関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<遊び場ガイド>

子どもと家族一緒にお出かけした関西遊び場スポット紹介サイト 子供を持つ親が、休日、遊び場へお出かけする際にお役立てできるように、私が実際に遊び場へお出かけした際感じた点を豊富な写真+親視点コメントと共に、各遊び場毎に紹介

わんぱく王国 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

わんぱく王国

【お出かけ体験レポート(その1)】


泉南里海公園で遊んだ後、子供といっしょに「わんぱく王国」にお出かけしてきました。


1わんぱく王国へ子供とお出かけ

第1駐車場に車を停めて(1日500円です)、わんぱく王国までの約100mの道のりを歩きます。
昔、紀州街道の山中宿として栄えた所だったようで、今も、石畳の道が整備されていました。
なんとも歴史のただよう道で、旅行に訪れて、観光をしている感じでした。。
ちなみに第1駐車場が満車の場合は、わんぱく王国まで200mの道のりとなる第2駐車場(1日500円)に駐車する事となります。

3わんぱく王国へ子供とお出かけ

わんぱく王国の入口を示す看板です。
車道から一歩中に入ったところにわんぱく王国の入口があり、少々、分かりづらい面もあるため、取り付けられたのだと思います。

2わんぱく王国へ子供とお出かけ

わんぱく王国の入口です。
嬉しい事に阪南市が運営している事もあり、入場料は無料です。

4芝生広場

入口を越えると、ちょっとした芝生広場が広がっていました。

6わんぱく王国へ子供とお出かけ

レジャーシートを広げてくつろぐ家族連れを多く見かけました。

5わんぱく王国

芝生広場を越えて更に奥に進んでいくと、階段と道路の分かれ道に出くわします。
階段を登っていくと、わんぱく王国の最大の目玉であるローラーエクスプレス(ローラー滑り台)の最上部の乗り場へ繋がっています。
但し、山の斜面の階段を結構登ることになり、大人には酷な階段とること必至ですので、階段ルートを選択する場合は覚悟が必要です。

15恐竜ローラー滑り台

これがローラーエクスプレスとその着地点である恐竜「ディメトロドン」です。
口の中へローラー滑り台はつながっており、口の中へ飛び込むと、「ガオー」と吠えてくれます。

8ローラー滑り台 

恐竜「ディメトロドン」のお尻側の写真です。先ほどの恐竜「ディメトロドン」の口から入ったローラー滑り台は、お尻側へ抜けていきます。
ローラーエクスプレスは全長200mもあり、途中で分岐して、一方が恐竜「ディメトロドン」の口へ、もう一方が上の写真の左側ローラー滑り台へつながっています。
<滞在目安時間>4時間
(お出かけ日:2009年10月12日)
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ

施設情報  →公園メニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する