関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ<遊び場ガイド>

子どもと家族一緒にお出かけした関西遊び場スポット紹介サイト 子供を持つ親が、休日、遊び場へお出かけする際にお役立てできるように、私が実際に遊び場へお出かけした際感じた点を豊富な写真+親視点コメントと共に、各遊び場毎に紹介

田尻海洋交流センター <子供とお出かけ・家族でおでかけ>


【上部スポンサードリンク】
記事内容が古い場合がございますので、公式HPで最新内容をご確認下さいませ。

田尻海洋交流センター

【お出かけ体験レポート(その1)】

 以前から気になっていた漁業体験、2週間前に申し込んでいたのですが、天候不順で中止となり、ようやく、本日、天候も安定し、体験できることに。昼12時に港を出発する漁業体験セミコースに子供と一緒に申込みました。

2田尻漁港漁業体験 

漁業体験開始30分前には受付を完了してくださいとのことでしたので、少し早めにお出かけして、受付後、田尻海洋交流センターの敷地内で子供とボール遊びをしていました。

3田尻漁港漁業体験 

駐車場の様子。広々していて、朝市のある日曜日に押しかける多くのお客様に対応できるようになっています。

4田尻漁港漁業体験

漁業体験の受付をする建物。
休憩できるスペースもあります。

6田尻漁港漁業体験 

漁業体験の船に乗り込む前に、汚れても大丈夫な格好に着替えます。
大きな白いビニール製のエプロンを付け、長靴を履き、ライフジャケットを装着し、軍手をはめます。
これらは用意してもらえますので、持参不要です。

7田尻漁港漁業体験

いよいよ漁船に搭乗します。
今回は、我々家族と、もう一家族の2家族が1つの漁船に乗り込みました。

8田尻漁港漁業体験

港を出航して30分ほど沖合へ出るのかと思いきや、わずか5分程度で漁場へ到着です。
なんと、りんくうタウン横のマーブルビーチの沖合10m程度のところで漁業体験をするとのことでした。
こんなところで魚なんてとれるのだろうかと半信半疑の状態で漁業体験スタートです。 

20田尻漁港漁業体験
 
まずは、上の写真のようなカゴを使った漁の体験です。
あらかじめカゴの中に魚の切り身を入れて、海中に仕掛けておいたものを引き上げます。

21田尻漁港漁業体験 

子ども達がロープを引っ張って、海中からカゴを引き上げます。
すると、なんと!!タコが入っているではありませんか!!

22田尻漁港漁業体験 

カゴに入っていたタコを手で掴んで、船上のケースに運んで入れます。
しかし、元気満点で活タコは簡単にケースに入ってくれません。タコは自分の足を子供の腕に巻きつけ、吸盤で引っ付いて抵抗します。
腕から引っ剥がしても、次は首からかけていたペットボトルにくっついて、ケースに入ることに抵抗します。活きのよいタコに子供も大興奮です。

23田尻漁港漁業体験

上の写真は、カゴ漁で取れた収穫の一部です。
タコ以外にアナゴもたくさん取れました。 結局、タコだけで15匹ほど取れたと思います。

9田尻漁港漁業体験 

次に、刺し網漁の体験です。
あらかじめ仕掛けておいた刺し網を海中から引き上げます。

10田尻漁港漁業体験 

子供も一生懸命、刺し網を引っ張ります。ただ、船上の機械を使って刺し網を巻き上げているので、それほど力は必要ありません。
刺し網には、20匹くらいのカレイと、数匹のイカ、カサゴ等の魚がかかっていました。
お出かけ体験レポート(その2)
(お出かけ日:2011年5月20日)
<滞在時間> 3時間
関西ZIGZAG 子供とお出かけ・家族でおでかけ
施設情報  →体験・味覚狩りメニュー
  ホーム

【下部スポンサードリンク】

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する