、小浜海水浴場です。

6八丁浜ビーチの様子

ビーチの砂はキメが細かく、素足でもとても気持ちがいいです。海の透明度も非常に高く、海に入っていても不快感が全くありませんでした。
また、遠浅で、海底も基本的に砂ですので、子供さんにも優しい海水浴場だと思います。

1八丁浜お出かけ 

ビーチには日差しを遮るものが無いため、ターフやテントを張って、日陰を作ってました。バーベキューもすることができます。

5八丁浜海水浴場

砂浜から10m以上沖合いにおいても、大人な腰程度の水深しかありません。本当に遠浅の海です。。波も比較的穏やかです。

2八丁浜ビーチと駐車場

ビーチに面して駐車場があるため、バーベキュー用品やテント等の移動も楽です。ちなみに駐車場は有料(写真の駐車場の駐車料金は忘れてしまいました。。。多分、1日1000円だったような気が・・)です。

海水浴を終えた後、宿まで近いので、シャワー&お風呂は宿のものを使用しました。ビーチに近いというのは本当に便利ですよね。。ちなみに、私たち家族が宿泊した「こばま荘」は、チェックアウト後も、昼の2時くらいまでは、宿のシャワーとお風呂を使用させていただけます。とても良心的な宿ですね。

(お出かけ日:2008年8月12日)

<滞在時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →ビーチ・プール・スパメニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

御殿場海水浴場 <子供とお出かけ・家族とおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

御殿場海水浴場

【お出かけ施設情報】

【住所】三重県津市藤方
【電話番号】059-246-9020
【料金】無料
【営業期間】
【案内時間】
【休み】
【駐車場】300台(無料)
     1500台(500円/日)

【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室無し
フォークとスプーン 売店有り
onigiri 可
アップロードファイル 屋外のみ

海の家:有り(大人500円、子供300円)
脱衣所:有り
禁止行為:花火、ジェットスキー、バーベキュー

【お出かけポイント】


●御殿場海水浴場は、遠浅の海であり、波も穏やかなので、家族連れにはもってこいのビーチです。ビーチもとても広く、海の家もたくさんあります。そのせいか、駐車場に車を駐車する時点から、海の家の売り込み合戦が始まりますよ。海の家では、温水シャワーが使用できると共に、ゴザ敷きの席でゆっくりできます。炭焼きのアサリやハマグリを堪能する事も出来ます。

●春から夏にかけては、潮干狩りもできます。嬉しい事に、入浜料は無料です。更に、駐車場も無料であることが、御殿場海水浴場のセールスポイントでしょう。ちなみに、有料の駐車場もありますので、間違って有料駐車場に入庫しないように!!。ただ、遅い時間に到着すると、無料駐車場は満車になってます。

●潮干狩りでは、大量のシオフキ貝を取る事ができます。信じられないかもしれませんが、1堀すれば、シオフキ貝が4,5個出てくる感じです。これは、子供にとってはとても楽しい事だと思います。ただし、シオフキ貝は、困ったほどに砂を吐かないため、食べるのが大変です。私も、砂を吐かせることに挑戦しましたが、あまりに頑なに砂を吐かないので、ギブアップしました。。ということで、地元の人も、シオフキ貝には見向きもしません。。

●シオフキ貝以外に、アサリも少ないながらに取る事ができます。アサリは黒っぽい砂にもぐっていますので、黒い砂を目印に掘ってみてくださいませ。但し、全般的にサイズが小さいですので、手で触りながら、アサリ取りをすることをすることをお薦めします。

●沖に行けば行くほど、大きな貝をゲットできますので、水着で潮干狩りをすることをお薦めします。

●更に、御殿場海水浴場では、楯干しを楽しみ事が出来ます。楯干しとは、津藩主藤堂公が浜あそびとして始めたもので、干潟に網を仕掛け、潮がひいたらそこに入った魚たちを手づかみして楽しむものです。子供も大人も魚を追い掛け回して、大興奮でした。尚、楯干しは、いつも開催されている訳ではなく、大潮の日を基本に開催されるようです。

●楯干しは、以前は団体での参加のみ受け付けていたそうですが、最近、個人での申し込みもできるようになったようです。参加料金は、大人3000円、小人2500円(小学生)とのことです。開催日の15日前までに、参加申込+入金の作業を完了させる必要があるとのことです。開催日等を含めて、詳しくは、
こちらをご覧下さいませ。
(記事作成日:2009年6月22日)
<滞在目安時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
体験レポート →
ビーチ・プール・スパメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

御殿場海水浴場 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

御殿場海水浴場

【お出かけ体験レポート】


大潮の日に家族で三重県の御殿場海岸に潮干狩りにお出かけしてきました。
日曜日のお出かけということもあり、高速道路休日割引で道路が混んでいるのではと不安だったのですが、思いっきりガラガラの状態でした。なんと、大阪から1時間30分程度で御殿場海水浴場に到着できました。
休日割引が開始されて数ヶ月がたったこともあり、世間は落ち着いてきたのでしょうか。

1

干潮時刻が朝10時30分だったので、御殿場海岸には朝10時前に到着しましたのですが、もう既に、上の写真のように大きな干潟が出来上がっていました(遠くの方に、白波が立っているのが分かると思います)。
6月最後の大潮ということもあり、干潟には多くの人が訪れていました。

2

干潟は、細かい砂が水分を含んで固い状態となっており、上の写真のように軽トラックが乗り入れられるような状態でした。上の写真の軽トラックは、楯干しの準備をしているのだと思います。楯干しとは、津藩主藤堂公が浜あそびとして始めたもので、干潟に網を仕掛け、潮がひいたらそこに入った魚たちを手づかみして楽しむものです。


5

私の家族も喜び勇んで砂を掘ってみると・・・・、なんと、貝が5,6個出てきました。他の場所を掘っても、同様に、ひとかきで5個程度の貝が出てきます。入浜料も無料、駐車場料金も無料で、なんと太っ腹な潮干狩りスポットなのでしょうか!!

