関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<遊び場ガイド>

子どもと家族一緒にお出かけした関西遊び場スポット紹介サイト 子供を持つ親が、休日、遊び場へお出かけする際にお役立てできるように、私が実際に遊び場へお出かけした際感じた点を豊富な写真+親視点コメントと共に、各遊び場毎に紹介

スポンサーサイト


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【下部スポンサードリンク】

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

武庫川廃線跡(生瀬駅-武田尾駅) <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

武庫川廃線跡(生瀬駅-武田尾駅)
【お出かけ体験レポート(その1)】


関西のハイキングコースとして超有名な武庫川廃線跡に家族でお出かけしてきました。
お出かけ日がゴールデンウィーク初日ということもあり、多くのハイキング愛好家の方達にお会いしました。

1生瀬ー武田尾ハイキングへお出かけ

今回の武庫川廃線跡のハイキングコースですが、スタート地点を生瀬駅側としました。
生瀬駅は宝塚駅から一駅にも関わらず、プラットフォームに降り立ってみると、山々を見渡す風景が広がっていまいした。

2生瀬ー武田尾ハイキングへお出かけ 

生瀬駅です。
今回、生瀬駅からハイキングをスタートするのは、武田尾駅側には、食料、飲み物を購入できるお店がないためです。生瀬駅の駅前にお店で昼食用のお弁当と道中の飲み物を買う予定でした。

3生瀬ー武田尾ハイキングへお出かけ 

上の写真が生瀬駅の駅前にあるショップです。私たち家族同様に、多くのハイキング客がこのお店に立ち寄っていました。

4生瀬ー武田尾ハイキングへお出かけ

生瀬駅を出て176号沿いの歩道を宝塚方面と逆方向に約1km歩きます。 
歩道の道幅が狭い個所が数か所ありますので、子供に注意してあげてください。

5生瀬ー武田尾ハイキングへお出かけ

高速道路の高架を越えてすぐのところに、武庫川へ降りて行く分岐があります。
目印は上の写真の木の下地蔵の看板です。
この看板の向い側の側道へ入っていくことになります。その時、交通量の多い176号を横断する事になりますので、小さな子供とハイキングに行く場合には気を付けてくださいませ。 

7生瀬ー武田尾ハイキングへお出かけ

176号を横断した後、木の元地蔵の看板の方向を見たときの風景です。
ハイキング客が車の走っている176号を横断しようとしてますね。

6生瀬ー武田尾ハイキングへお出かけ

176号を横断した後、ハイキングコースを望む風景です。
写真真ん中を上下に伸びる砂利道がハイキングコースになります。写真の上方向へ進んでいくことになります。 

8生瀬ー武田尾ハイキングへお出かけ 

さあ、いよいよハイキングコース突入です。
武庫川に出るまでは、田んぼと畑の広がる牧歌的な風景の中を歩いて行くことになります。

9生瀬ー武田尾ハイキングへお出かけ 

しばらく進むと、上の写真の看板に出くわします。
JR西日本の立て看板によると、「この道はハイキングコースではありません。万一、事故、その他が発生した場合にはその責を負いかねます」との事です。
自己責任の基、ハイキングをしましょうね。

10生瀬ー武田尾ハイキングへお出かけ

ついに武庫川沿いに出ました。
それとともに、上の写真のような鉄の簡易な橋をいくつも越えることになります。 

13生瀬ー武田尾ハイキングへお出かけ

鉄の簡易な橋は、見るからに整備点検してないと思われる状態です。
上の写真のように、鉄板がずれている部分もありました。
確かに「何かあった時には自己責任ですよ」と立て看板がある理由も頷けてきました。。。
(お出かけ日 2011年4月29日)
<滞在時間> 3時間
お出かけ体験レポート(その2)
お出かけ体験レポート(その3)
お出かけ体験レポート(その4)
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  キャンプ場メニュー  ホーム

【下部スポンサードリンク】

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。