関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<遊び場ガイド>

子どもと家族一緒にお出かけした関西遊び場スポット紹介サイト 子供を持つ親が、休日、遊び場へお出かけする際にお役立てできるように、私が実際に遊び場へお出かけした際感じた点を豊富な写真+親視点コメントと共に、各遊び場毎に紹介

スポンサーサイト


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【下部スポンサードリンク】

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

王仁プール <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

王仁プール

【お出かけ体験レポート(その1)】

とても暑かったので、子供と王仁プールへお出かけしてきました。このプールは、入場料金が大人900円と安い割りに、造波プール、流水プール、幼児用プール、競泳用プール(50mプール)と一通りのプールが揃っており、結構、お気に入りのプールです。

9王仁プールのエリアマップ
↑↑クリックすると写真が拡大されて、王仁プールのレイアウト図が表示されます。

12プール内の様子

まずは流水プールの様子です。深さは100cm以下です。
小さい子供は足がつきませんので、親がサポートしてあげる必要があります。
浮き輪の持込が可なので、浮き輪で浮かんでいる子供も見受けられました。

13流れるプール 

どんな形の浮き具も持ち込み可です。イルカ型やザリガニ型の浮き具は、子供が上に乗って、バランスを取るのが難しいようで、何度もひっくり返っている子供を見受けました。が、子どもはそれが楽しいようで、何度も何度も上に乗ろうと挑戦していました。

流水プールの真ん中には浮島(橋があって、渡れる)があり、そこには上の写真のように、水が落ちてくる円形の屋根があります。

14流れるプール

流水プールは1周100m程度はあると思います。結構な長さがあるので、浮き具に掴まってプカプカ浮いて流されていると、とても気持ちいいです。

15流れるプール

ちなみに、Tシャツ等の衣服を着用して泳ぐ事は禁止されています。屋外プールで日差しが気になるママには、厳しいルールです。。上の写真のシャツタイプの青色水着のようなものなら着用が許されるようなので、そのような水着が欲しくなりました。

1王仁プールへお出かけ

流水プールの周囲には休憩用の屋根がたくさん設置されており、日陰が確保されています。このような場所は、早く来た人にすぐに場所を取られてしまいます。みなさんレジャーシートを敷いて、その上でお弁当を食べたりしていました。

2波のプール

上の写真は造波プールの様子です。手前から奥に進むに従い水深が深くなります。小さい子供を波打ち際で遊ばせると、とても喜んでいました。
ちなみに、波の高さは20~50cmです。 
(お出かけ日:2009年7
月26日)
<滞在時間> 3時間
お出かけ体験レポート(その2)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →ビーチ・プール・スパメニュー
  
ホーム

【下部スポンサードリンク】

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。