関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<遊び場ガイド>

子どもと家族一緒にお出かけした関西遊び場スポット紹介サイト 子供を持つ親が、休日、遊び場へお出かけする際にお役立てできるように、私が実際に遊び場へお出かけした際感じた点を豊富な写真+親視点コメントと共に、各遊び場毎に紹介

ひらかたパーク <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ひらかたパーク

【お出かけ体験レポート(その3)】

テレビ番組で雪遊びの風景を見たのか、子供が突然、雪遊びがしたいと言い始めました。
スキー場までお出かけするのは大変だったので、ひらかたパークのスノーランドへお出かけすることにしました。。。

3連休の中日ということもあり、スノーランドは多くの親子連れで賑わっていました。

1ひらかたパークスノーランド

雪とは言え、結構固めの状態(アイスに近いかも・・)だったので、プラスチック製のスコップ等では簡単に雪を集める事ができません。。
我が家は、秋の味覚狩りの際に使った芋掘り用の道具(金属製)を持っていっていたので、比較的容易に雪を集める事ができました。

2ひらかたパークスノーランド

雪だるま(?)の完成です。。。なかなか可愛らしいでしょう。コアラ雪だるまですぞ。
お出かけ前から雪だるまを作る事を想定していたので、子どもが集めていた松ボックリとドングリを持参して行きました。

3ひらかたパークスノーランド

上の写真は大きな滑り台です。無料で貸し出してくれるチューブ型そりで滑り降ります。
結構なスピードが出ますが、係員が滑り台の上と下で監視していてくれているので、安全です。。

4ひらかたパークスノーランド

結構な迫力です。小さな子供はお父さんと一緒に滑り降りてました。
うちの子どもは、なぜか一人で滑りたがり、私は同乗させてもらえませんでした。。。私も滑ってみたかったのですが、さすがに一人で滑っている大人なんていませんので、残念ながらトライできませんでした。

7チューブ型ソリ

チューブ型そりは自分で滑り台の上まで持って上る必要があります。結構な重さがあるのですが、私のこどもは、滑り降りるときの快感が忘れられないのか、重いのもなんのその、何度もチューブを引きずって、上まで持って上がってました。。野球部のタイヤ引きトレーニングのようです。。。

8ソリ

ノーマルそりも無料貸し出しされてます。ノーマルそりは、小さい滑り台で楽しむことになります。

6ピピンのワッフル
5ピピンのワッフル   

スノーランドで連続3時間も遊んで、体が冷え切ったので、お店で休憩です。
ピピンのワッフル(250円)を食べました。250円にしてはビッグサイズで、更に、チョコとホイップクリームも付いていて、お得感があります。。同時に食べたクレープ(350円)よりも食べ応えがありました。

以下、スノーランドにお出かけして感じた感想です。
●本当に寒いので、暖かい飲み物等、体を温めてくれるものを持参した方が良いです。
●子どもが雪遊びをして、手袋が濡れてしまい、手が冷たくてダダをこねることも考えられますので、水仕事用ゴム手袋等の防水手袋を持っていくと、重宝します。
スニーカでは靴底が滑って危険かも。です。いっその事、雪上用長靴で行ったほうがベターだと感じました。また、ズボンの裾が雪で濡れてしまい、とても気持ち悪いです。ソリ遊びを子供とすることを考えている場合は、ズボンのみスキーウェア持参(または最初から着ていく)方が良いかと考えます。
(お出かけ日:2009年1月11日)
<滞在時間> 3時間
お出かけ体験レポート(その2)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →遊園地・テーマパークメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する