6

上の写真は、干潟から海の家を望んだものです。黒っぽい砂の部分が、通常、海の中の部分です。薄茶色の砂の部分が、砂浜部分です。大潮で、如何に潮が引いたかが、分かると思います。

3

上の写真は、楯干しを楽しんでいる様子です。囲いの網の中を逃げ惑う魚やタコなどを、皆さん、大はしゃぎで追い掛け回していました。

7

以前は団体でしか楯干しを申し込む事が出来なかったようですが、今は、個人参加も可能になったようです。大人 3,000円、小人 2,500円(小学生)だそうです。詳しくは、このページの一番最後にリンクを貼っておきましたので、そちらを参照くださいませ。

4

上の写真をクリックすれば、拡大されます。
楯干しが終了した時の様子です。参加した家族の中で、大きな鯛をゲットしておられる方もいました。

8子供とお出かけ 

今回の潮干狩りの成果です。バケツが貝で一杯になりました。重いので、小さい貝は捨てました。
でも、周りの家族連れを見ると、私の家族が採った貝には見向きもしていないご様子・・・。みなさん、少ないアサリを必至に探しておられました。

私達家族は、潮干狩り経験が少ないため、掘り出した貝は全てバケツに入れていましたが、どうやら我々が採った貝は「シオフキ貝」と呼ばれる貝のようで、恐ろしいほど砂を吐かない貝のようでした。

実際に、家に帰って、試してみましたが、噂どおり、シオフキ貝は全ての砂を吐き出すことを頑なに拒否なされて、ついには、私たちの家族の口に入ることはありませんでした・・・。

ちなみに、数少ないアサリを掘り当てるには、比較的黒っぽい砂を掘るのが鉄則とのことです(地元の方にそのように聞きました・・)。また、水着持参で、できるだけ沖の方で貝を探すと、大きなアサリをゲットできるそうです。

また、6月より5月が、5月より4月が、より多くの大きなアサリが採れるようです。当たり前といえば当たり前か。

17

今回、お世話になった海の家「ニッポンや」です。楯干しの企画運営をされています。オーナーさんはとても気さくな方でした。座料は大人500円、子供(3歳~小学6年生)300円です。

9

テーブルでハマグリ等を炭火焼できます。良いにおいが充満しておりました。

10

水槽には、採ったアサリやアオヤギが保管されていました。砂だしをしているようでした。

11

楯干しのタコです。

12

鯛やカワハギなども捕まえられたようです。

14

上の写真は、海の家の座で炭焼きをするときに使われるハマグリ等です。本当に大きな貝でした。

13

12時くらいに撮影した海の様子です。遠くに7本程度の木が立っているのが分かると思いますが、その場所で楯干しが行われていました。干潮時からわずか約1時間30分で、あっという間に潮が満ちてきました。

15

上の写真は無料の駐車場です。こちらの駐車場に辿り着くまでに有料の駐車場の入口があり、そちらに間違って入りそうになりました。。。

16 

駐車場からは防波堤を越えてすぐに海岸に到着できます。ちなみに、海岸ではバーベキューは禁止されています。

☆楯干しの個人申込については、こちらをご覧下さいませ。
(お出かけ日:2009年6月21日)

<滞在時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ

施設情報  →ビーチ・プール・スパメニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

南港魚つり園 <子供とお出かけ・家族とおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

南港魚つり園

【お出かけ施設情報】

【住所】大阪市住之江区南港南6丁目9番3号
【電話番号】06-6612-2020
【料金】無料
【営業期間】4月~11月 午前5時~午後7時(但し11月は状況により変更有り)
       12月~3月 午前7時~午後5時
【休み】毎週水曜日(祝日は開園)、年末年始(12/28~1/4)
【駐車場】台(400円/1時間以内、800円/1時間以上は営業時間内で)

【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 無し
フォークとスプーン 売店有り
onigiri 可
アップロードファイル 屋外のみ

【お出かけポイント】


●大阪南港の南埠頭にある入園料無料の魚つり公園です。
安全のため防波堤の海側には手すり(柵の間隔は粗めだが・・)が設けられおり、子供と釣りにお出かけしても、比較的安全な釣り場だと思います。

●夏から秋にかけて、サビキを使ったアジ釣り、イワシ釣りは、家族連れにお薦めだと思います。

●小学生以下の子供の利用には大人(保護者)の同伴が必要となります。中学生は大人(保護者)の同伴がなければ、午後4時以降の入園、在園は禁止となっています。

●原則として「撒き餌」は禁止とっています。また、釣り竿は1人2本までの使用となっています。投げ釣りも危険が伴うので禁止です。

●バーベキューは禁止となっています。

●施設内には、エサ(冷凍オキアミ)、ちょっとした釣り具(仕掛け等)の販売、貸し竿などが用意された売店あります。

(記事作成日:2009年7月4日)
<滞在目安時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族とおでかけ
体験レポート →
ビーチ・プール・スパメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。