関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<遊び場ガイド>

子どもと家族一緒にお出かけした関西遊び場スポット紹介サイト 子供を持つ親が、休日、遊び場へお出かけする際にお役立てできるように、私が実際に遊び場へお出かけした際感じた点を豊富な写真+親視点コメントと共に、各遊び場毎に紹介

スポンサーサイト


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【下部スポンサードリンク】

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都市市民防災センター <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

京都市市民防災センター

【お出かけ施設情報】

【住所】京都市南区西九条菅田町7
【電話番号】075-662-1849
【料金】無料
【案内時間】9:00~17:00
【休み】月曜日(祝日の場合は翌平日が休み)
     第2火曜日(祝日の場合は開館)
    年末年始(12月28日~1月4日) 
【駐車場】10台(無料)
【HP】ホームページ
【map】地図

「ア 有り
フォークとスプーン なし
onigiri 不可
アップロードファイル 屋内施設であり、問題なし

【お出かけポイント】

●京都市市民防災センターは、名称から感じるイメージは非常にお硬い感じですが、実際は非常に楽しめる施設です。
地震、火災、風水害などを実際に疑似体験でき、子供と共に家族みんなでその臨場感を味わうことができます。

●強風体験室では、最大風速32mの世界を体験できます。
最初にゴーグルをつけて体験室内へ。係のお姉さんに、風圧で息ができなくなる可能性があるので、その際は非常ベルを押すように指示される。。。
最初、風速10m以下からスタート。最初は余裕だったが、風速20mにもなると手摺の手を離すと飛ばされそうになる。子供は息ができないともがき始めたので、風の出口に対し後ろ頭を向けるように子供に指示。
風速32mでは、嫁に話しかける声が嫁に届く前に風で後ろへ飛ばされていって、会話ができない状態に。
約1分の体験でしたが、大型台風の恐ろしさを痛感するには十分。。

●避難体験室では、建物内で火災に遭遇した時の避難の仕方を勉強できます。実際に、建物内に煙(疑似体験用のもので、無害な煙を使用)を充満させて、火災時の臨場感を体験できます。
実際、体験してみると、煙で全然先が見えず、どちらへ進んだらいいかわからないです。実際の火事の際にはパニックになって、益々、どちらへ進んで行けば良いのか分からなくなるだろうなと痛感した。
非常口の看板は通路上部に付いているので、煙で見えなくなるとの説明は本当だった。今回は模擬の煙だったので、生き苦しくなかったが、本当の煙だったら、と思うとぞっとする。

●消火訓練室では、消化器の構造の説明を受けた後、実際の火災現場の映像画面に向かって、消化器を使って、火災消火の練習をする。但し、消火訓練で使用される消化器からは実際の消火剤が出るわけではなく、水が出るようにモディファイされている。
実際体験してみて感じたのは、消火剤が出ているのはたった15秒だけであり、それがあっという間であるという点。しっかり、火元に向けて消火剤を吹きつけないと、15秒はあっという間に終わってしまう。
但し、4年生以上しか体験できないので注意。
消火訓練は、インストラクターの「はい、開始です」という合図前に消火器に触らないこと。合図前に勝手に消火器に触っていた子供が、インストラクターに厳しく怒られていた。。。

●土砂災害の恐怖体験コーナーでは、暗い部屋の中でヘッドホンをして椅子に座り、3Dサウンドを通じて、土砂災害の恐怖を体験できます。真っ暗になるため、小さい子供は怖がって無理でしょう。私の子供もすぐに部屋から逃げ出しました。
ヘッドホンの音と連動して椅子が振動します。ゴーーという音とともにお尻がビリビリと振動・・・すごい臨場感です。ライトも適時、ピカピカと光り、風も絶妙のタイミングでヒューと顔に吹いてきて迫力満点です。間違いなく小さな子供は無理でしょう。

●3D京都地震体験コーナーでは、ライドに乗って、3D眼鏡をつけて3D映像を体験できます。3Dの飛び出す映像ともにライドが動き、こちらも迫力満点。地震で倒れてきた本棚や窓ガラスが頭の上に降りかかってくる感じでビックリです。
こちらのコーナーも映像が始まる前に一瞬、部屋が真っ暗になるので、小さな子供にはつらいかもしれません。

●消防ヘリコプタの操縦体験コーナーでは、実際のヘリコプターの操縦席に座り、目の前の巨大スクリーンに映し出される迫力満点の映像を通して、ヘリコプターの操縦体験ができます。すんごいリアルなので、大人の方がめちゃくちゃハマると思います。
全部で4種類のミッションが用意されています。けが人を病院へ搬送するミッションや、山火事の消化ミッション、地震の災害状況の調査ミッションなどです。
 
●消火体験ゲーム(セガのゲームだと思う)も無料でやり放題です。2台設置されていますが、午後になり人が増えてくると、待ち行列がゲーム機の前にできていました。
その他、消火体験ゲームとは異なるビデオゲーム機も3台設置されています。こちらのゲーム機では4種類のゲームから1つのゲームを選択してできます。ゲーム内容は、一応、消防隊、救助隊を題材にしたものであります。

●応急手当訓練室では、精密な人形を使って、人工呼吸法、電気ショックのやり方などを指導してもらえます。

●地震体験室では、最大、震度7までの地震をキッチンが模擬された部屋で体験できます。
地震が緩やかになった瞬間にガスコンロの火を消し、勝手口の扉をあける練習をします。
机の下で机の脚につかまって地震に耐えるのですが、震度7の揺れは半端ではありませんでした。地球の終わりだと感じました。まじで怖いです。。。

●人形のおもちゃと映像を使って火災時の様子を子供に説明する展示がありますが、こちらの人形の精巧さに感動できます。小さな子供さんは、きっと楽しめると思います。

●私は日曜日にお出かけしましたが、午前中はガラガラで、ヘリコプター操縦や消火体験ゲームも列に並ぶことなくやり放題でした。昼近くになると団体さんがバスで乗りつけてくるので、多少、混みあってきます。正午近くには駐車場もほぼ満車状態。朝一番からお出かけすることをお勧めします。

<滞在目安時間> 半日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
体験レポート  →体験・味覚狩りメニュー  →ホーム

【下部スポンサードリンク】

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。