関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<遊び場ガイド>

子どもと家族一緒にお出かけした関西遊び場スポット紹介サイト 子供を持つ親が、休日、遊び場へお出かけする際にお役立てできるように、私が実際に遊び場へお出かけした際感じた点を豊富な写真+親視点コメントと共に、各遊び場毎に紹介

スポンサーサイト


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【下部スポンサードリンク】

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ワールド牧場 <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

ワールド牧場

【お出かけ体験レポート】

我が家では賃貸の都合、ペットを飼うことが禁止されているため、子供が欲しがっている犬を飼うことができません。
そんな折、子供がやたらに「犬を抱っこしたい」と言うので、犬と戯れることができるワールド牧場にお出かけしてきました。

1ワールド牧場へお出かけ

駐車場のそばにある入場ゲートの様子です。
ワールド牧場は傾斜地に作られている為、園内は移動は、特にこども連れだと大変だと思います。
移動に便利なのが、上の写真にも写っているカートです。
ただ、こちらのカート、結構いいお値段します(平日1000円/1時間、休祭日2000円/1時間)。

2ワールド牧場へお出かけ

入場ゲートをくぐってすぐの様子。
何もありません。写真の傾斜のきつい道をしばらく歩いて行くと、様々な施設が見えてきます。

3ワールド牧場へお出かけ 

子連れの園内移動で、コストパフォーマンスの高いのが「マキバ号」(100円/人)というバスです(但し土日祝だけの運行です)。
入門ゲートをくぐってすぐのところに「マキバ号」は待機していますので、それに乗って一番上まで登って、あとは施設内のいろんなコーナーを楽しみながら入門ゲート方面に下って戻ってくるのが一番楽な方法ですね。
「マキバ号」で山頂まで行き、そこで降りて少し下ると農園があります。農園では、とうもろこしやさつまいもなど、季節の野菜等を収穫体験できます。

4ワールド牧場へお出かけ 

ブタ、ヤギ、羊等の放牧場です。

5ワールド牧場へお出かけ

小屋の中にはモルモットもいます。 

6ワールド牧場へお出かけ

ブタは、柵の中に入っておらず、自由に歩いています。
餌を購入して、エサやりを楽しむこともできますよ。 

7ワールド牧場へお出かけ

ワールド牧場が山の斜面に立地しているため、見渡し最高です。
PLの塔をはっきり見通すことができます。
PLの花火を見るには最高の場所でしょうね。 

8ワールド牧場へお出かけ

やぎの放牧場。 

9ワールド牧場へお出かけ 

小動物のふれあい広場。ここではブタ、ヤギ、アヒルなどに餌をあげることが出来ます。
こちらでもブタは放し飼いです。
うさぎのふれあいコーナーもあり、子供がウサギを抱っこすることができます。
1回500円で、こどもの付き添いの大人は無料です。
ヤギまたは羊の散歩体験もできます。1回15分で500円です。

10ワールド牧場へお出かけ
 
牛の乳搾り体験もやってます。1回500円。飼育員がやさしく教えてくれるので子供でも上手に絞ることができますよ。
ただ、衛生上の問題で搾った牛乳は飲むことが出来ません。
小動物のふれあい広場の裏側には、鶏のタマゴ拾いのコーナーがあり、300円で6個拾うことができます。拾った卵は持ち帰りことが可能です。卵はとても新鮮で、とっても美味しいですよ。

11ワールド牧場へお出かけ 

お腹がすいたらスナックコーナーやバーベキューコーナーでお腹を満たすこともできます。

12ワールド牧場へお出かけ

ドッグビレッジ「わん・わん・わん」です。
名犬・珍犬が飼育されており犬を散歩させることも出来ます。 

13ワールド牧場へお出かけ 

500円で犬と触れあえます。子供も大満足でした。犬との触れ合いコーナーは再入場可能で、途中、スナックコーナーへ食べ物を買いに行くことでき、とてもよかったです。
その他、フィールドアスレチックコーナーや、乗馬、釣堀などもあり、子供連れに最適なお出かけスポットでしょう。
ペットを連れての入園も可能で、無料ドッグランなどもあります。
(お出かけ日:2010年12月29日)
<滞在時間> 半日
施設情報 →動物園・水族館メニュー →ホーム

【下部スポンサードリンク】

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。