関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<遊び場ガイド>

子どもと家族一緒にお出かけした関西遊び場スポット紹介サイト 子供を持つ親が、休日、遊び場へお出かけする際にお役立てできるように、私が実際に遊び場へお出かけした際感じた点を豊富な写真+親視点コメントと共に、各遊び場毎に紹介

スポンサーサイト


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【下部スポンサードリンク】

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都市市民防災センター <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

京都市市民防災センター

【お出かけ体験レポート(その1)】

子供と一緒に家族で京都市市民防災センターへお出かけしてきました。

1京都市市民防災センター

駐車スペースが10台分しかないので、朝一番に出発しました。駐車スペースは防災センターのすぐ隣にあります。
10時に到着したときには、駐車スペースの半分くらいが埋まっていました。

2京都市市民防災センター 

京都市市民防災センターの建物は3階建てとなってます。
ガイドのおねえさんが各施設を丁寧に説明してくれます。

5京都市市民防災センターお出かけ

最初に体験したのは強風体験室です。
強風体験室では、最大風速32mの世界を体験できます。
最初にゴーグルをつけて体験室内へ。係のお姉さんに、風圧で息ができなくなる可能性があるので、その際は非常ベルを押すように指示されます。

4京都市市民防災センターお出かけ

上の写真の金網から突風が吹いてきます。金網の前にある手摺につかまって、突風に耐えます。
最初、風速10m以下からスタートです。金網の上に風速が表示されます。
最初は余裕だったが、風速20mにもなると手摺の手を離すと飛ばされそうに。
私が「子供は息ができない」ともがき始めたので、風の出口に対し後ろ頭を向けるように子供に指示。
風速32mになると、手摺がなければ立っていられない状態に・・・。
約1分の体験でしたが、大型台風の恐ろしさを痛感するには十分でした。


3京都市市民防災センター

強風体験室の注意書きです。
硬い材質の小物は、身に付けて体験するととても危険です。。。

6京都市市民防災センターお出かけ 

次に体験したのは避難体験室です。避難体験室では、建物内で火災に遭遇した時の避難の仕方を勉強できます。
まずは、精巧な映像付きの模型を使って係のおじさんが避難時の留意点を説明してくれます。

7京都市市民防災センターお出かけ 

説明の後、実際に、建物内に煙(疑似体験用のもので、無害な煙を使用)を充満させて、避難訓練をします。
上の写真のように、真っ暗闇の中、煙が充満していて、火災時の臨場感を体験できます。
実際、体験してみると、煙で全然先が見えず、どちらへ進んだらいいかわからないです。

15京都市市民防災センターお出かけ

次に挑戦したのは、消防ヘリコプタの操縦体験コーナーです。

10京都市市民防災センターお出かけ 

実際のヘリコプターの操縦席に座り、目の前の巨大スクリーンに映し出される迫力満点の映像を通して、ヘリコプターの操縦体験ができます。すんごいリアルなので、大人の方がめちゃくちゃハマると思います。

14京都市市民防災センターお出かけ 

全部で4種類のミッションが用意されています。けが人を病院へ搬送するミッションや、山火事の消化ミッション、地震の災害状況の調査ミッションなどです。

お出かけ体験レポート(その2)
(お出かけ日:2010年4月25日)
<滞在時間> 1日
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →体験・味覚狩りメニュー
  ホーム

【下部スポンサードリンク】

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。