関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<遊び場ガイド>

子どもと家族一緒にお出かけした関西遊び場スポット紹介サイト 子供を持つ親が、休日、遊び場へお出かけする際にお役立てできるように、私が実際に遊び場へお出かけした際感じた点を豊富な写真+親視点コメントと共に、各遊び場毎に紹介

スポンサーサイト


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【下部スポンサードリンク】

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

滋賀県立琵琶湖博物館 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

滋賀県立琵琶湖博物館

【お出かけ施設情報】


【住所】滋賀県草津市下物町1091
【電話番号】077-568-4811
【時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
          ※ただし、ディスカバリールームの利用は16:00まで
【休み】月曜日(休日の場合は、開館)、年末年始
【料金】大人:750円、
高校生・大学生:400円、小・中学生:無料
    ※障害者の方は観覧無料となります。
     
(障害者手帳の提示が必要)
     滋賀県内在住の65歳以上は観覧無料となります。
     (証明となる物の提示が必要)
【駐車場】480台(550円/日)
     ※普通車、自動二輪、原付については、博物館利用者の方に総合案内所で無料駐車サービス券をお渡ししています。
【HP】
ホームページ
【map】地図

「ア 授乳室あり、ベビーカーの無料貸出し有り
フォークとスプーン レストランあり
onigiri 館内はカフェテリアのみ可、屋外はうみっこ広場、芝生広場で
アップロードファイル 屋内施設なので問題無し

【お出かけポイント】

●湖と人間の共存をメインテーマに据え、琵琶湖をあらゆる角度から紹介した博物館です。一応、カテゴリーは博物館ですが、館内では300匹もの淡水魚が頭上を泳ぐ水槽なども展示されており、さながら水族館の様相さえもあります。琵琶湖の歴史や文化を子供でも楽しめる形に展示してあるので、大人から子供までが楽しめる非常にユニークで広々とした(ベビーカーでもゆっくりまわれます)遊び場だと思います。

●館内1階のディスカバリールームでは、展示品に直接触れて遊ぶことができ、子供には大人気です。特に、「ザリガニになろう」という巨大ザリガニの模型の中に入って、前を覗くと魚やおたまじゃくしが見え、レバーではさみを操作して獲物をキャッチする遊具は大人気ですよ。なかなか子供たちがこのコーナーを離れないたがらないので、困ってしまうくらいです。

●魚にさわれるコーナーもあります。実際にザリガニに触れたりできて、子供は大興奮でした。

●館内のレストランでは、なまずの天丼、バス(ブラックバス)バーガーなど、話題性抜群の食べ物を体験できます。ブラックバスは食べてみると、予想に反して、かなり美味しいです。
更に、館内ショップでは鮒ずしも購入できますので、お土産に如何でしょうか。

●お土産コーナーには可愛らしい
ナマズグッズがたくさん売られています。ナマズのぬいぐるみは欲しくなるかもしれません。

●駐車場横には、結構広い芝生広場があり、レジャーシートを敷いておべんとうを食べる家族も多く見られます。また、周辺には何も遮るものがないので、凧上げには最適スポットだと思います。

●隣接した水生植物園の初夏の蓮の開花時期もおすすめです。天皇皇后両陛下もご視察なさいました。夏の早朝入り江の群生蓮の花は壮観ですが、親子で蓮の種取りに必死になってるのはウチだけでした。地元民です。

●博物館の入場券を購入すれば、駐車場代が無料になります。

●滋賀県の広報誌「滋賀プラスワン」に掲載されている「スマイルカード」を持参すれば、毎月第3日曜日は、県内在住の家族連れの常設展示観覧券が無料となります。

●周辺では、ザリガニを釣ることもできますので、お出かけ前に割り箸に紐を結び、その先に裂きイカをつけたザリガニ釣りさおを作っておきましょう。

●梅雨の時期や暑すぎる夏の時期には(館内は涼しいので)、お薦めの子供の遊び場になると思います。
(記事作成日:2009年7月11日)
<滞在目安時間> 3時間

関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート →
博物館・科学館メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。